たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

続・埼玉小川町 桜祭りとカタクリの里

2017年04月05日 | 登山
続き

長閑な山里に心を洗われながら下里小学校(廃校)に向かいます


ぽかぽか陽気に誘われて校庭はこの通り沢山の人達が思い思いに憩っておりました

丁度、昼時でも有り中には出来上がってしまった人も



  



私達が座った直ぐ側には風船でアンパンマンを作る出店が有り

奥さんは手ばやに色んなキャラクターを黙々と作っています

しかし器用なものですね

一体、500円

最後の写真はご主人と奥さんの共同作「たこ入道」でした


桜は咲いておりませんでしたが小ちゃな子供達は、そんな事はどうでもいいよと

風船の刀で遊んだり遊具で遊んだり


この下里小学校の開校は明治7年だそうで

正面玄関等の造りは西洋建築の面影が漂います

私が通った小学校も木造建築でしたが木の温もりと言うのはいいものですね

しかし、この村も少子化が進み平成15年に休校

23年には廃校となってしまった訳です

(右の絵は、この小学校がモデルとなったアニメ「のんのんびより」の一コマより)


普段は内部の見学は出来ませんが今日は特別解放しておりましたので

小さな下駄箱に靴を預け見学させて頂く事にしました




一室でお茶会が催されておりましたので一服所望

流派は表千家だそうです

先ずは杯イッパイ程の桜茶で心を落ち着かせ・・・

さすが昼食後でしたので茶菓の桜餅までは食べられずお持ち帰りとさせて戴きました




小学校から車を停めた道の駅に向かう本日のコース上には

カタクリとニリンソウの里が有りました

仙元山の斜面を利用し小川町の有志が

「カタクリとニリンソウを守る会」を結成しご苦労されている様です

その他に国鳥で有るオオムラサキも育てており

毎年7月上旬に放蝶会も有るとの事ですのでその頃また訪れるのも良いかも








午後の斜光に邪魔されて思う様に写せなかったのが残念ですが

今年初めて見るカタクリの花に春の息吹きを戴き心休まる一時となりました


盛りだくさんだった今日のトレッキングの締めくくりは二本の木が渡された

流れ橋を渡りますが、この橋は増水するとアッと言う間に流されてしまうのだとか

芽吹き始めた木々、清冽な槻川

この水と自然環境が小川町の上質な和紙を生んだのでしょうか

オッと見とれていると川にザブンです・・・足元を見て慎重に慎重に

少し疲れました

娘の家に戻り何時の間にか30分程まどろんでしまったのでした


人気ブログランキング
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉・小川町の里山  仙元山 | トップ | 天才か鬼才か幕末の絵師・河... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イケリン)
2017-04-05 19:58:18
懐かしの木造校舎も鉄筋コンクリート造りに取って代わられて、姿を消す運命にあるようです。
また、全国いたるところで廃校になった学校の多いことでしょうか。
少子化とともに統廃合も進み、今後益々増えていく運命にあるようですね。

カタクリとニリンソウの里もかなりの規模のようですね。ほんのりとピンク色に染まった
ニリンソウの清楚な姿が印象的です。
それと護岸工事がなされていないように見える、槻川の自然のままの姿が素晴らしいですね。
このような川がだんだんと少なくなっているように思います。

明治の小学校 (越後美人)
2017-04-05 20:55:40
大勢の人たちで賑わっていますね。
みんなが楽しんでいる様子がよく分かります。
こうして、身近なことでも目いっぱい楽しめるというのが良いですね。

木造の校舎は、今でも潰されずに残されているのは嬉しいですね。
私も卒業した小学校も明治の建築で美しかったのですが、
いつの間にか鉄筋コンクリートの味気ない建物に代わっていました。

一面のカタクリの群落は圧巻ですね。
春の妖精と言われるように、くるんと反った花弁が愛らしいです♪
本当に、いっぱいの春でしたね(^_-)-☆
イケリンさんへ (たか)
2017-04-05 21:33:16
イケリンさん、こんばんわ

こうした木造の校舎を見ますとオルガンの音が聞こえて来そうな雰囲気ですよね。
休校になったのが平成になってからですから、さすがオルガンは置かれておりませんでしたし
机も椅子も木製では有りませんでしたが
どこからか児童たちの甲高い声が聞こえて来る様な懐かしさを感じました。
校舎にしても川にしても子供のころ当たり前に目にしていた景色が
どんどん失われて行くのは寂しい限りです。

カタクリは全部が開いておりませんでしたし
ニリンソウの、もう一輪が蕾でしたので全体的に疎らな感じでしたが
それでも私にとって今年初めての花でしたので満足できました。
越後美人さんへ (たか)
2017-04-05 22:22:24
越後美人さん、こんばんわ

越後美人さん、私が通っていた小学校も明治建築でした。
今では珍しくなった二宮金次郎の銅像が朝礼台の横に有ったんですよ。
ですが、今から数十年前に建て替えられ味気のない鉄筋の校舎になってしまいました。
直ぐ隣に有った中学校も少子化に伴い近隣の中学校と統合し新たな場所に移されてしまいましたので
私が卒業した中学校は今や幻になってしまいました。
ですので下里小学校の様に守られ活用されているという事は大変、貴重な事であり此処で学んだ児童にとっても宝ですよね。

今はアチコチでカタクリの群生地が見られる様になったのは嬉しい限りです。
春の妖精・・・まさにその通りですね。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-04-06 06:58:23
桜祭り
凄い人混みで まさにお祭りですね
自分も昨年
熊本県の「一心行の大桜」のお花見を思い出しました

カタクリのお花
憧れのお花でもありますが
植栽されているのですね
野山に自生する 一輪のお花のほうが
より感動が大きい気がします
しかし
これだけ咲いていると そんなことも言ってられないほど
圧巻の光景ですね
まいりました。
延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2017-04-06 21:35:33
Kさん、こんばんわ

渋谷から只今、戻ってきたところ
お返事が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。

静かな山里でしたが、かなりの賑わいでした。
アニメ映画が宣伝効果をもたらしたのでしょう。
桜は咲いておりませんでしたが花より団子という言葉も有りますね。

植栽されたカタクリを見たのは今回が初めてでしたが
仰る通り自然の中に自生しているカタクリは
たとえ一輪でも感動は大きいものです。
忘れられないのは新潟の山中で足の置き場に困るほど群生していたカタクリに出会った事でした。
あの時の感動は言葉では言い尽くせないほどでしたね。
小川のカタクリは町おこしの一環として育てられている訳ですが
その内 時が経てば自然の景色に溶け込んで、それなりの感動を与えてくれる日も来るのかもしれませんね。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL