市ヶ谷フィッシュセンター

2016-12-02 17:29:59 | 日記
飯田橋駅には外濠の中に昔からの水上カフェがあるが

市ヶ谷駅には釣り堀がある

総武線のホームまたは電車の中からよーく見える

つまりこれはお濠の一部だ

映画のロケなどによく使われ

テレビドラマの「臨場」にはよく出てきたし(見てないのに知っている)

サントリーのCMで西田敏行と菅野美穂がすわったところらしい

一度おりてみたいと思うのだが釣りはしたくない

今までに一度だけ行った釣り堀は遊園地の多摩川園にあった

ボーイフレンドと軽い気持ちで釣り糸を垂れたら

まさに入れ食いですぐにニジマスが跳ね

私は悲鳴を上げた

誰か針をはずしてー、もうお魚要らないから助けてやってー、と

釣り堀の人はもうこの状態では助からないから調理しましょう、と

それでその日大学を病欠した友人の家に見舞に持って行くことにした

という思い出があるので

釣り堀には近寄らない

あの多摩川園はなくなり、駅名も多摩川園前⇒多摩川園⇒多摩川と変化した

それでも市ヶ谷フィッシュセンターに行ってみたいのは

釣り堀の横に植木鉢が沢山あって何かの植物を売っているから

写真の左上のレトロな橋は人のためのものではなく水道管が通っているらしい

今度市ヶ谷で下車してみよう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉狩

2016-12-01 23:55:21 | 日記
折角の大木の紅葉

我が家の前の公園では業者が大々的に落葉樹の枝を伐っている

しかし先日うちの前の落ち葉を掃きながら

けやき?うちの木じゃないのに飛んできて迷惑と思ったのは確か

こういう話はよくあるし

大学の講義でも都の公園の人が近所から木を伐らされる話をしていた

私が福岡のお屋敷の斜面で植生調査をしていたら

下の家の人から話しかけられた

「市の方ですか」

「いえ、調査をしているだけです」

「じゃあ市の人に云っていて下さい。落ち葉がひどいからその辺の木を伐るように」

「はあ…」

私は伝えなかったけれど、その後無残にも何本もの木が切られた。

お屋敷の方が古くて木は前からあったのにそこに越して来たんだから…

こういう場合法的にも伐ってくれという権利はあるみたいだ

だから家の周辺には常緑樹が使われる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハゼノキ

2016-11-30 20:36:40 | 生物
九月に九州自動車道を走ったとき

道の両側に白い花が目立った

羽状複葉なのでこの辺に多いハゼノキかとも思うのだが

花の付き方がシモツケソウのように尖って房を作っている

トウネズミモチの花にも似ているが葉が違う

何しろ高速道路だから車を止めることもできない

この気になる疑問は翌日、福岡で整備しているお屋敷で解決した

同じ花をじっと観察できたからだ

ヌルデだった

ハゼノキと同じくウルシ科ウルシ属

どちらもかぶれる(私らはまけると言った)

子供の頃我が家にはどちらもあった

ハゼノキの大木は我が家の森のはずれの崖からはみだしていて

崖下にあるアパートの人が

子供がハゼマケするから伐ってくれと言いに来た

そういう話は東京では考えられない

まずウルシ科の木を九州ほど頻繁に見ないし大木はめったに見ないから

これは私の散歩道で紅葉するハゼノキ
        

福岡県久留米市にはハゼ並木が天然記念物になり

毎年櫨祭が行われる場所がある

久留米出身の画家・青木繁は

我が国は筑紫の国や白日別 母います国櫨多き国

と詠んだ。白日別とは古事記にある筑紫の国

櫨祭はこの歌碑の前で行われるそうだ。どんなに素晴らしい紅葉だろう

丁度今頃だ。行ってみたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会議事堂前

2016-11-29 19:59:24 | 日記
国会図書館までの道
        

もう有楽町線からでも千代田線からでもわかるようになってきた

最初は国会図書館なんて複雑そうでわずらわしいと思っていた

それでも何回か行くとシステムや構造がわかってきて

本当に便利で有難い情報の宝庫だと楽しくなってきた

以前は広尾の都立中央図書館が私の中ではそんな役目をしていた

今は地下鉄で三駅の国会図書館の方が便利になっている
        

今回の利用目的は
        

先日目を通した故郷の歴史、昭和15年刊「福岡市野間多賀町沿革誌」をコピーすること

利用カードの登録も済んでいるので

図書館の人にデジタル資料となっている該当資料のコピー操作を指導してもらい

数分後に複写受付に行くと64枚がもう受け取れた。
        

図書館も有難いし

このような貴重な記録をまとめて残してくれた先人たちにも深く感謝した
        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うまい広告

2016-11-28 23:30:20 | 日記
山手線・高田馬場駅のホームで

後ろを見るとアルバイトニュースの看板

これは誰の写真だろう

生え際が後退し、茶色に染めた頭も白髪が伸びてきている

蛭子能収みたいなペーソスをかもすおっさんかな

知りたい知りたいと近づいてみると

ガーン
        

線路への人の落下防止に作られたホームドアの壁で

丁度ひたいしか見えないようにデザインされている

うまいっ!

山手線に乗ると

風邪ひいてまんねんの改源の広告
        

いいなあこの昭和臭

特に湯吞が

平成生まれにはわからないだろうが

ふつうに見ていたのに今は少なくなった大量生産の湯のみ

こうして出されると

以前は当たり前だったのに今は珍しいものがわかる



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治神宮

2016-11-26 20:16:33 | 日記
いつも山手線の原宿駅を通過するたびに

あの緑の森に入ってみたいと思っていた

なにしろ大学一年の時しか入っていない(アタシの記憶が正しければね)

真冬になったら植物の数が減るからと一念発起

これが大変だった

原宿駅の混雑はいったいどうしたのだというほど

外国人も多い

鳥居を写すとおっさんの頭が入る
        

そして広いんだわ
                

あるいてもあるいても入口みたいなところに達しない
        
        

膝痛が…

二キロ進むということは往復四キロ歩くと言うことになる

いやだもう今日はこれまで
        

入口にも達せずに帰りは細道を選ぶと紀念植樹されたモミの木を見つけた
        

代々木と言う地名はモミの木のことだって知らなかった

森の下草にはチヂミザサが侵食中
        

ムラサキシキブの紅葉も美しい
        

園芸種のように沢山の実をつけてなくていい

ヤブムラサキなら葉もビロード感触でもっといいが

関東では望めない

一番の収穫は花茗荷
        

湯河原のお屋敷の庭で見たのは実のない時期だった

実を付けたのを見るのは初めて

黄から赤までの鮮やかなグラデーションに目を奪われた
        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんジャム

2016-11-24 20:11:22 | 美食
ついにでましたね

あんジャム

2011年9月6日に餡サンドというのを載せたことがあります

そのときはこしあんを使いました

最近トーストに餡を付けたのを食べたくなったのに

こし餡では物足りず、

煮あずきとも違う、粒あんとも違う味を求めていたのにみつからなくて

我慢していました

これこれ、こんな感じ

ふと思いついてりんごも使ってみました
        

トーストはフライパンで焼きます

その時一緒にリンゴも焼きます

そしてトーストの上にリンゴとあんジャムを載せて

ぴったりの相性でした

ほんとはあまり好きじゃない小豆のアク風味が

リンゴで消されてすんなり食べられました

あんジャムには小倉トーストにどうぞと書かれています

ならば小倉ジャムと名乗ればいいのに


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川

2016-11-23 20:53:22 | 日記
10/31日に載せたイシミカワが

きっと濃く色づいている頃

あるいはさらに進んで実を採取できるころ

フリータイムができたので

またご苦労さんにも千葉県柏市まで常磐線に乗って

ただし同じ大堀川でも上流の駅である豊四季(東武野田線)でおりてみた

しかし河辺にはおりられない
        

草刈が結構すすんでいる

あるのは都会でも見られるような

ひよどりじょうご
        

からすうり
        

アメリカセンダングサ
        

アレチウリ
        


        

わずかに蕎麦ははなひらいているが…
        

イシミカワはまったく見えない

まずった、前回と同じ北柏でおりるべきだった

明日は雪だというし、次に暖かい日はいつ
        

と六キロ歩いて疲れ果てて帰りの電車に乗った

ら車中から松戸の先で赤黄混じって際立って美しい紅葉の高木の林が見えた

一瞬だが「戸定邸」と読めた

帰宅してネットで調べたら確かにその名前はあり(我ながら獲物をみつける凄い動体視力)
        

水戸徳川家最後の庭で明治中ごろにつくられたものだそうだ

行くべし

次に暖かい日はいつ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伏見人形

2016-11-23 04:03:00 | 日記
残念ながら私の人形ではない

近所の和菓子やに飾ってあるもの

わかりにくいかもしれないが

両手にそれぞれ割った饅頭をもっている

京都の饅頭屋(おまんやはん)では時々みかけた

代表的な伏見人形のモチーフで

きものは色々なタイプがあって

裃をつけたものもある

これは饅頭喰いという人形で

父さん母さんのどっちが好きかと問われた子供が

饅頭を割ってそのどっちがおいしいかと問うているようなものだと答えている

伏見人形は日本の土人形のルーツともいわれる古いもので

名前の通り伏見稲荷の近くに「丹嘉」という店が残っている

素朴ながら色彩の華やかさがあり

人形の題材も昔話にででくるようなキャラクターが多い

一つほしいなあとおもうけれど

ものがふえても困るので丹嘉にいってミュージアムのように眺めるばかり

神楽坂の店で出会うとは

このショーウィンドウは時々中身がかわるけれど

できれば長くかざっていてほしい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外バージョン

2016-11-21 23:06:28 | 日記
PPAP

そろそろ元歌に飽きたけど

海外ではこれをパロディ化したYoutube作品が

7万もあるとか

まだまだ退屈しません

先日書いたオランダのW&Wもすごいけれど

インドバージョンがまさにインド風で笑える
https://www.youtube.com/watch?v=8uAqHbHTn8Q
        

一番の力作と思ったのは

一人でプレスリーやマイケルジャクソンなど15役を演じて

局もそれら風にアレンジしたもの
https://www.youtube.com/watch?v=OBYhViG-p1Y
        

ほかにも色々笑えるのがあったけど私にはうまくURLが拾えなくて

またいつか紹介させて下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加