たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

赤城 覚満淵

2016年10月16日 | アウトドア
続き


山上の宴を終えて10名、覚満淵へ移動です

「この前、狸の赤ちゃんを見たのは、この辺りだったかしら?」

そうでした、木道の下に寄り添う様に三匹があどけない目を向けていたのでした

みんな元気に育っているといいね






紅葉には早くてもズミの実は丁度、見頃

小梨とも言って初夏には梨の様な花に覆われます




草紅葉の中に一際、紅くマムシグサが印象的でした

何だか赤髭さんみたいですね




「見てみて! 山が消えちゃった」

あっと言う間にガスが降り・・・と思っている内に

見る見るうちに跡形も無くガスは消え再び長七郎山がスッキリ姿を現しました

これが山の天気なんですね


この光景もあと僅か

覚満淵はもう直ぐ霧氷を纏います


アウトドア ブログランキングへ
『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城 霧の贈り物 | トップ | ホテイアオイ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
覚満淵 (イケリン)
2016-10-16 19:45:57
こんばんは
覚満淵という懐かしい名前を見て、古いアルバムを開いてみました。
今から13年前の10月19日に訪れているのですよ。白沢から上毛スカイラインを経由して、
赤城山麓大沼に向かい、赤城神社から覚満淵を一周しました。このとき赤城山というのは、
連峰の総称であることを知りました。当時の写真にはマユミが咲いている風景がありましたよ。
思い出がよみがえりました。 
訂正 (イケリン)
2016-10-16 20:03:49
マユミの花ではなくて紅葉でした。訂正します。
また、天皇陛下の御製も目にしました。
  秋くれて木々の紅葉は枯れ残る
      さびしくもある覚満淵は
秋色の風情 (越後美人)
2016-10-16 20:15:41
眼を見張る紅葉も美しいですが、このような地味色の秋の風情もいいものですね。
ほーっとくつろげる感じがします。
もうじき霧氷に覆われるわけですか、、
山の秋は短いですね。

マムシ草の花後はそんな風になるんですね。
赤い実がなるとは知りませんでした。
山でこういったものに出会うとうれしくなりますね(^_-)-☆
イケリンさんへ (たか)
2016-10-16 22:30:29
秋暮れて木々の紅葉は枯れ残る
   さびしくもある覚満淵は
赤城の秋はあっと言う間に終わりを告げます。
寒々とした光景をしみじみと見つめられたのでしょうね。

訂正と有りましたがマユミも未だ色付いてはおりませんでしたが
ビッシリ実を付けていましたよ。
地味な木ですが薄ぼんやりとした赤の風情に心が動かされますよね。
多分、イケリンさんがお見えになった19日は
紅葉も最盛期だった事と思います。
良い時期にいらっしゃましたね。
私は近くにいながら中々ドンぴしゃりといった試しが有りません。

そうなのです、赤城は全部の峰を総称して赤城山と言います。
上毛三山の一つですが後の二つ、榛名山も妙義山も同じく総称した名前です。
越後美人さんへ (たか)
2016-10-16 22:49:13
越後美人さん、ようこそ♪
何時も早々とコメント有難うございます。

さすが越後美人さん
詫びさびの世界に身を置いている方のお言葉
紅葉と言いましたら
  「赤や黄色の色様々に 水の上にも織る錦」ですが
こんな地味な景色にも美を見出せるのですから。

赤城は湖が結氷する位ですからアッと言う間に冬が来てしまいます。
今年の5月に登った時に登山道の脇に残雪をみて驚きました。
その代わり夏はとても涼しいんです。

マムシグサの実、赤くなったのを見た事は有りませんでしたか?
どぎつい程の赤い玉がビッシリ付きますが
写真では、その玉も大分落ちかけてますね。
今度、探して下さい。


赤城山 (takezii)
2016-10-16 23:53:05
今年 レンゲツツジ狙い、または 紅葉狙いで 訪れる予定でいたんですが 天候の具合や なんだかんだ有って 行き損ねました。
1度は 1泊するつもりで 宿を予約までしたんですが 悪天候、宿の方から やめといた方がいいと 連絡を貰って中止したり しました。
たか様から いろいろ いただいた情報を参考にして 来年は 訪ねたいと思っているところです。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2016-10-17 06:25:02
覚満淵
素晴らしいところですね
標高は 何メートルくらいなんでしょう
標高1358mの くじゅうの雨ヶ池を思い浮かべました

趣のある池
そして 周囲の景色に溶け込む 草紅葉が実に綺麗
もう秋の深まりを十分に感じさせてくれますね
素晴らしい山旅でした\(^o^)/
takeziiさんへ (たか)
2016-10-17 16:06:25
takeさん、こんにちわ♪

本当に今年の天候は異常気象でした。
其処へ持って来てあまり当てにならない予報でしたし
特に山の天気は変わりやすいので
計画も立てづらかったですね。
でも、その代わり素晴らしい両行が出来ましたよね。
私達も海外旅行は今までの様な個人旅行は止めにして
少しばかり自由のきくツアーに切り替えようかと話しているところです。
今回のtakeさんの旅行には刺激されましたよ。


延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2016-10-17 16:23:26
Kさん、こんにちわ♪

覚満淵の標高は1360m(九重と一緒ですね)で
昔はKさんも黒檜山へ登る途中で見下ろしたでしょう大沼と繋がっていた様です。
一緒だったら、かなり大きな湖だったと言う事になりますね。
此処は小尾瀬とも呼ばれていて高山植物の宝庫でも有ります。
覚満の名は平安時代、比叡山延暦寺の高僧「覚満」が
ここで法会を行った事に由来しますが
未だ交通機関も発達していない時期でも来られたのですから
Kさんなら一っ跳び
もう一度、赤城にお出かけになりませんか?
覚満淵 (Fs)
2016-10-17 23:42:52
覚満淵という地名は記憶にあるのですが、景色に記憶がありません。2005年に赤城山に行ったときにはコースから外れていました。途中で駒ケ岳・黒檜山から見えるのでしょうか。見えるとすれば、それで記憶にのこっているのかな?
大沼は自転車で一周したのでよく覚えています。小沼も血の池とともに記憶にあります。

情けない記憶力です。

写真を見る限り、是非とも寄ってみたいところですね。今度機会がありましたら是非訪れます。
大沼は、いま (izukun)
2016-10-18 11:36:35
赤城山というと、福島事故のあと、釣りがなかなか出来なかった大沼を連想します。関東一円の湖沼、川、東京湾までが、大変なことでした。

ところで、場違いなことをお尋ねしますが、きのう、「お題投稿」に方言の話で、栃木の「でれすけ野郎」というのを書いたんですが、群馬ではこの言葉、使いませんか?

それと群馬に知り合いがいないのでついでに聞いちゃいますが、栃木の高校の略称、宇都宮高校は「うたか」足利は「あしたか」という具合ですが、高崎、前橋は「たかたか」「まえたか」とか言うんでしょうか?「たかたか」さんからの連想ですが、機会があれば水戸方面にも聞いてみたいです。
Fsさんへ (たか)
2016-10-18 14:09:35
Fsさん、こんにちわ♪

大沼、自転車で回られましたか。
私は数年前、ウォーキングクラブで一周しました。
狸の赤ちゃんを見た時です。
覚満淵は大沼(おの)から小沼(この)へ向かう左側に有りますが
道路の脇に木々が茂っていますので見過ごされてしまったのでしょう(道路、右側のビジターセンターが目印)

黒檜山への登山道から大沼も覚満淵も小沼も見えますが
覚満淵は分かりづらいかもしれません。
お花の時期にでも
鍋割山トレッキングと併せてと言うのは如何でしょう。
izukunさんへ (たか)
2016-10-18 14:46:22
izukunさん、こんにちわ♪

大沼の名物、冬の氷上ワカサギ釣りは毎年、行われていますが今年から又、持ち帰る事が出来る様になりました。
私は一度だけ榛名湖で、どなたかが開けた穴をお借りして釣った事が有りますが
その時の天麩羅は最高でした。

さて「でれすけ野郎」ですが群馬ではなんと言うのでしょう。
あまり聞いた事が有りませんので良く分かりませんが「オタンコナス」とか「バカッタレ」とでも言うのでしょうか。
高校の略称は
高崎高校は「たかたか」、女子高は「たかじょ」
前橋は「まえたか」「まえじょ」です。
前高と言えば進学校ですが甲子園で史上初の完全試合を達成した事でizukunさんも記憶に有るかと思います。

「たかたかのトレッキング」は「たかのトレッキング」で登録しようとしたのですが
既に使われていると言う事でしたので「たか」を強調して「たかたか」としたまでで高高は男子校
勘違いしてしまいますよね。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL