島便り

スペインはマヨルカ。2004年9月生まれの息子、2009年6月生まれの娘と、島出身のだんなとの4人家族の日々。

あれから三週間

2017年06月13日 | 日常
今日でちょうど三週間。

あの日もこのくらいの時間でした。
11:00.
仕事中で12:00からは学期末テストを控えているところで、ナダールから連絡を受けました。

パパが亡くなった。

なにかの間違いなのか、聞き間違いなのか。
でもナダールの声が事実だということを物語っていました。

心臓発作。

前日は大好きなゴルフをして、自宅で泳いで、いつものようにパートナーのドナと夕食をとり、明日はゆっくり寝てたいから、起こさないで、とベットに入り、そのまま目を覚ましませんでした。
きっと本人も死んでしまったことに気づいてない。



この写真は亡くなる3日前。こういうレトロな車でも買おうかなあ、なんていって友人と遊んでいたそうです。
友人が送ってくれました。

お通夜では、私の知らない義父の友人が続々と集まり、驚きと悲しみの中、思い出話に花が咲きました。思い出話といったって、つい前日の人もいたりで、それは辛い時間だったけれど、話を聞けたのはよかった。

ちょうどユイのコンクール受賞の話題で前の週に盛り上がっていたそうで、友人たちもまるで自分の孫のように、その場にいたユイを祝福してくれました。
そういえば、義父のベットサイドにユイが載った新聞が置いてありました。

友人たちは、ワイン仲間、ゴルフ仲間など、リタイアしてからよく集まっていた人達。
彼らが、私を見て

「あーきみが自慢の嫁さんかあ」

と言ってきたのには正直驚きました。
可愛がってもらったけれど、私と義父は面と向かってよく衝突したから。
でも言いたいことを顔を見ていうので、後味は悪くなく、必ずそのあといいワインを開けてくれました。
まあ飲めや、みたいな感じで。

1995年、ナダールとドイツで知り合って、夏休みをマヨルカで過ごすことになり、空港に息子の彼女を迎えに来てくれたのが出会いでした。
こちらでは彼や彼女の両親も名前で呼びますが、日本を離れてまだ日が浅かった私は、なんとお呼びしていいのかわからない。おまけに自分の彼と同じ名前。
なので、息子たちと同じく「パパ」と呼ばせてもらいました。

ヘンテコリンなアジア人にいきなりパパと呼ばれて、どう思ったんだろう。
でもそれからずっとパパ、と呼び続けることになりました。

サングラスをかけて、大きなVOLVOに乗り、なんだか異次元なところに来ちゃったなぁ、と思った事を昨日のことのように思い出します。

享年70歳。
健康面になにも問題なく、もっともっとリタイアライフを満喫したかっただろうパパ。
3週間経って、悲しみは癒えて来ているけれど、寂しさは増すばかりです。

今、会いたいね、とナダールとよく話します。
ナダールはパパっ子なので、相当参っているけれど、日々やることはあるし、こうやって時間が過ぎていく。

昨日、パパの自宅の庭師に指示を出しに行ったナダール。
庭師さんに「指示の仕方が親父さんにそっくりだ」と言われたそうです。
姿はなくなっても、どこかで繋がっている感じで、ナダールが笑いながら話してくれました。

時間と共に忘れることと、時間と共に浮き彫りになることの両方が、残されたものが味わう近親者の死、なのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫蘇の季節 | トップ | 誕生日旅行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL