たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

尾瀬・三条の滝 (1)「燧裏林道湿地群」

2017年10月11日 | 登山





尾瀬の殆どのコースを歩いた中で残されてしまっている三条の滝

訪れるチャンスが漸く廻って参りました

昨夜は「二度と通りたくないね」と言っていたシルバーラインから御池に入り

寝たのが21時頃 (車中泊)

家から“湯たんぽ”を二つ用意して来ましたので寒さ知らず、快適な夜でした

6時10分、いよいよ出発です

   



昨夜降り続けた雨が木道を濡らしウッカリ「かかと」から着地しようものなら

哀れな姿をさらす事になりかねません




直ぐに御池田代、姫田代の二つの田代を通過し

   

燧裏林道最大の上田代までやってきました

朝食が未だですが未だ食欲が湧かず水分補給休憩です






時期にはワタスゲが一面を覆う湿原は今、草紅葉の見頃を迎えていました

見事な草紅葉です


道は再び深い樹林に閉ざされました

少しばかり早い紅葉に目を奪われた雄さん、ここで派手に  

沢に渡された木橋、大げさな表現をすればまるで氷の橋

ここで滑ったら目も当てられません、この際格好なんてどうでも良し




次に現れたのは横田代

   



ここで今度は私が雄さんの二の枚 

「此れで対だな」と言った雄さん、口も乾かぬうちに二度目の 


ここはのめり田代です

一体、幾つの田代(湿原)を通って来たのでしょう

全てが草紅葉に覆われた気持ちがスカッとする湿原でした






樹林の道もまた楽しからず、樹齢の高い木々が次々に表れ

その造形の面白さに目を奪われます


またまた難所橋

細い上に高さが有り足止めの横木が有りません

足を滑らせたら骨折でしょうね


そんな後にはこんなご褒美が待っていました

昨夜、雪が降ったらしく山の斜面が霧氷に覆われた燧ヶ岳が

コメツガやシラビソの木々の上に姿を現しました

この山を制覇したのは今から16年前

原に落ちる素晴らしい虹を見た記憶が蘇ります




続く

登山・キャンプランキング
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加