たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

鄙の桜  (吾妻)

2017年04月20日 | 

春が少し遅れてやってくる吾妻の里を訪れました

知る人ぞ知る「桜の里」が華やぐ季節が今年も廻って参りました


吾妻は水仙の里でも有りその数30万本

香りが満ち満ちているのは

1キロに及ぶ桜並木がガードとなっているからでしょうか


ご主人とのんびりお花見、いい風景ですね

長年連れ添った夫婦の絆が背中に感じられます






人っ子一人いないヒッソリと静まり返る畦の上

春は花を楽しみ夏は日陰を提供してくれる、この桜は

農作業に従事する者に今も一服の安らぎを与えているのでしょう


岩櫃山を背に何時もと変わらぬ長閑な風景を桜が色を添えました


応永寺

門前を埋め尽くす菜の花に誘われて門を潜れば




少々早すぎたでしょうか

門に掛かる枝垂桜は5分咲き

此処の所の暖かさにあと数日と言ったところでしょうか

岩櫃城跡・斎藤氏が建立

斎藤氏滅亡後、衰退した寺を大栄7年1527)に無庵禅師が復興


林昌寺に向かう途中、お堂が有りました

祀られているのは細谷地蔵尊

幾年月、桜と共にこの村を見守り続けて来ているのでしょうか

此処にはホノボノとした空気が流れていました






お堂を後に尚も進めば民家を埋め尽くす桜・桜・桜の海

村の人達は特に浮き立つ様子も無く

それが生活の一部でも有るかの様に早足で歩き路地の奥に消えます


林昌寺にやってまいりました

創建は南北朝時代

戦国時代になって沼田真田氏の保護下に寺勢を伸ばす




(林昌寺の二つの門)


この枝垂れ桜は目通り3・8m 樹高16mとの事です

本日は写真の外にも沢山の桜を鑑賞してきましたが

どれも樹齢300年を下らない見事な桜揃い

背景の鄙びた山村が桜をより際立たせた心に残る風景でした

これからもずっと、このまま残して貰いたいと思いながら

家路へと向かいました


人気ブログランキング
ジャンル:
ドライブ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庭の花木 | トップ | タンポポ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナイス (KEN)
2017-04-20 17:59:29
何時も良い画像ありがとうございます
楽しませて頂いてます。
知る人ぞ知る (takezii)
2017-04-20 19:53:17
吾妻の里、
鄙びた山村の風景、1枚1枚、素晴らしい切り取り写真、拍手です。
岩櫃山等 背景に山が在る風景も いいですね。
今回も 歴史探訪、しっかりレポートされておられ 居ながらにして 訪れたような錯覚を起こします。
有難うございます。 
Unknown (イケリン)
2017-04-20 22:00:53
桜並木と水仙のコラボ。思わず唸りたくなるような光景です。
1kmにも及ぶ桜並木は想像だにできません。
桜の下でくつろぐ老夫婦を配した写真も素晴らしいですよ。
桜を愛でながら、二人の世界に浸っておられるような雰囲気が伝わってクーきました。

門に掛かる5分咲きの桜も、門全体の姿を見ることができて、
逆に効果的だったのかもしれませんよ。
KENさんへ (たか)
2017-04-20 22:23:27
KENさん、こんばんわ

何時も私のブログに足跡を残して下さってますよね。
ありがとうございます。
今日はコメントを戴き有難うございました。

自分の写したものは中々自信が持てないのですが
ただ感動するとカメラを向けずにいられないのです。
ですから何でもござれの写真ですが
楽しんで頂けてこんな嬉しい事はございません。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
まあ、なんと! (越後美人)
2017-04-20 22:33:27
一キロもの桜並木、なんて素晴らしいこと!
そこだけでなく、どの桜も大きくて立派です。
よくぞこれだけの桜を集めましたね。
建物や風景との出会いも、とてもビューティフル♪
takeziiさんへ (たか)
2017-04-20 22:41:05
takeさん、こんばんわ

takeさん、切り取り成功しましたでしょうか。
そう言って戴けるとスキップして駆けずり回りたくなってしまいます。
こうした鄙びた山村風景も段々見られなくなりました。
私の所も山村ですが一つ山を隔てただけですのに
これ程ゆったりした空気が流れる場所は何処を探しても見つかりません。
桜の季節に限らず素敵な山村です。
日本の原風景、ホッとしますよね。


イケリンさんへ (たか)
2017-04-20 23:02:41
イケリンさん、こんばんわ

イケリンさん、実際 目にしますともっと唸りたくなってしまいますよ。
1キロの桜並木も自然が残っている土地だからこそなのでしょうね。
それに合わせてこの水仙です。
なのに人影がないのが不思議なくらいでした。

門に掛かる5分咲きの桜、そう言う見方も有ったんですね。
お優しいお言葉と共に勉強になりました。有難うございます。

越後美人さんへ (たか)
2017-04-20 23:13:08
絵t後美人さん、こんばんわ

スペクタクルでしょう。
桜並木の向こうは川が流れていますので
せせらぎの音と水仙の香りで気持ちは逆にハイになってしまいました。
それこそ銘酒「越後美人」を持参したい場面です。

此処には若木は見当たらず一本桜の殆どが300年を超えるものばかりだそうです。
山里の鄙びた風景と良くマッチしてますよね。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-04-21 06:44:54
2枚目の写真
素晴らしいです
1kmに及ぶ桜並木と 30万本の桜並木
凄いインパクトです
実際 こんな光景を目の当たりにしてみたいものです

ラストの
枝垂れ桜も お見事な大木
ビックリ仰天
まさしく 目の保養させていただきました
 (たまボブ)
2017-04-21 08:59:19
見事な桜並木もあまり人の姿が見えず、独り占めという雰囲気ですね。
岩櫃山を背景にひっそり佇む民家、里山の素晴らしい風景です。

立派な門を構えた応永寺、枝垂れ桜が見事な林昌寺、
本当に素晴らしくまさに「心に残る日本の風景」ですね。

いつまでも変わらぬ風景が続いてゆくことを祈ります。
延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2017-04-21 14:08:35
Kさん、こんにちわ

二枚目、褒めて下さってありがとう。
パラパラッと見物人が居たのですが、ここは人物無しで行こうと居なくなるまで辛抱強く待ちました。
   人物が引き立て役になってくれると木も有り邪魔な場合も有り・・・写真と言うのは難しいですね。

吾妻と言う所は草津へ行く国道沿いに開けた街ですが一歩、入るとこの様にノンビリした山里の風景が広がります。
そんな鄙びた場所に咲く桜は目を惹きますよね。
山里に住んでいる私でさえ心穏やかになる風景に感激でした。
たまボブさんへ (たか)
2017-04-21 14:27:47
たまボブさん、こんにちわ

昔、岩櫃山に登った時にこの集落からのルートを取りましたが(昨年、登ったのは別ルート)
その時は若かった事も有り鄙びた良さに目を停める事も有りませんでしたが
今回、訪れてみて歳のせいか妙に懐かしさを感じました。

色々調べてみますと歴史的にも面白い地で未だまだ私の知らない事がたくさん有りそうです。
次回、行く機会が有った時には図々しく土地の人に話しかけてみるのもいいかもしれませんね。
見て感じるだけでなく内面の面白さを知る事により山里の良さを肌で感じる事が出来ますものね。
ノビノビとした桜 (Fs)
2017-04-21 21:43:53
ノビノビと枝を伸ばした桜、心がそのままノビノビとして、癒される風景ですね。
しだれ桜も五分咲きとはいえ、満喫しました。

都会の中のかぎられた空間に咲く桜が可愛そうに見えます。

里山の風景にはとても癒されました。
Fsさんへ (たか)
2017-04-21 23:32:59
Fsさん、こんばんわ

こうした景色も、だんだん見られなくなってしまいましたね。
伸び伸びとした場所では樹木も伸び伸びとするのでしょうか。
此処は榛名山の裏側ですので
箕輪よりも気温が低く桜の開花も一週間は遅いようです。
そんな気候が育んだ山里には焦りの無いゆったりとした空気が漂っている様に感じました。
そこに居るだけで気持ちが大らかになる思いでしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL