たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

黑斑山

2017年06月19日 | 登山

噴火警戒レベルが2となり入山が漸く許可されたのを機に

黑斑山を登って参りました

もう何度、登りに来た事か

ですが孫にとっては初めての黑斑山です




登り始めて間もなく足元にイワカガミが咲いていました

漸く春から目覚めたものの未だ眠たそうな・・・


車坂山を越え登り返して

累々と瓦礫の重なるだだっ広い白ザレ地点までやってまいりました




カラマツ林の登山道が切れ名だたる山々が視界に飛び込む展望地です

先ず大きく八ヶ岳

目を左に転じれば富士山まで確認できる今日の空気の澄み具合でした


高峰山の上には北アルプスの山並みも見えてます




振り返れば篭ノ登山・水ノ塔山

そして100名山である四阿山のドッシリとした山容までも

    


嬉しい事に近くでアズマシャクナゲを見つけました

花を期待してなかった今日の登山だっただけに

これはラッキーな出会いです

  

植生がトウヒに変わり再び視界は閉ざされます

「エッ嘘でしょ」今まではなかったこの階段

上から見ればまるでハードルです  その内、石を詰めてくれるのでしょうか

この階段は槍ヶ鞘まで続きました とにかく長い

登り辛い階段に閉口しながらも

何とかやって参りました、初めて登って来た登山者が

ここで初めて顔を出す浅間山の雄姿に感激の声を上げる場所です

「お腹が空いてあの坂 登れない」と言う例外のKちゃんは花より団子

という事で此処が昼食場所となりました







お腹が満たされれば元気100倍

此処の登りで一番の辛い急坂をあれよあれよと言う間に登りあげ

もう、トーミの頭です

若さですね


私達が到着するまでにKちゃんが写した写真です

浅間山を取り巻く様に連なるこの山は手前から

蛇骨岳、仙人岳、虎の尾、Jバンド、鋸岳と続き

見る者にコーカサス地方を連想させる景色です




トーミの頭から一登り、黑斑山山頂に着きました

先程Kちゃんが座っていたトーミの頭には数人の登山者が張り付いています

今日は此処までですが、初めて黑斑山を登り鋸岳の先端まで行った時の

懐かしい写真が出て参りましたので載せてみたいと思います




トンボと戯れる


私の後方に黑斑山とトーミの頭が見えます


登山・キャンプランキング
『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤城 静かな覚満淵 | トップ | 真竹をどうする? »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ。 (コスモス)
2017-06-19 19:35:26
たかさん。
今日も的外れのコメントになりそうですが。
老化現象のコスモスにとりまして、憧れのまるで異次元の写真に惚れ惚れしながら、見とれています。
すでに遠くへ行かれなくなった、コスモスの羨望の写真でもあるのですが、「お孫さん」ですか~!?
以前に書かせて頂いたかどうか?
たかさんはコスモスの目にはうら若き乙女「少女」に写ります。
澄み切った空気、淀みのない日常生活、がこうして画面に現れるのでしょうか?
不思議でなりません。
とても楽しんで拝見させて頂いています。コスモスの老化現象をストップさせていただいてますよ。(^^♪
沖縄はただ今一年分の降雨量を記録するほど降り続いております。
晴れ間が欲しい昨今です。
Unknown (イケリン)
2017-06-19 19:53:31
こんばんは。
今回はお孫さんを伴って、スキンシップをはかりながらの登山は楽しかったことでしょう。
山行を一緒するごとに、たくましく成長していく姿を感じ取られていることと思います。
元気なうちは、可能な限りご一緒され、登山技術や安全面の注意事項を伝授できるといいですね。
もっとも本人たちからしてみれば、そんなことすでに心得ているよというかもしれませんけれどね。
なにせ若い人は飲み込みが早いから「一を聞いて十を知る」ですものね。

素晴らしい天候と素晴らしい眺望に恵まれた山をお孫さんと一緒に登る価値ある一日でしたね。
雄大な景色 (越後美人)
2017-06-19 21:18:12
北アルプスの山並みは素晴らしいですね。
空と一体になった姿に感動です。

浅間山もどっしりとしていて立派な山ですね。
新婚旅行で軽井沢からドライブしましたが、霧がかかっていて全容は見えずでした。
せっかく近くまで行っていたのに残念(^^;

お二人の若くて素敵な写真、いいですねえ(^^♪
山の天辺にいることが良くわかります。
素晴らしい思い出の写真ですね(^_-)-☆
絶対無理です〜 (okei)
2017-06-20 00:42:41
我家には絶対無理です〜
一生行けない場所と確信したので充分写真で堪能させて頂きました。
足裏が全部着かない延々と続く階段は想像しただけでも筋肉痛になりそうです。
浅間山を取り巻く山々は余りにも雄大で
夢に出て来そうです。
唯一登ったことのある高峰山が写っていました。
お若い頃から鍛えた岳人ご夫婦、一緒に山を楽しむお孫さん羨ましいです。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-06-20 08:57:42
黒斑山
なんと読むのだろうと思って検索してみました
くろふやま:標高2,404m
標高も結構ありますが
標高差 どのくらい登るのでしょう
ハードな山登りでしょうね

イワカガミは 九州の山でも随所で群生がみられます
可愛いお花ですね

登山中
八ヶ岳やアルプス そして富士山まで眺められて・・・
そして
 >ここで初めて顔を出す浅間山の雄姿に感激の声を上げる場所です
記事を読みながら
素晴らしいロケーションの山に憧れてしまいます

懐かしい黒斑山 (niceshotpete)
2017-06-20 09:03:40
羨ましいほどの眺め。最高の登山日和でしたね。
僕も学生時代に登りました。
黒斑山からぐるっと1周して小諸に下りました。
下の話で大きな声では言えませんが(聞こえないでしょうが)、湯平高原のど真ん中で便意を催し、いたしたのですが、黒斑山から鋸までの外輪山の上を歩いてる人たちから見えないか、すごく心配したのをいまだに覚えています。
こんにちわ (たまボブ)
2017-06-20 09:24:52
活火山なのにあのならだかな姿の浅間山、好きです。
また、その周りにこれほどの山々があるとは知りませんでした。
黒斑山、蛇骨岳、仙人岳、鋸岳と縦走するようなコース、
コーカサス地方に似ているのですか?

八ヶ岳、富士山、北アルプスも望め眺望も抜群ですね。
若い時はお二人で、今はお孫さん達との楽しい登山。
素敵な時間をお過ごしで、羨ましい限りです。

黒斑山 (takezii)
2017-06-20 10:10:49
梅雨時期には幸運の 最高の山日和でしたね。やっぱり 山は 晴れていないと 楽しみ半減してしまいますからね。
展望の良さにびっくりしています。
「訪れたい山リスト」に入っていながら なかなか機会が無かった黒斑山、刺激されてしまいます。ただ あの階段は 辛そうですね。
若い頃の夫婦登山と 今また 若者と一緒の登山、同じ山でも 違った思い出になる・・・、本当に羨ましいです。
懐かしの黒斑山 (ミウル)
2017-06-20 22:59:46
帰省の折に何度も登った懐かしい山です。2000メートル近い車坂峠に駐車し、なだらかな山道を山頂まで1時間半ほどの展望の良い山ですね。篭ノ登山の登山口に広がる池の平湿原は、三方ケ峰のコマクサなどの花が豊富で、夏の帰省時に立ち寄る定番です。黒斑山北麓の嬬恋村出身の私の好きな作家、南木佳士の「 草すべり その他の短編」の表題作は、黒斑山(トーミノ頭?)から浅間山側の湯の平高原(?)へ下る急坂を舞台とした小説で、50過ぎから山登りを始めた著者の実体験を生かした秀作(泉鏡花文学賞)で、お薦めします。著者の山歩きを題材としたものは、山好きのたかさんの興味を誘うこと間違いなしです。
コスモスさんへ (たか)
2017-06-21 17:28:21
コスモスさん、こんにちわ

お返事が大変遅くなってしまい申し訳けございませんでした。
「老化現象」・・コスモスさんばかりでは有りません。
「これは老化現象です、仕方のない事です」最近は医師からよく言われる様になりました。
気持ちだけは若いつもりでも、ふと“以前はこんなはずでは無かった”と気付かされることしばしば
残念ながら老いを意識せざるを得なくなってしまいました。でも、これは仕方のない事ですよね。
精々気持ちの面だけでも“うら若き少女”のままで頑張って行こうと思っているこの頃です。
ブログ、楽しく読んで下さいまして有難うございます。
コスモスさんのブログも何時も楽しく拝見させて頂いていますよ。
此方では日常みられないお花の数々、南国の空気が感じられますね。ただ残念なのはコメントを入れられない事。
偶にコメントが入っている時が有りますが私が知らないだけで何か方法が有るのでしょうかか?
今日の天気予報によりますと長かった沖縄の梅雨も、いよいよ明けそうですね、毎晩ラジオで“沖縄上空に活発な梅雨前線が”のアナウンスに、どうにしてお過ごしなのか気がかりでしたが、これからは夏本番、沖縄らしい空が見られるのですね。
此方は朝から今迄の分を取り戻すかの様な雨が降り続いております。
イケリンさんへ (たか)
2017-06-21 17:44:05
イケリンさん、こんにちわ

昨日は朝6時から出かけておりましてお返事が遅くなってしまい申し訳ない事をしてしまいました。

孫も月に一度の登山を楽しみにしている様で
私の都合に合わせてアルバイトのシフトを組んでいる様です(2日しか休みがとれません)
学費に充てるためのアルバイトなので頑張って貰うしか仕方有りません。
でも、こうして一緒に歩けるのも学生である今の内だけと思っておりますので
其れまでは可能な限り一緒に・・・その前に私の方が付いて行けなくなってしまう可能性大・・かもしれませんが。
Kは歴史が好きですので
これからは歴史上の人物の足跡を追う そんな山旅も考えています。
越後美人さんへ (たか)
2017-06-21 18:05:03
越後美人さん、こんにちわ

21日、早朝より出かける為に19日は早寝をしてしまいましたもので、お返事が遅れてしまいました、ごめんなさいね。

黑斑山は願望が優れている上に、どっしりとした浅間山を抱えておりますので
その人気は衰える事が無く毎日、登山者が絶えない山です。
私は春夏秋冬、登っておりますが汗を掻きかき登りあげれば、まるで劇的とも言える浅間山との出会い、その感激は初めて見た時と全く変わらず薄れる事が有りません。

越後美人さんの良き思い出の信州
その日、浅間山は当てられっぱなしで影を隠してしまったのでしょうね。
逆に余り影を隠す事の無いそこに有るはずの浅間山が消えたと言う体験は貴重だったかもしれませんよ。

若い時の写真、私もこんな時が有ったんだよなと何時も懐かしくアルバムを開いています。
あの日は岩の天辺にカモシカを見たんですよ♪

okeiさんへ (たか)
2017-06-21 18:34:07
okeiさん、こんにちわ

okeiさん、またまた遊びに出かけてしまい、お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさいね。

あの新しく設置された階段には悲しくなってしまいました。
特に登りにくい登山道でも崩れやすい登山道でも有りませんでしたし何故、階段を付ける必要が有ったのか
多分、この後、石を詰めフラットにするのでしょうが今の段階では完全にハードルです。
いずれにしても登山道の階段が嫌ですね。
階段を避けて脇に踏み後が付いてしまうのは何処でも同じ、要するに無駄な事なんですよね。
その内、山頂まで階段と言う事になってしまったら黑斑山の人気もガタ落ちになってしまう事でしょう。

でも山は変わりなく雄大なものですよね。高峰山を登られた事がお有りなんですね!
私もシャクナゲの時期と雪のシーズンに登りました。
此処もアルプスが望める貴重な山ですよね。高峰山が昇れれば黑斑山も大丈夫!是非。
延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2017-06-21 18:58:43
Kさん、こんにちわ

お返事が大部、遅くなってい増しました、申し訳へありません。
地名や山名は時々何て読むのか解らない事が有りますね。
その黑斑山、現在は湯野平の元火口を挟んで断崖絶壁を形成した外輪山となっていますが、その昔、浅間山は(2568m)黑斑も含め2900mの円錐形だったそうです。
そんな山が今に残っていたなら我が家からみる景色も大きく変わっていた事でしょう。

登山口と黑斑山の標高差は登山口である車坂峠が既に1973m有りますので約430m
其れほどハードな山では有りません。途中きついアップダウンと言う大変な部分も有りますが、それを乗り越えてしまえば展望が開ける、再び樹林に閉ざされても
運が良ければカモシカに出会える、そして樹林が切れれば最後のご褒美、待望も浅間山の雄姿が目の前に飛び込む、そんな期待感が持てる山なんです。
九州の友人は一緒に登って、とても感激しておりました。
niceshotpeteさんへ (たか)
2017-06-21 19:11:00
niceさん、こんばんわ

申し訳へございません、お返事が遅くなってしまいました。
富士山が見えたのは今までの登山で2度目ですがアルプスは晴れてさえいれば何時でも見られますよね。
>黑斑からぐるっと回って小諸に下った
  気の遠くなりそうな距離、ビックリしています。
  私は黑斑から草滑りを下り湯の平を経て浅間山荘に下山した事は有りますが
  小諸まではとてもとても。若さですね。
湯の平でウンを落されましたか(笑)
隠れる木も無い草原ですから、それこそ良いみせものとなってしまった訳ですね。
でも生理現象は致し方ない事です。
一時の恥じも今では良き思い出と変わっている事でしょう。
  
たまボブさんへ (たか)
2017-06-21 19:57:23
たまボブさん、こんばんわ

お返事遅くなりまして申し訳けございませんでした。
以前、浅間山に登りましたが砂礫の傾斜を3歩進んで1歩後退と言う大変歩きづらい道でした。
警戒レベルが下がり油断した軽装備の登山者5名が天気の急変で低体温症を起こし命を落とした直後でしたが
私達が登った時は風は有ったものの快晴で名だたる山々が見渡せた絶好の日和でした。
外観は確かに、なだらかで大らかな山容ですよね。
でもお釜を廻った時に目にした光景は、やはり活火山
黄色い硫黄が付着した火口壁から吹き出すシュルシュルという音、強烈な臭いにはたじろがずにはいられませんでした。

禁止令が解かれた今回では有りましたが僅かに煙の立ち上る様子が目視できましたね。
コーカサス地方、私は行った事も有りませんので良く分りませんが昔からそう言われております。
コーカサスはこんな景色なんだろうと納得するのみ(講釈師、見て来た様な嘘を付き・・・かな?)
takeziiさんへ (たか)
2017-06-21 21:48:38
takeさん、こんばんわ

takeさん、こんなに遅くなってしまいました。本当に申し訳けございません。
いい加減に書きたく有りませんでしたので落ち着いてからゆっくりとと思っていたのです。
今年の梅雨はどうしたのでしょうね。でも今日は今までを挽回すべく結構な降雨量でした。
takeさんのお家の野菜たちも活き活きした事でしょうね。

訪れたい山リストに黑斑山も入っていたのですね。
この山の登山口は尾根コース、林間コース、湯の平コースと3か所有ります。
登りに林間コースを使えば時間も多少、短縮されますし嫌な階段も有りません。でも、やはり展望は欲しいですよね。
下山に尾根コースを利用したら如何でしょうか(逆でも構いません)
登ってみる価値ある山だと思いますのでリストから外さずに是非お出かけ下さい。
直ぐ近くの篭の登山(篭の戸山)もお奨めです。是非是非。
ミウルさんへ (たか)
2017-06-21 22:35:22
ミウルさん、こんばんわ
折角コメントを戴きましたのにお返事が遅くなってしまいました。申し訳ございません。
長野県が故郷なのですか?お山がお好きな様ですね。今は何処の山を登られているのでしょう。
私のホームグラウンドは近くの赤城・鍋割山ですが黑斑山も第二のホームグランドです。
『春・夏とお花を楽しみ秋の真っ黄色に染まる紅葉を愛で冬の浅間の縞模様を楽しむ』
この様に黑斑山は四季を通じて楽しめる山ですよね。
池の平のコマクサの群落は残念ながら見ておりませんがヤナギランのピンクに染まる景色は感動ものでした。

南木佳士「草すべり」ですね。メモしましたので、いずれ読んでみたいと思います。紹介に感謝しております。
小説と言えば著者は忘れてしまいましたが湯の平口から浅間を目指した男女数名の強風との格闘を描いた小説を思い出しました。
  (余談ですが湯の平口の浅間山荘の鉄分を含んだ真っ赤な温泉もいいですね。何度か入りましたよ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL