たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

箕輪城祭を前にして

2016年11月02日 | 年中行事

10/30(日) 朝から祭りを知らせる花火と太鼓の音が我が家まで響いています

12時半、散歩がてら出かけてみました


攻防戦を前に小道具を運ぶ眼鏡の忍者は大忙し



  





決まってます、バッチリです

  



今年は海の向こうのお方も参戦 長野軍ですか?武田軍ですか?


この画像、可笑しな点が二つ有ります、さて?

次はチビッ子戦士にもスポットを当てて見ましょう




業盛の奥方・藤鶴姫の再来の様な



  









屈託ない笑顔がいいですね


祭と言えば屋台




群馬で屋台と言えば名物「焼きまんじゅう」

お味噌の香ばしさ、一度食べて下さい 美味しいですよ

私も一つ買って家でゆっくり味わいました


おや? この人・・・

何やら ひそひそと

皆さん、ご存知ですよね

何事も票の為です

続く


人気ブログランキングへ
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の秋花 | トップ | 箕輪城攻防戦(長野業政 VS... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんだろう (タケホープ)
2016-11-02 19:21:00
着物や、髪飾りだと分からないな。

左端の女性が、鉢巻をしている

おーいお茶を持っている

二つとも、違いますね
お祭りの連続1 (吾妻隼人)
2016-11-02 23:27:59
かみつけの里古墳祭に続き箕輪城祭と高崎周辺はお祭りの連続ですね!!きっと伝統を重んじるしきたりが生きているんですね。古の共同体のなごりでとても豊かさを感じます。外人さんが多いのもそんなところが彼、彼女らの琴線触れるのかなぁ・・・・・? ところで「箕輪」という地名は全国至る所に有ります.特に長野伊奈は有名で、東京足立区、横浜市にも有ります。何か共通の関連性とか特別な理由があるのでしょうか?解ったら教えていただければ幸いです。
「みのわ」地名  参考までに (Fs)
2016-11-03 01:45:13
箕輪は確かに横浜にもあります。昔、私が住んでいた近く(*_*)
Wikiによると「中世に豪族の屋敷を中心とし、周囲に農民が居住して形成された集落。それを由来として関東地方を中心に日本全国に同名の地名が存在する」と記述されていますが、今ひとつ具体的でないですね。
「豪族の屋式中心に、周囲に農民が居住」ならばすべての地名が箕輪になっちゃうわけで、もう少し具体的な「何か」が由来なのでしようね。
私の推測ですが、「三ノ輪」「三輪」も語源は同じだと思います。ひょっとしたら「三和」「美和」「美輪」‥なども。

もう少し検索したら【http://japanknowledge.com/articles/blogjournal/interest_chimei/entry.html?entryid=82】がありました。
正しいか否かはわかりませんが、これによると、河岸段丘乃至台地上の、半円形(箕の形状)地形で、砦や城郭を中心に発達した集落を指すと思われます。

横浜市港北区の箕輪も鶴見川と矢上川の合流点を頂点に箕の形に西側に広がっています。慶応大学の敷地と日吉台地と二つの皮に挟まれています。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2016-11-03 06:43:42
箕輪城祭
皆さん 明るく健康的な笑顔で お祭りを楽しんでますね
鎧武者さんで
戦国時代にタイムスリップしてしまった様な気分になります

 >この画像、可笑しな点が二つ有ります、さて?
おかしな点はありません
可愛いばかりです(*^_^*)
タケホープさんへ (たか)
2016-11-03 14:14:05
タケホープさん、こんにちわ♪

着物、髪飾り、お茶
良い所に目を付けました。
世は戦国時代の真っ只中
何故ここに江戸将軍の御台様や側室・奥女中がいなければならないのか・・・
可笑しいですよね。
一番 左の鉢巻き姿が居て救われています。
村のイベントと言うのは「ある物は何でも使え」
とかくこんな事が有りがちです。
吾妻隼人さんへ (たか)
2016-11-03 15:41:35
吾妻隼人さん、こんにちわ♪

狐の嫁入り、古墳祭、箕輪城祭と立て続けに催されたイベントに
追っかけも大変 

業盛の時世の句に有ります様に「名のみぞ残る箕輪(みわ)の山里」で
激戦が繰り広げられたとは想像すらできない長閑さに満ちた今の箕輪ですが
地名は私が此処へ来た時に
白川を背にした箕輪城を南東方向に取り巻く榛名沼と村落が
丁度、箕の形をしている事からその様に名付けられたと聞きました。
現在は地区の合併、更に平成の大合併で箕輪という地名は無くなりましたが
地名と言うのは何かしら理由あって付けられたものですよね。
私個人としては残して置いて欲しかった地名です。
Fsさんへ (たか)
2016-11-03 16:21:13
Fsさん、こんにちわ♪

詳しい情報ありがとうございます。
豪族の屋敷を中心とした集落が
箕形(扇形の様な)の様に取り囲んでいたと言う事ですよね。
今は住居が密集し
果たして箕の形をしているのかさえ定かでは有りませんが
当時、田や沼そして僅かばかりの村が点在する頃の古地図が有るなら
なる程と頷けるのかも知れませんね。
ありがとうございました。


延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2016-11-03 16:27:52
Kさん、こんにちわ♪

Kさん、雄さんと二人で爆笑してしまいましたよ。
  「おかしな点はありません
   可愛いばかりです」
これ、いいですね。
何度読み返しても笑いが込み上げます。

この時はリラックスタイム
次はいよいよ攻防戦が始まります。
殺気立った目
攻防戦への意気込み
是非またご覧 下されますよう 
盛況ですね (越後美人)
2016-11-03 22:10:07
ずいぶんいろんな年代の人達が参加するんですね。
しかも皆さんがとても楽しそうなところに感心します。
地域の人たちが、自分の町の歴史を大事に思っている証拠ですね。

外人さんたちも楽しんでいる様子、来るもの拒まずのお祭りで、おおらかで良いですね。

因みに、私も二つのおかしなところ、何度も見て探しましたが分かりませんでしたよ。
でも、Kさんがいて安心しました(^_-)-☆
越後美人さんへ (たか)
2016-11-04 15:40:24
越後美人さん、こんにちわ♪

本当に!
町民も外国の方も役になりきって楽しんでますよね。
私の地区は皆さん消極的なのか
若い人たちもいるのに不参加でした。
以前は経済大学の学生に応援を頼んでいた事も有りましたが
学業の関係なのか子供会の力が強かったのか最近は小学生が参加するようになりました。

二つの可笑しな所
つまらない問題を出してしまってごめんなさい。
タケホープさんのお返事に書いたのが答えですが
Kさんのお答えは愉快でしたね。
こんにちは~♪ (どんぐり)
2016-11-04 16:18:44
保存会の皆さんでしょうか?
戦国武将・・・甲冑姿が良く似合ってますね。
地域の方々の歴史を重んじ、大切に引き継ぐ心に頭が下がりますね。

外国の方にとっては貴重な体験になったと思います。
こういう機会は他では中々出来ない事。
最高のお土産話になりましたね(*^-^*)

長刀をもった女性陣・・・ピースサインが現代っ子らしいですね。

ずいぶん昔の大河ドラマで『武田信玄』の中に
諏訪の、ゆう姫さまが登場して来ますが、
女優さんの中には、ゆう姫の役を演じたい方
が多かったと聞きいてます(*^-^*)

当時のゆう姫役は、南野陽子だったと思いますが・・・
役の中でのゆう姫様は、奥ゆかしく愛おしいくらい健気な姫様でした(*^-^*)
たかさんの画像を拝見し当時のドラマを懐かしく思い出しました。
どんぐりさんへ (たか)
2016-11-04 18:39:01
どんぐりさん、こんばんわ♪

この祭りは毎年、出演者を募集し
何時も参加している各地区の有志と共に演じる
年に一度の村の祭りです。
今回、外人さんが参加した様に誰でも参加できるのです。
どんぐりさんもオーケーですので藤鶴姫様役で如何でしょう。

そうですね
この祭りに参加した少年・少女たちは
大人になっても良い思い出として心に残るでしょうね。

大河ドラマの「武田信玄」はテレビが無いので観ておりませんが
南野洋子さんでしたら、さぞや美しい姫様として登場されたのでしょう。
ユーチューブで観られるかしら?
後で観てみますね。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL