たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

祭りを締め括る八木節踊り(中之条・伊勢町祇園祭り)

2017年09月08日 | 年中行事




笛や太鼓の音も高らかに山車が町に繰り出しました

屋台の上で身を乗り出し

パフォーマンスを演じた幼い女の子は今、何歳になっただろうか

口を真一文字にキリッと結び一点を見つめてのあの演技

深く印象に残ったものだが

残念ながら今年はそれを演じる子は居ませんでした



  



伊勢町は上之町、中之町、下之町と3つの町内会に分れ

草津街道の要所として栄えた町だった事も有り何処か我が箕輪とはちがう

上品な空気が漂う町並みが続いています

・・・宿場でも有ったこの街が祭りの趣旨の一つとして
疫病封じの神を祀っての事だったという事が頷ける祭りです・・・

従って各町内会で1台づつ、計3台の山車が

祭りの花・お稚児さんを先頭に一直線に延びた道路を往来し始めました



  

空は徐々に群青色に変わり、と同時に冷気が忍び寄ります

上衣を持って来なかった事を後悔しました

榛名山を一つ越えただけで、これほどの差が有ったんですね






町の中央に山車3台が集結し太鼓の激しい連打が街中に響き渡りました

  



ひとしきり打ち鳴らされた音が一段落し山車は其々持ち場に引き上げます

  





そして、いよいよ恒例の八木節が幕を開けました




♪ ハァー またも出ました三角野郎が

四角四面の櫓の上で音頭とるとは、お恐れながら

しばし御免を被りまして何か一言、読み上げまする

稽古不足で覚束ないが平にその儀はお許しなされ

許しなされば文句にかかるでオオイサネ

各地区で歌の文句は微妙に異なりますが一番を歌っている間

踊り手は全く身じろぎせず顔を伏せジッと待ちます

そして一番が歌い終わるや一斉に力強く立ち上がり軽やかな身のこなしで

花笠をかざし踊りの輪を作ります

と、言う訳なのですが、どうも以前見た時の感動が伝わって参りません

以前は私の記憶が正しければ若い男性のみだった様な気もしますし

動作がキビキビしておりました

では、なぜ感動が伝わって来なかったのか

踊りを待つ間のメリハリが欠けていたんですね



  

                                   ちょっと、そこの帽子の方、邪魔なんですが
                                   と思って良く見たら何だ!雄さんだったか もう・・・

時間帯が夜で有り踊りが激しいと言う事で

ぶれた写真ばかりになってしまいました




八木節はこの後も第三部が有ると言う事でしたが

寒さと期待外れに早々に退散

この声が運営局に届く事を願いながら・・・

人気ブログランキング
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

中之条・伊勢町祇園祭り

2017年09月06日 | 年中行事
随分前に伊勢町の祭りで感動した八木節踊り

あの感動をもう一度と夕方、榛名山の裏側の伊勢町へ行ってみました

最近、祭りと言うと若者のロボットダンスが流行っている様で

ここ伊勢町でも賑やかなミュージックと共に若者が出番を待っています



  




観客席では・・・・・・・・・





  



踊る側も見る側も、どちらもノリノリ

(内心)→夕方になってから出かけて来て良かった、ずっとこれを観ているのは辛い・・よね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  



続いては水かけ大会です

以前は大道芸や手品、和太鼓などで盛り上がっていたものですが

最近は子供中心で祭りを盛り上げようと言う事なのでしょうか

祭り委員会も世代が変わると内容までも変わってしまう様です

  

                      伊勢町のイケメンさん


最近、ケバブを売る屋台が祭りには付きものになりましたね

私は食した事は有りませんがどうなのでしょう、お味は


懐かしい金魚すくい、こんな光景がやはり祭りらしい


ここは草津温泉や四万温泉への街道筋に当たる為

昔は旅籠が軒を連ねていたのでしょう

今もその名残を留める看板やお出迎えの人形をアチコチで目に致します

しかしデコボコ館さんとは・・・ん? オウトツ館さんかな?


(本日はコメント欄を閉じさせて頂きました)

人気ブログランキング
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南牧村の「ひとぼし」

2017年08月16日 | 年中行事

8月14・15日 南牧村大日向で「ひとぼし」が今年も行われました

国指定・選択民族文化財に指定されているこの祭り、400年の歴史を持っています

「甲斐の武田が上州に攻め入った時に領主・小幡氏の圧政に苦しんでいた村民が

武田方に味方し松明に火を点じて多数の武田勢にみせかけ

小幡群を打ち破ったという史実に求められており

その時の喜びを火祭りの形で伝えたのがこの行事で有ると言われている」

以前は近隣地区の何カ所かで行っていたという事ですが少子化や過疎などの

影響で現在では、ここ大日向地区に伝承されているのみだそうです

  



此処の所の悪天で水かさを増した南牧川を挟んで対岸に建つのが安養寺

ちょうどサルスベリのピンクが寺を彩っておりました




「ひとぼし」は18時から行われますが私達が付いた時には

ベストスポットを決めて陣取ったカメラマンがこの通り






先ずは小手調べ

カメラを持つこちらも小手調べ、もう少し暗さが欲しいですね


束ねた稲わらに火を点け欄干から身を乗り出して力いっぱい振り回します

  







お見事!

ハッピを纏っていないので素人さんの様ですが中々力強いですね




燃え盛りながら炎が弧を描いて勇壮に回転し




太鼓の音もいよいよ激しく谷あいに響き渡れば

回し手の腕にも一段と力が漲ってまいりました




橋に移動すると「この煙を浴びると風邪をひかないのよ」と

お孫さんに話して聞かせているお婆ちゃん

お盆で田舎に帰って来たのでしょうか

しっかり手を繋いでいる可愛い坊やの姿が有りました


橋のたもとでは大勢の参加を待って稲わらの束作りが休む事無く行われています




19時を回った頃、雨滴が頬を濡らしたのを合図に私達は退散


シャトルバス利用者が長い行列を作っていましたので駐車場までの15分

家々の盆飾りを眺めながら帰途に着きました


人気ブログランキング
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

(2)沼田祭り 勇壮な「まんどう」の集結

2017年08月10日 | 年中行事
天狗みこしが街を練り歩いている間、「まんどう」が笛や太鼓の音も高らかに

いよいよ動き始めました



  

通りも一段と賑やかさを増してきました





  









さぁ、ちびっ子 晴れの舞台だよ 張り切って行こう!






何処か艶っぽい


ホ・ホ!!








曳き手も大声を出し力いっぱい綱を引っ張ります

子供みこしも可愛いものですね

  

出ました!お尻丸出しの旦那衆




エイサ・ホイサ 子供に負けず頑張らにゃ~


本日のメインイベント

各町内、それぞれ趣向を凝らして10台

一台、また一台と市役所に集結いたしました




大きな、まんどうを定位置に納める為に奮闘する各町内の世話人が奮闘

その間も笛や太鼓のお囃子は鳴り続け祭りは最高潮に達します






実に勇壮な光景です

16時半に来て19時半 たかさん、少々疲れました

天狗みこしは今頃どの辺りを流しているのでしょうか

それを待たず、20時から始まる千人踊りも今回は諦めて駐車場へ向かいました


人気ブログランキング
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

(1)沼田祭り 「天狗御輿」

2017年08月08日 | 年中行事



天狗みこしが17時から開始されるとの事で4時半頃祭り会場を訪れました

しかし17時と言うのは祈願祭や有志の挨拶などが始まる時刻であり

町内を練り歩くのは18時半ころだと言います

あと2時間余り、する事も無く祭りの雰囲気をカメラに収めるべく

通りをぶらりと歩いてみる事にしました

沼田市と言えば真田信之ゆかりの城下町

祇園祭(おぎょん祭り)は江戸時代を起源に登場し

昭和45年に沼田祭りとして定着しました

「蚕すんだら沼田の祭り 連れて行くから辛抱おしよ」の言葉に慰められ

村の衆は辛い養蚕作業に精を出したと言われます











出番前の一時

各町内の「まんどう→山車」は既に準備万端

参加者の顔にも緊張感は見えません



  





祈念の写真を撮り合ったりカメラを向ければポーズを取ってくれたり・・・





オー! いい笑顔ですねぇ



  

18時、乾杯の音頭が取られ、いよいよ出陣の時が参りました

写真でもお分かりの様にこの神輿は女性だけで担ぎ今日から三日間

毎夕、街のメイン道路に繰り出されます




この天狗、顔の丈4・3m  幅2・3m  鼻の高さ2・9m

沼田青年会議所が諸願成就を記念し迦葉山(かしょうざん)に

奉納された張り子の天狗です

上州女の掛け声も勇ましく道路へと一歩踏み出しました

一度は見てみたかった天狗みこし 念願が果たせました



人気ブログランキング
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加