八重山ひとりじめ

石垣島の小さな農村より

対症療法が嫌いな理由

2017年03月15日 13時29分37秒 | 赤瓦家 古民家再再生奮闘記

 「N○SAで新開発された、防水塗料ですっ!」みたいなことを言われたら、流されてしまう気持ちは判らないでもない。

 しかし、これは無いだろ。全然古民家っぽくない! しかし、これで実は50万円以上はかけられている。

 お構いなしに上だけ白の防水塗料をドバッとかけて、赤瓦風のお絵描きをしただけ。。。
 補修の漆喰が、気持ち悪いほど馴染まない。親和性がないとは、これのことか...



 例えばですよ。原因不明の複雑骨折をして、表皮が切れて血が出ているところに、N○SAの絆創膏を貼って安心ですか?!

 
 「骨、治さんと。。。」


 結局こういうこと大棟でやっぱり陥没しているサァ


 複雑骨折しているのに... いや、そもそも原因不明なのに、根治しようとしないのが西洋医学。

 確かに助かる。痛みから一刻も早く逃れたい。ボルタレン様、デパス様。。。アリガトウゴザイマス



 これは医学というより、哲学の問題なのかもな???

 対症療法ってやっぱり好きじゃない...
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすがに。。。 | トップ | 黒いペラペラの悪魔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

赤瓦家 古民家再再生奮闘記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL