2017-08-05 19:12:57 | 日記
恩師の葬儀から三日経った

いつかそんな日が来ると思っていた

打撃、悲哀、沈痛、感傷などはない

灰色の無味乾燥、不健康、困惑、そんな中にいる

面白い話があるとお手紙に書こうと思い

ばかなことをしたら評価していただこうと思い

季節の野花をみつけたらお送りしようと思ってきた自分の癖に気づき

今はそれにいちいち水をかけて否定している

きっと時が救ってくれるのだろう

今年もまた厳しい夏
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残暑見舞 | トップ | 新パソコン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL