リョウの近況

筆不精のリョウが親・子・兄弟・親戚・友人・知人・幼なじみ達と彼らの友人達にお届けする究極のエコ便りです。

婦人会

2017-01-25 16:20:06 | NZにて
ハロー!

先週の土曜日(21日)に婦人会がありました。
正式な名称は「オークランド・レディース会」というのだそうです。
今年は50周年記念の年ということで最初から参加されている人が挨拶されました。

会員は現在55名。ほとんどの人が国際結婚をした人や永住者です。
20年・30年住んでいる人はザラで50数年という人もちらほらいます。

このレディース会も紆余曲折があったようでやはり永住者と駐在している人とはちょっと考え方に違いがあり昔は暗に上下関係があったり仲の良い人が固まっていたりで居心地も悪かったそうです。
そして一度解散(分裂?)して改めて「オークランド・レディース会」と名前も変えて再出発したとのことでした。

この会の目的は年に3回(1月・5月・9月)集まって楽しくランチとおしゃべりを楽しむ会なのだそうです。
幹事は原則として60才以上は免除。
しかしいつも次回の幹事はボランティアで挙手をし、その人にサポートできる人が何人かで幹事をしています。
友人同士だったり家が近いからということで直ぐに決まります。
私は今回で3回目の出席でしたがいつも次回の幹事は直ぐに決まります。
60才以上は免除されているのですが挙手をする人は既に70才を超えていると思われる人たちですが皆さんとても元気が良くて明るい人たちばかりです。

席はくじ引きで決まります。
今回私の両隣の人は在住歴22年と51年という人でした。

お二人とも国際結婚をした人で在住22年の人は昨年ご主人を亡くされた方でした。
草月のお花の先生をしているそうで土曜日はお稽古の日なので休めないから毎年1月だけ参加しているとのことでした。
なぜなら1月は毎年日本レストランでお節を頂けるからとのことでした。
いろいろ話をしていると、もしやあの人では?という繋がりを感じたので聞いてみました。
思った通りの人でした。夫も仕事で一度か2度お会いしたことがあり、知人(男性)のお花の先生でした。
急に以前から知っていたかのように親しみを感じました。

在住51年の人はとても上品で日本語がとてもきれいな人です。こんなきれいな日本語を話される人はきっとお家柄も良かったのでは?と想像してしまいました。
元々通訳の仕事をしていて東京オリンピックの翌年に26才でNZに来たと言っていました。

もっともっと50年まえのNZの様子など沢山聞いてみたいこともありましたが1月恒例のビンゴ大会が始まったのでそれ以上お話をすることはできませんでした。
私はビンゴでNZでも有名な「ビラ・マリア」のワインをゲットしました。まだ飲んでいません。

毎回とても刺激を受ける会です。次回は5月です。楽しみに待っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« カウントダウンと年越し花火 | トップ | 教えてください »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
婦人会 (おせっちゃん)
2017-01-26 08:29:12
遠い土地と思いますが、こうした日本人会が開かれるのですね。異国での集まり、また違った日本人を見つけるかもしれませんね。
おせっちゃん様 (リョウ)
2017-01-26 14:45:50
顔はすっかりヨーロピアンの方が一人いるのですが気持ちはしっかり日本人でした。
いつもこの会には着物姿でいらっしゃるのですがお茶の先生もされているそうです。
興味をそそられる人たちが沢山いらっしゃいます。

コメントを投稿

NZにて」カテゴリの最新記事