気 楽 荘
趣味の事やら、日々の事、
思いつくままお気楽に。
 




中々ようできた(良いとはニュアンスが違う)作品でした。
藤原竜也が突然名乗り出た動機は察しのいい人なら
すぐに気づくでしょう。でもそこからが「おおっ、そうきたか」と・・。
ここらあたりの展開には気がまわらなったので、
「やられたなぁ」と思い、点をつけるなら
10点満点の8.5ぐらいはあげてもいい。

ただ、一つだけ気になる点が、
地図を手に入れたのがどのタイミングだったかということ。
気がついた後か、前かで展開に問題が出てきそうな気がした。
自分の勘違いかも知れないが前だったような・・・・。

あと、犯人は・・・触れると面白くないので
何も書きません。

あと、6人目の被害者の存在を突っ込まれた際の
藤原竜也の表情の変化に気をつけていなかったことが
悔やまれる。そういう意味ではもう一度観たいと思ったが
さすがにそこまでは・・・。

どんなもんかなぁぐらいの期待度で観たのもよかったと。
思いのほかようできた映画でした。
でも、あれだけ世間を騒がせたのに何のお咎めも
なかったのかなぁと思ったのは自分だけだろうか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ピチピチ、チ... グルーガンで... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。