三代目

2016-05-27 21:39:39 | 日記
といってもJ.SOUL BROTHERSじゃないよ

あ、そうだ三台目と書かないといけないのでした

デジカメが壊れたと載せたら

ノリコさん(の夫君)が使ってないのがあるからとくれました
        

トリセツもちゃんと揃っていてすごい
        

私だったら邪魔になるぅとすぐに捨てているところです

さ、これからどんどん働いてもらいましょう

ところでJ.SOUL BROTHERSというのは

EXILEの前身で、そこから派生してまた残りのJSBで二代目を作り

と繰り返して今三代目らしい

あれ系わたしは全然好きじゃない

テレビを持たない私がなぜかたまたま見たテレビは

天皇陛下即位20年記念式典でしたが

お祝いにEXILE ! えーっ

陛下はなんと思われただろうか

これぞ平成の象徴ということなんですかね

ある人がネットでそのことを批判して

EXILEファンに叩かれていましたね

でも私は劇団EXILEの町田啓太のファンです

早くEXILEのEXILE(亡命者)になってほしいとは思っているけど

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上開進堂

2016-05-26 19:14:44 | 美食
いつも麹町・村上開進堂のクッキーを送って下さる方から

京都寺町・村上開進堂のクッキーが届き
        

おや

京都と麹町は創始者が親戚だったとかなんとか

京都の開進堂は私のカフェの近くでもあり、

前をとおったことは何度もあるが

一回ロシアケーキを買った記憶しかない

京都の開進堂のクッキーは要予約で高価だから

自分のために買うことはまずない
       

さらに人のために京都でクッキーを買うなんて考えもしなかった

してお味は?
        

ふうむ、そうきたか

これはどこにもないクッキーで

バターくさくなく固くなく、とてもいい味だと思う

週末までになくなるので

試食希望の方はお早目に


これまで麹町の空き缶に文子の冬毛をためてきたが
        

これからは寺町の空き缶になる
        

かな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サポーター

2016-05-25 20:54:44 | 生物
単純に訳せば応援者だけど

野球では使わなくて

サッカーの観客という意味から広まった

トレイルランニングの世界でもサポーターという語がつかわれる

しかし見物応援者の意味ではなく

特別な応援者の意味になる

それもモンブランや富士山一周などの大レースで登場する

選手のサポートをエイド(休憩地)で待機して行う人で

前もって選手から許可を得てナンバーカードをもらう

選手に触れたり飲食物を提供できるのはこのサポーターだけである

エイドではサポート区域というものがあって

単なる応援者は入れない

サポーターに指定されていても

長々とそこにはいっていてはダメで

GPS情報により選手が到着しそうな30分前からしか入れない

それでサポーターは選手が必要としそうなこまごまとしたものや飲食物を

ずらっとテーブルの上に広げてさっと利用できるようにして待つ

のを何回か映像で見たことがある

私もサポーターとしてレースを見たい

でもテーブルにずらっと並べたりは無しで

ただ一番近くでレースと選手の様子を見たいだけ

つまり歌舞伎座で一番いい席は出演している役者に頼むようなもの

て、今日のタイトルはこのサポーターの話じゃなかったんです

こちら
        

とうとう私の膝は年齢相応にいけなくなり

寝ても起きても歩いても痛み、ましてや階段なんか恐怖

それでひとのすすめで3000円もするサポーターを買ってみました

おばあさんが階段で難儀している絵のあるのと

女性ランナーが走っている絵のある箱の二種があったので

後者を買いましたが

どこにも痛みが治るとかは書いてありません

一日足に巻き付けて何の変化も感じません

それどころかかぶれてかゆくて耐えられない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

比叡越え

2016-05-24 21:13:06 | 日記
毎週私が楽しみにしている

ネット無料配信番組の大阪MBS放送「ちちんぷいぷい」の中の昔の人はえらかったコーナー
        

関西はどこを通ってもなにかしら歴史のある足跡が出てきていいもんね

はー懐かしい、もしかしたら私の前世は関西人

今回は比叡山を坂本口から登って京都市の修学院に下りるというコースを紹介
        

歩くのはいつもの河田アナウンサーとヘタレのくっすん
        

途中七日間飲まず食わず眠らずの修行をした阿闍梨さんの話も聞き

林の中を抜け、道ともいえない狭い坂を下る
        
        

あ、これってトレイルランニングみたいじゃない?

って思っていた頃

リアルタイムで比叡をトレランで越えている人がいた

日本のトレラン界の先駆者石川弘樹

何がどう先駆者かというと

日本でまだトレランがはやらない頃から主要レースや海外レースに出ていた

先駆者という言葉でおもいだすことがある

週刊誌の見出しに、先駆者日本テレビ、老大国TBS、新興フジテレビと分けていたのを

その意味では先駆者石川弘樹、老大国鏑木毅、新興上田瑠偉だろうか

近年あとの二人に押されて石川は何も記録を残していない

それかどうか今回東海自然歩道を最速で踏破するという試みに出た

東京高尾山を出発して二週間、三重県から滋賀に入ったところで
        

おそらく比叡の登り口で一泊するだろうと思われた

彼の位置はGPS装置があるのでネット上で常に確かめられた
        

比叡が近づいたのに夜になっても移動が続いている

ついには京都市の大原にまで下りた

そして私が造形大でレポートのために放り出されたハーブのベニシアさんちの近くの田舎道に達している

私が行ったときは教授から大原の村おこしは何が良いかをを探せという授業だった

私がひとりで誰もいない農道を進むと北山トレイルと書かれた林に続く道があり

そこに吸い込まれていく一人のランナーが見えた

そうだ、私はトレランで村おこしをというレポートにしようと決めた

その北山トレイルの細道を、夜をかけて石川が走っている

そして翌朝見ると彼は鞍馬から高雄を越え、嵐山公園にまで来ていた

そうかなんとしても今日箕面にゴールするつもりなのだ

途中は外出する用事があって見られなかったけれど

帰宅するとすでにゴールの写真とGPSの位置があった
        
        


あのーすんません

好きな歌うたってもいいですか

‘花も嵐も踏み越えて
 行くが男の生きる道
 鳴いてくれるなほろほろ鳥よ
 月の比叡をひとり行く’

愛染かつらの主題歌「旅の夜風」でした



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向島百花苑

2016-05-23 17:26:50 | 日記
いまや遠足塾と化した料理塾

今日は墨田区の向島百花苑へ

江戸時代からの庭だったということで色々な人の句碑がある

それはいいとして竹垣を通り過ぎて
        

一行は電柱に矢印のあった店へとそれるのであった
        

きび団子の店。私はわらびもちを購入
        

そして百花苑の中に入ってまずはお茶そしてお弁当

はあー、いい気持ち
        

29℃とはいうけれど木陰は風が涼しくて

ここはほんにいいところ
        
        

地面がむき出しのところがなく、緑で覆われている

自動販売機がなく、茶店しかないので
        

あのゴロゴロドテッという音も聞くことがない

生えている草木はすべて日本のゆかしいもの

京鹿の子(写真がまずくてごめん)
        

うつぎ=うのはな(写真がまずくてごめん)
        

睡蓮
        

むらさきせんだいはぎ(普通のせんだいはぎは黄色で別の属になる)

あ、外来のカルミアもあるけど何かこれは日本庭園に合う
        

全部まわったらもう一回お茶

茶店ではお盆で渡してくれるので、それを店の前の台で頂く
        
        

それでも一番おもしろかったのは

水の中に大小多数いたザリガニが
        

鉄棒をうばいあい、ぶらさがった相手のスキを見ては攻撃していたこと

食べ物の奪い合いならわかるけれど

おもちゃの奪い合いをするなんて人間みたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カタログ

2016-05-21 22:52:09 | 日記
以前プリンターを買ったのかなあ

ジャパネットたかたを利用したことがあって

以来ときどきカタログが送られてくる
        

いつも開封しないままポイなのに

なんかあるかなあと

開いてみた


ほしいものある

最近のタブレット
        

デスク周りの配線が邪魔でなんとかしたいと思っている

ヤマダクンに聞いたら

タブレットはDVDがみられないとかUSBが使えないとかの欠点があるそうな

うーん検討中

ジャパネットの前社長、好きだったので引退なさって残念

一度本物を見たことがある

福岡空港でおつきの人を伴って歩いていた

有名人らしく、人と目が合うとそらさず軽くほほえんでスマートでステキだった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この実

2016-05-20 20:19:09 | 美食
これ

何だかわかりますかー

あれ、あれなんです

おととい載せた梅の木の前におばあさんがいたので

我慢できずに話しかけました

「この梅、可愛いですねえ」

そしたら

「あげましょうか、いっぱいあるから」

さっと家の中に入って

こんなに沢山くれました

いつの間にこんなに沢山生っていたのか

見ず知らずの名前も聞かない私にくれるなんて

梅と同じくかわいいおばあさんでした

おばあさんってお前もおばあさんじゃないかって

私はそのように自虐的に言うのは好きではないのです

それにおばあさんは別に悪くないと思うし

何歳からがおばあさんかはわかりませんが

子供を子供と表現して悪くないのと同様に

おばあさんはおばあさんでいいでしょう

そんならお前もおばあさんって、もういい

梅干しなんとか、いえ私は梅干しつくったことないし

これはお菓子につかうんです

フランスのミラベルが日本にもないかなあと常々思っていて

梅をそのようにしてみたい

あーあ、やっとジャム作りを終えて

今日全部発送したと肩の荷をおろしていたのに

よし今から頑張る

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゲンビシンカンセン

2016-05-20 02:20:31 | 日記
ちょっとお夕寝のはずが本格的に寝入って今頃起きました

冷蔵庫にお豆腐が残っていたのを思い出し

すぐに使い切らないといけないので

炒り豆腐を作って

あ、ブログも書いてない


この頃時々駅や車内で見るGENBI SHINKANSENのポスター

いかんなあまたこれも
        

GENBIやのうてGEMBIでしょうがあ

高校時代、シスターの英語の時間に

「P B Mの前はM」と声に出して復唱させられた

何のことかというと

日本語で「ん、ン」にあたる語をアルファベット表記するとき

PBMの前にくる場合はNではなくMとするようにというもの

なぜならPBMは唇を閉じる破裂音なので

その前の「ん」も口を閉じて発音することになる

だからその「ん」はNではなくてMになっているという

たとえばトンボ鉛筆のTOMBOWは正しくて、ヤンマーディーゼルのYANMERはおかしいということになる

そのことを気にし始めると色々目についてくる

ところでGENBI SHUNKANSENってナニ?

厳美渓を通るの?いやあれは岩手だが、GENBIは新潟の新幹線らしい

それとポスターについているへんな源氏香みたいな文字は意味がわからん
        

でしらべたら現と美をあらわしているらしい

それが何なのかというと現代美術の略で

世界最速の美術館とか

?

窓外に見える景色が世界一速く移り変わるから?

ではなくて、どうも車内に作品が展示されているらしい

あー、ここまで理解するのに何回?を発したことか

もっとポスター一枚ですぐにわかるようにできんもんかい

あのポスター、いやそれ以前にこの車内美術館の企画は失敗です!


では専門家に絶賛されたカズレーザーの俳句でお口直しを

「窓外を300キロで青葉行く」

その視点が面白いので、ただ者ではないと評された
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後の葉と実

2016-05-18 21:26:39 | 生物
4月16日に載せた

花の柄に出たシクラメンの葉

花の季節も終わって

こうなりました
                

3月31日に載せた

近所のかわいい梅の実

葉が茂ってこうなりました
        

この家の人は世話をして眺めるだけで満足なのかなあ

私だったら砂糖で煮てタルトにする

葉でも実でもないけど

以前書いたカズレーザー

活躍しています

またクイズ番組に出て宇治原を抜き

江戸時代の箱から頭に糸のようなものをつないでいる図絵に、

これは何と問われて早押し「エレキテル」正解

外国の古い写真に居ぬと一緒にうつっている人々と男に

これは誰と問われて早押し「イワン・パブロフ」正解

パブロフだと当てるのもすごいし、ふつうならパブロフですませるところをイワンまでつけて

もうお笑いやめなはれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観劇

2016-05-17 20:51:05 | 日記
久々に自由時間ができたので

遠出して五月の空気を吸おうと思ったのに

予報に反して午後になっても雨がやまない

なんかほかの気晴らしに変えねば

近場でギンレイホールの映画を見に
        

『パリの遺産相続人』タイトルもポスターもよげで期待して席にすわったら

フランス語じゃなーい

出てくる人はニューヨークから来た人やら

パリで英語を教える人やら

近頃よくあるフランスの映画なのにセリフが英語というやつ

ストーリーは間延びしてはいないのに

つい眠ってしまった

それはいつもお夕寝する習慣ができているせいでもある

好きな映画ではなかった

辛気臭いというのか安直というのか

センスがない!こんな人たち見たくない



        
これは42年前に日生劇場で蜷川幸雄からもらったもの

『ロミオとジュリエット』初めての商業演劇演出だった

薄暗い劇場の壁によりかかって舞台の様子をみていた彼に話しかけた

私は彼が演出家をしながら卑怯者の侍役などの俳優をしていたのを知っていたけど

誰も彼に気づいていなかった

それから彼は爆発的に大作に挑戦していくことになる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加