たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

6月の空(朝焼け)

2017年07月11日 | 自然
6月9日


榛名山上空


子持山上空辺り


赤城山上空

4時05分、目覚めてふと窓に目を向けると榛名山上空に

薄っすらと赤みを帯びた雲が・・・

私は半覚睡状態のまま、ぼんやりと障子の向こうの空を眺めていました

待てよ! という事は赤城山の上は

慌ててベッドから飛び降り居間に置いたカメラを取りに走ります

6月9日夜明け前の光景でした












11日の朝も驚く様な朝焼けでした

「朝焼けは天気が崩れる前兆」というジンクスを覆し

この日は力強い入道雲の湧く好天の一日でした










23日 南側のカーテンの向こうが紅い

4時24分、東の空が紅く燃え、徐々に立ち上る光の柱、太陽柱です

この日も雲は少々大目でしたが崩れる事のなかった一日でした


6月26日 今年は空梅雨なのでしょうか

降れば鬱陶しいとぼやき、降らなければ水不足を心配する

人間とは勝手な事を考える生きものです


6月28日 PM4時半の空

雲の形がとても面白い

これは放射状雲と呼んで良いのでしょうか


人気ブログランキング
ジャンル:
その他
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の風物詩 前橋の七夕 | トップ | 猛烈な雷雨 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イケリン)
2017-07-11 07:18:48
雲と太陽光が演出する朝焼けが素晴らしいですね。
時事刻々というよりは、秒単位で変化する朝焼け雲が見事にとらえられています。
東の空を写された太陽柱が立ち上る写真にしても、
わずかな時間で、微妙な変化をきたすのですから、見ていて飽きないものがありますね。

日中の雲は夏の雲そのものですね。朝の空と昼の空のギャップを感じました。
最後の雲は見たことのない雲です。うろこ雲とは異なりますが秋の空を連想しました。
素晴らしい。 (く〜ちゃんのママ。)
2017-07-11 07:28:54
おはようございます。
綺麗な朝焼けの空。
日本じゃあないみたいよ〜!
まるで絵画のようです。
👏 👏 👏
空と雲 (たまボブ)
2017-07-11 10:42:13
朝焼けも時間や方角で随分と雰囲気が変わりますね。
燃えるようなオレンジ色の雲と蒼い空が印象的です。

入道雲はこの写真からでもモクモク沸いて動きがあるように感じられます。

ラストの雲、珍しい形ですね、呼び名が興味あります。
夜明け前 (niceshotpete)
2017-07-11 20:12:07
夜明け前後の時間帯に空や山を眺めてる、あの時の気分というか、感覚というか、雰囲気というか。
他には代えがたい、その時にしか味わえない心持ち。
なんて言ったらいいのか、わからないけど、崇高な?清々しい?ボキャ貧な私には表現できませんが・・・

「わかってくださいまっすね~♪ あなた(たかさん)なら~♪」(ムード歌謡)
朝日が〜 (okei)
2017-07-11 20:47:50
わぁ〜!朝日が赤城から昇っていますね。
毎日見ている赤城山、我家からは真北に見える赤城山です。
なので赤城から昇る朝日は見ることはありません。
4時台に起きることが無いのでこんなにも朝焼けが綺麗な日々とは気がつきませんでした。

毎日「今日も暑いですね。」が挨拶になってきました。
夕立でもいいので一雨欲しいです。

お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-07-12 06:53:13
6月は 仰せのように
梅雨入りしても なかなか雨が降りませんでした
お陰様で 色々な農作物にも影響が出ています
私事、我が家の 桃も今年はいまいちで
桃のコンポートが食べられません

夜明け前の
朝焼けの空は 心があらわれる様です
慌ててカメラを持つ 気持ちが良く分かります

青空と入道雲
夏の空らしく 力強くて広い

どの写真も素敵ですね

イケリンさんへ (たか)
2017-07-12 13:47:59
イケリンさん、こんにちわ

昨日はついに涼しい所へ逃げ出しました。
家に帰ってみれば疲れとだるさで何もする気が起きないところに無風の蒸し暑さに寝る事も出来ない程でした。
ブログのお友達の話では館林は42度という驚異的とも言える暑さだったとか。さすがエアコンを回さずにはいられない夜でした。

「今日は空にドラマが生まれそう」と言う日は台所に立っていても落ち着きません。
イケリンさん仰る様に、それこそ秒単位です。手を止めては振り返って空を仰ぐ落ち着きの無さに自身、呆れ返ってしまいます。
最後の雲は私も初めて見ました。不思議を感じますね。
く~ちゃんのママ。さんへ (たか)
2017-07-12 14:04:24
く~ちゃんのママ。さんこんにちわ

日本じゃないみたいですか?
  広角を使って広範囲に写せれば、もっと表現も変わるのでしょうができるのです、その機能が付いてないのが残念です。
空を写すにはやはり広角レンズが欲しいですね。

空の美しさは何と言っても朝日の昇る直前でしょうか。
冬は筑波山方面から昇りますが、この時期は赤城の右斜面に移動します。
そして榛名の最高峰・掃部ヶ岳に没し一日を終えます。
特に美しい空のドラマが生まれるこの時期、朝と夕が気になってソワソワの毎日・・・お笑い下さい。
たまボブさんへ (たか)
2017-07-12 14:30:05
たまボブさん、こんにちわ

広角レンズを使用すれば、この変化を一枚で写し取る事が出来スケールの大きい写真となるのでしょうが
細切れに写す事しか出来ない私のカメラ・・・残念です。

刻々と変化する入道雲は見ていて飽きませんし楽しいですね。
ただ榛名上空に現れますと、とてもそんな状態ではいられません。
ここ数年はかげを潜めておりますが体が飛び上がる程の雷鳴が轟き
その都度、停電という事態は此処に来てから何度も有りました。
ラストの雲、珍しいでしょう。穴ぼこのあいた紙を空に敷き詰めた様な雲でした。

niceshotpeteさんへ (たか)
2017-07-12 18:38:11
niceさん、こんばんわ

たまボブさんに「此処のところ影をひそめている雷」と書いた事が
天を刺激したのか慌ててパソコンのスイッチをoffにするほど凄い雷に見舞われました。
という事でお返事が更に遅れてしまいました。

niceさんが言わんとしていた事、よーく通じましたよ。
私も何と書いたら良いのかですが優しくも有り厳しくも有り自然は偉大な存在です。
=崇高、正にまさにですね。

コメントを投稿

自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL