日々の幸せを育んで

シーズーのマリー、チベタンテリアのアンとの平凡な暮らしの中で気づいた、『日々の小さな幸せ』を書き綴ったブログです。

春だから・・・?

2017年04月25日 15時15分00秒 | 日々の暮らし

お昼の間は、初夏の様な暑さで、半袖を着ていても大丈夫なのに、朝晩は寒くて、毛のセーターを着ています。

1日の内で、こんなにも気温差があるので、風邪を引いている人が多いみたいです。

お庭のコデマリが、とってもきれいに咲いていて、今朝雨戸を開けた時、真っ白なコデマリの花が目に飛び込んで来て、
「わぁ~、きれい~!」
って声を出して言ってしまいました。

               

お隣との境に植わっている金木犀(↑)が、急に伸びて来ました。

なかな枝葉を伸ばさないので、
「伸びて来ないよね。」
「目隠しの役目を果たしてないよね。」
「頭の中だと、今は邪魔になるくらい伸びてる予定だったのにね。」
ってお隣の奥さんとつい先日話していたのに、ちょっとの間にグングン伸びて、きちんと目隠しの役目を果たせる様になってきました。

もっと、こんもり大きく育って、道路側にも伸びて欲しいと思っています。

               

暖かくなって来たので(お外は暖かいのですが、我が家はまだまだ寒くて、ホットカーペットを点けています。)、絨毯の見えている部分を少なくして、フローリング部分を多く見せようと思って、ソファの位置を移動させました。

模様替えをする時は、必ず参加してくるマリーとアンが、ソファを動かそうとしているのに、ソファから下りてくれません。

「ねぇ、マリーもアンもソファから下りて!」
「2人共知ってる?」
「お母さんはね、足の調子が悪いから、重い物を動かすのは大変なの。」
「なるだけ力を入れない様にして動かしたいから、邪魔しないで!」

そう言っても、しばらくの間2人はソファに乗ったままです。

               

片側のソファの脚の下に布を敷いて、反対側の方を持ち上げて(やっと2人は下りてくれたので)、少しずつ移動させました。

暖かくなって来ると、夏に向かって行くと、フローリングの部分がたくさん見えている程、涼しく感じます。

我が家は、まだ涼しく感じなくてもいいのですが、お外は春なので、我が家も春仕様にしてみました。

               

春仕様になった所の写真を写そうと思ったのですが、ワンちゃん達があまりにも汚くて・・・写していません。

ゴールデンウィーク前に、娘がシャンプー・ドライしてくれるそうです。

毎日のお散歩で、
「こんなに汚れるものなの?」
って娘と驚く程、マリーは白毛がグレーになってしまっています。

毛も伸びて来ているので、またカットもしなくてはなりません。

               

寝てばかりいるアンの写真です。

ダレってしていて、ちょっとの事では、動きません。

驚く程、寝てばかりなのです。

               

今朝は、ソファに寝そべったままで、
「ご飯よ~!」
って呼んでも、身動きもしませんでした。

「アン、食べないの?」
って言っても、動きません。

マリーが、お座りしながら怒っているので、マリーにだけご飯を上げました。

               

で、私が朝食を食べ始めると、足元にお座りして、お裾分けを待っています。

アンのフードボールに、トーストをちぎって入れてあげると、喜んで食べ始めました。

「ご飯」って言葉に、嬉しくてたまらないって様子のマリーと違って、食べたい物がある時にだけ寄って来るアンです。

               

マリーは、大抵ベッドで丸まって眠っています。

アンの様に、ソファや絨毯の上で、自由な格好をして眠っている事は少ないです。

『春だから、そんなに眠いの?』


<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

春らしい日

2017年04月19日 12時36分00秒 | 日々の暮らし

今日は、とっても爽やかな春らしい日です。

我が家のモッコウバラが、たくさんの蕾をつけ始めました。

               

何の木だか分からなかった木が、お花をつけ始めて
『あぁ、そうだ。
『ここに、コデマリを植えたんだっけ。』
って思い出しました。

               

我が家のお庭にも、お花が咲き始めて・・・とっても華やかになってきました。

               

私の好きなチェリーセージも咲き始めました。

以前のチェリーセージは、木になっていたのに、枯れてしまって、その後何度か植えたのですが、上手く育ちませんでした。

今回は、お庭の3ヶ所に、チェリーセージを植えました。

まだか弱そうですが、すべてが元気に育っています。

以前のと同じくらい大きく育って欲しいと思っています。

               

あまりにもいいお天気なので、気になっていた雑草抜きをしてみました。

座り込む事が出来ないので、少し曲がる様になった膝を曲げながら、1番気になっている所の雑草だけを抜きました。

後は、主人が帰って来た時にしてもらう事にしました。

ワンちゃん達も、陽だまりが気持ちいいみたいで・・・お庭で遊んでいます。

               

ガラス戸を閉めようとしても、なかなか帰って来ないアン。

ガラス戸を閉めると、東側から戻って来て、不安そうな顔でリビングの中を見つめます。

「お母さん、中に入れてください。」
ってアンは、言っています。

               

アンは1人で、いつまでもお庭で遊んでいられる性格じゃないのに、
「リビングに入るよ!」
って声を掛けても、絶対に来ません。

マリーはすぐにリビングに入るのですが、いつも通りアンはなかなか戻って来ないので、ガラス戸を閉めてみました。

『やっぱり、不安そうな顔をするんだ』

『じゃあ、声を掛けたら、すぐに来ればいいの。』

『来ないんだよね。』

『アンは、何かテンポが違う・・・』

               

毎日、ソファのキルトカバーがずれています。

マリーとアンが、ホリホリしたりするので、毎日何度もカバーの掛け直しをします。

以前のキルトカバーは、サイズが小さかったので、掛け直しをするのも楽だったのですが、今のサイズ(↑)は大き過ぎて、掛け直しするのが本当に大変です。

「大は、小を兼ねないな!」
って思っています。

               

キルトカバーは白色なので、ワンちゃん達が乗ると、すぐに汚れてしまいます。

で、カバーの上に大判のバスタオルを敷いて、バスタオルを2~3日毎に、洗濯する様にしています。

今朝、カバーがずれているので、掛け直しをしていると、
「お母さん、カバーの掛け直しが好きだね。」
「えっ、好きじゃないの?」
って娘に言われました。

               

「好きじゃないよ。」
「大変なんだから・・・」」
「毎日、これを何度してると思う?」
「お母さんは、だらしなく見えるのが嫌なの。」って私。

「えっ、そうなんだ。」
「お母さん、いつも楽しそうにしてるから、ずっと好きなんだと思ってた。」って娘。

               

小さなサイズのキルトカバーは、ワンちゃん達にずり落とされてしまうので、
『大きなサイズにしたら、きっとずり落とされないだろう。』
って考えた結果、大きなサイズの物を買いました。

私の考えが甘くて、間違っていたみたいです。

大きなサイズは、取り扱い難くて、取り扱い難くて・・・変に力が必要です。

『どうすれば、いいのかな?』
『もっといい方法はないのかな?』
って考える毎日です。

               

プランターに咲いているパンジーが倒れていたので・・・切り取って来て、活けてみました。

テーブルにお花があると、何かほっとします。

春はお花が咲き乱れているので・・・それだけで幸せを感じます。

『やっぱり、春っていいな・・・』



<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

ブックカバー

2017年04月15日 14時55分00秒 | 日々の暮らし

天気予報では、晴れそうではなかったのですが、今は晴れています。

久しぶりに青空が見えました。

お隣の幼稚園の桜(↓)が、まだきれいに咲いています。

               

坐骨神経痛による脚の痛みが、や~っと取れて来ました。

ワンちゃんのおシッコシートを交換する時、膝が曲げられないので(坐骨に響くので)、脚を突っ張ったまま交換していました。

今は、膝も少し曲げられる様になり、動作が自然になって来た様に思います。

しゃがんで物を取る時、
『膝は、どんな風に曲げていたんだろう?』
って考えないといけないくらい、膝がどうにも曲がりませんでした。

               

『どこも痛くないと、こんなにも元気なんだ!』
って嬉しくなりました。

どこかが痛くて、その痛みの期間が長くなると、何故だか心が老いて行く様な気持ちがします。

               

『心は、元気でいよう!』
って常に心掛けていたのですが、痛みには勝てなくて・・・痛みが、心だけを老けさせてしまう様な感覚がありました。

で、痛みがまったく消えてしまうと、心はちっとも老けていなくて・・・思っている以上に元気だったのには、驚きました。

こんな経験をしたのは、初めてです。

まだ、右脚を先に出して踏ん張って、階段を上がる事はできませんが、もうあと少し頑張れば、完治しそうに思います。

               

昨日、昼食を食べている時、私の足元にアンがお座りしていて、その向こう側にマリーがお座りしていました。

マリーは、私の足元に寄って来ようとして、お座りしているアンを避けて、籐の椅子の下を低姿勢で通った時、脚が攣ったみたいで、右前足を宙に浮かせて、私の足元(アンよりも私に近い場所)にお座りしました。

「マリー、どうしたの?」
ってマリーを抱き上げて・・・ソファに座って、すべての脚をさすってあげました。

抱っこされたマリーは、私の顔をじっと見つめていましたが、さすっている内に治ったみたいで、ソファから飛び降りようとしました。

               

「マリー、駄目!」
「脚が痛いんでしょ。」
「飛び降りて、どうするのよ。」
「足で踏ん張れるの?」

そう言って、マリーを抱っこして絨毯の上に、静かに降ろしました。

               

絨毯の上に降りたマリーは、普通に歩いていて、ソファにも飛び乗れています。

ちょっと心配なので、動物病院でもらったサプリメントを飲ませておきました。

いつもと違う体勢を取った時、人間だって脚が攣ったり、背中が攣ったりする事があります。

ワンちゃんだって、同じだと思うのですが・・・ワンちゃんは喋りません。

               

「お母さん、あまりにも低姿勢で歩いてしまったから、脚がつってしまいました。」
って言ってくれたら分かるのですが、マリーは何にも話さないし、「キャン!」とも鳴きません。

でも、抱っこしてさすってあげている時、私の目をじっと見ていたマリーの目が、
「お母さん、大丈夫!」
って言っている様に見えました。

だから、大丈夫だと思います。

               

年齢を自覚していないマリーなので、お散歩の時も全速力で走っています。

「ゆっくり歩きなさい!」
って、何度言っても、
「私は、松ぼっくりの小道まで全速力で走って行って、松ぼっくりを見つけないといけないんです。」
って言う課題(使命?)を抱えて、マリーはお散歩しているみたいです。

課題を忘れて、歳相応にゆっくりのんびりとお散歩してくれると、嬉しいのですが。

                        

私は、1ヶ月に数冊の文庫本を買います。

暇な時間があると、大抵本を読んでいます。

『文庫本用のブックカバーが、あるといいな。』
って思って、昨日本屋さんに行って来ました。

               

で、文庫本を1冊とブックカバー(↑)を買って、店員さんにその場で着けてもらいました。

嬉しい!!

『外出する時に、本を持ち歩きたい。』
といつも思っていたのですが、文庫本のままだとちょっと抵抗があったし、いろんな物が詰まったバッグは重たくて、本を入れる余裕がありませんでした。

               

『ブックカバーを買ったんだから・・・バッグの中身を減らしてみよう。』

そう思って、バッグの中身を整理している布製の袋を、ビニール製の軽い袋に変えてみました。

思ったよりも軽くなったので、これからは本を持ち歩いて、電車の中とか空いた時間に読めそうです。

ブックカバーをしただけで・・・本が、もっともっと身近な存在になりました。



<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

栄養バランス

2017年04月12日 13時10分00秒 | 日々の暮らし

青空の見えない日が、続いています。

お昼になって、やっと陽が射して来ました。

               

『もう1度、栄養のバランスを、しっかり考えてみよう。』
『バランスを考えての食事を作っているつもりだけれど・・・』
『見直しをしてみないと、勘違いしている所があるかも知れないし・・・頭の中にある栄養バランス感覚が、ずれてきているかも知れない・・・』
『しばらくの間、ノートにきちんと書いて、確かめてみよう。』

そう思って、3月の末から毎日の食事内容を、ノートに書く事にしました。

               

ノートに書くと、足りていない物が、一目で分かります。

2週間程で、2キロ痩せました。

痩せる為に始めたのではないのですが、きちんとした食事をしていると、自ずと体重は減ってくるものなんだって思います。

頭の中にあった栄養計算表は、少しずれていたのかも知れません。

『見直してみて、よかった・・・』

               

実家は、父がお魚をあまり食べない人だったので、ほぼ毎日お肉中心の食事でした。

いつも、それが気になっていて、
『こんな食生活でいいのかな?』
『何か違う様な気がする・・・』
って思って・・・大学を卒業後、栄養士の専門学校に通う事に決めました。
(この事は、以前ブログに書いたと思います。)

               

その時学校で、いろんな方法を学びましたが、私なりにいろいろ試してみて、
『香川式の食事が、1番簡単にバランスが取れているかどうかを知る事ができる。』
って知りました。

食べ物1つ1つの重さを量ってのお料理作りは、慣れるまではとっても手間が掛かって大変でしたが、
『こんなに野菜をたくさん食べないと、いけないんだ・・・』
『お肉って、こんなに少ししか食べられないんだ・・・』
って事を学ぶいい機会になりました。

それ以降ずっと、食材の重さを量ってカロリーまではしませんが、これが私の栄養バランスの基本になっています。

               

この本(↑)は、2冊目の本で、今はまた新しくなっていると思うのですが、
「これって、何群だったかな?」
「何グラムが、1点なのかな?」
って分からない時にだけ、見て調べています。

今回も、食材の重さは量ってはいませんが、昔の感覚で何となく、
「これって、これくらいだろう。」
っていうのが分かるので、食べたお料理名と食材をノートに書いて、1日の終わりに群分けして、バランスを確かめています。

               

10日に、娘と主人は血流測定をしました。

私は去年、内科医院で血管年齢を測定してもらって、とってもいい結果だったので、まだ血管年齢を測定していない娘と主人がしました。

主人の数値は、すべてよかったのですが・・・娘は、1つだけよくないのがありました。

「お魚が足ってないよ。」
って、結婚してからの娘に、ずっと言い続けていたのですが、
「お魚好きじゃないから。いいよ。」
って・・・娘宅の食卓には、お魚料理が出る事は稀でした。

「やっぱり、お魚を食べた方がいいんだね。」
って測定の結果を見て、娘はお魚不足をきちんと確認ができたみたいで・・・測定してよかったと思っています。

               

家事を終え、ほっとしてお茶の時間にすると、マリーはお裾分けがないのに、私の足元にお座りして、私を見上げています。

マリーは、その姿勢のまま、目を瞑ってウトウトする事があって、昨日は、倒れそうになって、ハッと気づいたみたいです。

その様子が、可笑しくって・・・マリーはとぼけた子なので、それが歳を取ったせいなのか、とぼけているせいなのかは、よく分かりません。

その後、すぐに、マリーはベッドに入って眠りました。

               

ソファの横に、赤い籐の椅子(↑)を置いています。

マリーは、ソファから籐の椅子に飛び乗る事が、よくあります。

「マリー! 危ないから、そんな事しないで!」
「何度言ったら、分かるの?」
「ここから、ここへ飛んだら駄目!」
「落ちたら、どうするの?」
「知ってる? 骨折するんだよ!」
って、いつも娘に言って聞かされているマリーです。

でも、マリーは止めません。

               

籐の椅子の位置を変えて、マリーが飛び乗らない様にしておくのですが・・・。

昨晩、お風呂から上がって髪を乾かしていると、マリーがソファから籐の椅子を目掛けて飛ぶのが見えました。

「えっ、危ない!」
って思ったら、マリーは籐の椅子に胸までは引っかかったのですが、足がどうにもならずに、籐の椅子から滑り落ちました。

               

マリーは滑り落ちた事に納得がいかないらしくて・・・籐の椅子を何度も見上げて、周りをウロウロしていました。

諦めたのか、マリーの姿が見えないので、ドライヤーを当てながら立ち上がってみました。

そしたら、マリーはベッドで眠っていました。

『マリーって、どんな時も諦めると、ベッドで眠ってしまうんだ。』

               

マリーは、飛び乗れないで滑り落ちる事を、学習したみたいで、今日はまだ1回もソファから籐の椅子への飛び乗りをしていません。

言って聞かされても、止めないマリーですが、滑り落ちてみて、やっと分かったのかも知れません。

「自分での学習が大切!」って事なのだと思います。



<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村







この記事をはてなブックマークに追加

遠い、遠いあべのまで

2017年04月11日 14時18分00秒 | 日々の暮らし

今日は、ずっと雨が降っています。

昨日から、冬の様な気温です。

               

昨日(10日)は、娘と主人と3人で、新阪急インターナショナルホテル「NIGHT & DAY」へ、 ランチに出掛けました。

以前に、ブログに載せたので、何度も行く同じお店なので、今回は載せていません。

           

           

ゆっくりお喋りできて、長い時間いる事のできるお店なので、私達家族は気に入っているお店です。

「あべのハルカスに、一度は行ってみたい。」
「60階からの景色を見たい。」
って主人が言っていたので、食後ハルカスに行く事になりました。

               

高い所があまり好きではない私にとっては、「楽しい!!」って所ではないのですが、主人は1人だと行かない人なので、娘と私はお伴で、展望台まで上がって来ました。

エレベーターを降りると、目の前に広がる景色に、驚きます。

『こんなに全面ガラスでなくていいのに・・・』
って思ってしまいました。

娘と私は、椅子に座ってお喋りしながら、主人が360度1周回って、景色を眺めて来るのを待っていました。

もっといいお天気だと、もっと心地いいのかも知れませんが、高い所は、やはり好きではありません。

               

「おじいちゃんとよく行ったお店で、お茶の時間にしよう。」
って娘が言うのですが、あべのは全く変わってしまっていて・・・お店はなくなっていました。

高い建物・・・近代化されて行く街並み・・・何か、街の温かみが減って行っている様に感じます。

               

お茶の時間を済ませて、他には何にも見ないで、帰って来ました。

あんなに近くに感じていた「あべの」が、とっても遠い場所の様に感じます。

父がいなくなった事が、大きな原因だと思いますが、
『あべのは遠かった・・・』
『疲れた・・・』
って感じました。

               

帰ってから、私は脚が不調なので、娘と主人がワンちゃん達のお散歩に、出掛けました。

「えっ、お父さんと2人で行くの?」
「嫌だ~。」
「お母さんは、行かないの?」
って言いながら、主人と娘は出掛けて行きました。

ワンちゃん達は、大喜びで飛び跳ねて出掛けました。

今日、夕方に主人は山口に戻るので、またしばらくの間、いつもの生活に戻ります。




<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

ず~っと曇り空

2017年04月09日 10時28分00秒 | 日々の暮らし

雨の日が続いて、「青空と桜」を楽しむ事ができません。

4日(火)に、左脚が痛み始めて、
『えっ、これって、左側も坐骨神経痛・・・?』
って思っていたら、右脚の時と同じ様に、左脚が動かし難くなりました。

『やっと右脚が治って来たかと思ってたら、左脚なの?』

そう思っていて・・・思い出しました、50肩になった時の事を。

               

右肩が、痛んで動かし難くなって、やっと治ったら、次は左肩が痛くなって・・・まったく左腕が動かせなくなってしまいました。

洋服を1人で着る事も脱ぐ事もできません。

主人や娘に手伝ってもらって、やっとできる・・・そんな毎日でした。

               

「50肩になったら、接骨院へ通う。」とか「整形外科に行く。」って事も知らず、「誰でもなるものだし、その内治るものだ。」と思っていたので、動けないほど痛む時には、痛み止めを飲んで、娘に肩をテーピングをしてもらって、どうにか過ごしていました。

ある時、外出先であまりにも痛みがひどくて、痛み止めを買おうと薬局に入って、
「50肩は、痛み止めを飲んでも効きませんよ。」
「キャッツクローの入ったグルコサミンを飲めば、痛みも取れるし、肩も治ってきます。」
って、店員さんに教えられ、そのサプリを買いました。

サプリとテーピングのお蔭で、しばらくすると、50肩は治まりました。

               

それからしばらくして、接骨院をしている従兄に会った時、
「50肩が、そんなに痛むのだったら、治療に来ればよかったのに。」
「どうして来なかったんだ。」
って言われて初めて、
『どこかが痛む時には、接骨院に行けばいいんだ。』
って事を学習しました。

               

今回の坐骨神経痛は、以前から通っている接骨院で、治療してもらっています。

『あぁ、そうだ。50肩の時と同じ様に、痛い所をテーピングして、サプリを飲めば早く治るんだ。』
って左脚が痛くなってから、その事に気づきました。

で、今は両脚をテーピングして、サプリを飲んでいます。

               

左脚の手当てが早かったので、左脚の痛みは消えつつありますが、右脚はまだ時々臀部から脚にかけて痛みます。

段差を上る時、日によって両脚の痛みの程度が違うので、
『今日は、どっちの脚から、先に上がればいいのかな?』
って悩みます。

踏み出す脚を間違えると、「ギャー!痛い!」って叫んでしまう結果になってしまっています。

当分、こんな調子で暮らさないと駄目みたいです。

               

6日(木)に娘が、マリーとアンのシャンプー・ドライをしてくれました。

マリーの耳を洗っている時、マリーはふらっと倒れそうになったみたいです。

で、娘が、
「もう終わるよ。」
「出るよ。」
って言うと、マリーはしゃんと立ち上がって、元気に戻ったみたいです。

嫌な事をされた時には、どうすればそれを止めさせれるのかを、マリーはよく知っています。

ドライヤーをしてもらっている時にも、「ゲホッ、ゲホッ!」って喉が詰まった様な音を鳴らします。

娘が、その音を聞くのが嫌なので、ドライヤーの手を止めて、
「マリー、大丈夫?」
って言うのが分かっているみたいで、マリーは何度も繰り返します。

               

「止めてよ、マリー!」
「知ってやってるって事は、分かっているんだからね。」
って娘が怒っています。

私が、マリーにドライヤーを当てても、おとなしくされるがままにしているのですが、
「彩ちゃんだと、彩ちゃんが嫌がる事をすれば、すぐに止めてくれる。」
ってマリーは思っている様です。

マリーって何でも分かっていて・・・とっても頭がいいみたいです。

               

アンは、とってもおとなしくシャンプーしてもらっているし、ドライもお利口さんにしてもらっています。

「お昼から晴れ」って天気予報ですが、まだ曇っています。

「青空に映える桜を見に行こう!」
って、7日(金)に帰って来た主人が言っていますが、青空はありません。

              



 

<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

暖かい~!

2017年04月02日 15時07分00秒 | 日々の暮らし

天気予報だと、昨日は気温が上がらないって事だったのですが・・・昨日から、本格的に暖かくて優しい春の陽射しになって来た様に思います。

神戸は、まだ桜の開花宣言はされていないと思います。

我が家の南側の公園の桜は、写真(↓)だと分からないと思うのですが、やっとピンクに染まり始めました。

でも、まだしばらくは、咲きそうにはありません。

               

今日は、リビングが暖かかったので、お掃除の後しばらくの間、リビングのドアを開け放して(↓)いました。

ドアを開けているだけで、本当に、すごい解放感を感じます。

ドアを閉めてると人間は、自分で気づいていなくても、どこかで閉塞感を感じているのだと思います。

リビングのドアを開けているだけで・・・心が弾んで来ます。

『この自覚のない閉塞感って、ストレスに繋がっているのかも知れない・・・』
って気がします。

               

お掃除を済ませて・・・主人へのお料理の下準備を済ませて・・・それから、ワンちゃん達のブラッシングを始めます。

寒い間は、雨戸を開けてもお外に飛び出して行かない日が多かったワンちゃん達なのに、暖かくなってお天気がいいと、ガラス戸を開けるのを待ち構えています。

飛び出して行った2人は、東側のお庭に行ったまま、なかなか戻って来ません。

『東側に何があるんだろう?』

『時たま通って行く猫ちゃんのにおい・・・?』

               

戻って来た2人の写真を写して・・・少しの間、ガラス戸の敷居に座って春の陽射しを楽しみました。

クンクンしながら花壇に入って、行ったり来たりしている2人。

『2人も春を楽しんでいるみたい。』

               

ワンちゃん達の冬のベッドは、底が擦り切れてしまっていたので、処分しました。

『暖かい間は、ベッドは要らないな。』
『ピアノの椅子の下は、何にも置いてない方がすっきりしていていいかな。』
って思っていたのですが、
「ベッドがないと、寝る所ないから可哀想よ。」
って娘に言われました。

               

「大丈夫よ。」
「マリーもアンも、ソファで眠ってるから。」
「時々、交替で赤いクッションでも眠っているから、眠る場所はたくさんあるの。」って私。

「ベッドの辺に、顎を載せて寝ていたから、ベッドがないと顎を載せられないよ。」
「何か可哀想。」って娘。

そう言われ続けていたのですが、なかなか気に入ったベッドを見つけられませんでした。

昨日アンのハーネスを買いに行ったショップで、気に入った色(茶色のストライプ)のベッドを見つけたので、買ってきました。

               

「ねぇねぇ、ベッド買って来たから、寝てみてよ。」
って娘はずっと言い続けてたのですが、娘がいる間マリーもアンもベッドに入りませんでした。

娘が帰って夜になると、マリーはベッドの中に入って、辺に顎を載せたまま、鼾をかいて眠っていました。

マリーがベッドから出ると、次はアンがベッドに入って眠っています。

「2人共、ベッドが欲しかったんだ。」
「要るんだ・・・」

冬までベッドは要らないと思っていた私が、間違っていたみたいです。

「これからまた、マリーとアンは交替でベッドに入って眠れるね。」

               

我が家のお庭にも、ユキヤナギ(↓)が咲き始めました。

マンションの前庭のユキヤナギと違って、まだまだ小さくて、か弱そうですが、ちゃんと咲いてくれています。

その横に、何の木か植えた覚えのない木も、大きく育っています。

お隣との境に植えてある金木犀の木も、大規模改修工事で瀕死状態になっていたのに、今年はたくさんの新芽を伸ばし始めました。

『もう、伸びて来ないのかな?』
って心配していましたが・・・やっぱり、強いです。

みんな元気に育ってくれれば、嬉しいです。

               

お台所の調味料入れを、十数年ぶりに新しい物に替えました。

上段のお砂糖とお塩入れと胡椒入れを新しく変えると、そこだけがピカピカ光って、下段の調味料入れがくすんで見えます。

なので、下段の調味料入れの瓶をきれいに洗って、シールを新しく書き変えて・・・あまり使わない調味料は、戸棚に片付けました。

               

『ここは、どうすればスッキリするんだろう?』
ってず~っと考えていた様に思います。

考えが纏まって・・・「これいいな!」って思う調味料入れと出会って・・・やっと入れ替えが出来ます。

『それって、すべては出会いって事なのかな・・・?』
って思います。

               

ゴロゴロ寝転がっているワンちゃん達。

でも、3時のお茶の時間と夕飯の時間が近づいてくると、マリーは必ず私の傍にやって来ます。

「お母さん、おやつ食べないのですか?」
・・・・・
「お母さん、晩御飯の時間が来てますけど・・・。」ってマリー。

「マリー、まだだよ。」
「あと30分はあるからね。」って私。

               

毎日、そんな会話をしながら、マリーの食欲に急かされて・・・3時のお茶の時間、ワンちゃん達の夕食、が始まります。


<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村





この記事をはてなブックマークに追加

咲き始めたお花達

2017年03月29日 11時58分00秒 | 日々の暮らし

お外は、暖かそうなのに、まだ肌寒い毎日が続いています。

マンションの前庭に、マンションの人達みんなで植えたチューリップが、1番陽当たりのいい場所のチューリップが、咲き始めました。

今回は、きちんと並べて植えたので、芽を出し始めたチューリップは、整然と並んでいます。

『私らしいお花の植え方だな・・・』
『性格が出てる・・・』
って可笑しくなります。

               

ユキヤナギも、北隣の杏のお花も咲いて・・・マンション周りが、華やかになって来ました。

               

杏のお花が咲き始めると、いつも梅や桜に間違えられて、
「見る人見る人に尋ねられて、困ってる。」
「杏って書いて、名前を貼っておかないと・・・」
って北隣の奥さんが、以前言ってられました。

「桜が咲いてる!」
って言ってる人達を、よく見掛けます。

               

「咲き終わって、実ができた後のお掃除が大変なの。」
って事で、数年前に杏の木は、短く切られました。

『もう、杏のお花は見れないんだ・・・』
って寂しく思っていたのに、毎年少しずつ少しずつ枝をのばして花を咲かせながら、今年はこんなに元気に咲きました。

『杏の生命力って、すごいんだ。』
って嬉しくなります。

               

『我が家のお庭も、賑やかになる様に!』
と思って、小鳥の置物を置いてみました。

「お母さん、ハリネズミが流行ってるから、このハリネズミの置物を置けば?」
って娘にお店で言われたのですが、
「ワンちゃん達が、そんなのが置いてあると、吠えるから駄目だよ。」
って・・・娘の意見は、却下しました。

もうすぐ、あっという間に去って行く春がやって来ます。

春は華やかで、幸せに満ち溢れている季節・・・空気からも、お花からも伝わって来る「生きてます!」「頑張っています!」って感じが好きです。

               

昨日の夕方、雨が降ったので、ワンちゃん達のお散歩には行けませんでした。

で、今日は娘が出勤する前、私も一緒に、4人でお散歩に行って来ました。

夕方より朝のお散歩の方が好きです。

清々しい空気の中を歩くのは、とっても心地がよくて・・・大きな木々達から元気をもらえそうな気がします。

               

マリーは、マンションの門扉を出ると、猛スピードで松ぼっくりの小道を目指して、走ります。

脚が不調な私に連れられたアンは、ゆっくりゆっくりと、松ぼっくりの小道に消えたしまったマリーと娘を追って歩きます。

朝のお散歩は、みんなが元気です。

『これから1日が始まるぞ!』
『今日も1日頑張ろう!』
っていう思いに満たされているからだと思います。

               

私の頭の中では、3月末で完治している筈だった坐骨神経痛は、まだ治っていません。

ちょっと調子がよければ、ゆっくり歩く事を忘れてしまって、いつもの速足で歩いてしまうので、翌日は右脚を庇って歩く事になってしまっています。

『そんな事を繰り返しながら、きっと完治するのだろうな。』
って思っています。

『今日も1日、いい日であります様に!』


<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村





この記事をはてなブックマークに追加

2人一緒にお散歩

2017年03月24日 15時36分00秒 | 日々の暮らし

今日は、とっても穏やかで暖かな日です。

小学校が春休みになったみたいで、南側の公園でキャッチボールをしている子供達の姿を、見掛ける様になりました。

お休みにならないと、子供達は忙しくて、公園で遊ぶ事もできないのだと思います。

姪から写真が届いて、いっくんも今日から春休み、あっちゃんは卒園して入学準備です。

2人揃って、小学校に通います。

               

21日に、娘と3人でランチに行って、楽しい時間を過ごしました。

仕事の事で何か気になる事があるのか・・・風邪気味のせいなのか・・・いつもお喋りな主人が、とっても無口だったので、娘は気にしていました。

22日の朝早くに、主人が山口に戻ってから・・・私は、ダウンしました。

やっぱり主人は、風邪で不調だったのが原因で、無口だった様です。

私は、主人の風邪がうつって、動きたくても動けなくて・・・風邪薬を飲んで、1日中絨毯の上で過ごしました。

ワンちゃん達も、ほぼ1日中寝転がったままでした。

               

昨日からは風邪も治って、元気が出て来ました。

主人がいる時から、少しずつ小さな事の模様替えをしています。

ソファの位置を少しずらしたり・・・洗面所の間仕切りカーテンの位置をずらしたり・・・ワンちゃん達のベッドを処分したり・・・ちょっとの事で、広く感じたり、明るくなったりするのが嬉しくて。

昨日、ダイニングの椅子に座りながら、リビングを見渡していた娘が、
「ここの家には、無駄な物が何にも置いてないよね。」
「すべての物が、活きてるよね。」
「いつもすっきりと片付いてるし。」
「それって、すごいよね。」
って言いました。

               

「物には命があるから、きちんと活かしてあげないと、可哀想だもの。」
「ふさわしい所に置いてあげたら、自然と輝くんだよ。」
・・・・・
「ねぇ、ちょっと見て、見て!」
「フクロウさんのパネル、あったでしょ。」
「お母さんの机の横に置いていたけど、フクロウさんの顔が見えなくて、ずっと可哀想だと思ってたの。」
「で、お風呂場のガラス戸の所に置いてみたの。」
「お風呂に入ったら、フクロウさんが見えるんだよ。」って私。

               

「お母さん! すごい!」
「空間の魔術師・・・?」
「こんな発想は、普通できないよ。」
ってお風呂場まで、フクロウさんのパネルを見に行った娘が言っています。

               

今回のこの小さな模様替えで、私が1番気に入っているのは、洗面所の間仕切りカーテンをずらした事です。

カーテンを少しだけお風呂側にずらしただけで、洗面所が驚く程明るくなって、広く感じる様になりました。

『ちょっとの事で、こんなに変わるんだ・・・』

そう思うと、少しの模様替えが、とっても楽しくなりました。

『これから、うん?って思ったら、少し移動させてみよう。』
って思っています。

              

この間、十数年ぶりに「アジアンタム」(↑)を買いました。

何度トライしても、すぐに枯れてしまってまったく育たないので、買わない事にしていたのですが、涼しそうで優しそうなので、思い切って買いました。

「置く場所が、問題だから。」
って主人と話して、ピアノの上に置いたのですが・・・1週間して、枯れてきました。

我が家には、「アジアンタム」はやっぱり向いてないみたいです。

               

この所、娘はマリーとアンを連れて、お散歩に行っています。

「1人ずつのお散歩は大変だから、一緒に連れて行ってみる。」
って言うので、
「2人共が協調性ないから、きっと反対方向に進むと思うけど・・・」
「気をつけて行って来て。」
って送り出しました。

               

お散歩から帰って来た娘が、
「アンの意見を通してあげると、きちんと2人で歩くよ。」
って言っています。

「どっちへ行きたいの?」
ってアンに聞いてから、マリーに、
「マリー、アンがこっちに行きたいって言ってるから、お願いだからアンの行きたい方に行ってあげて。」
って娘はマリーに、お願いしたみたいです。

そしたら、マリーは素直に聞いてくれたんだそうです。

               

なので、今はマリーとアンを連れて、娘が1回のお散歩に行ってくれています。

脚の調子がいい時には、私も一緒にお散歩について行っています。

風は、まだ少し冷たいのですが、春になる前のこんな時期が1番いい様な気がします。

               

<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村

               


この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに川まで

2017年03月20日 14時57分00秒 | 日々の暮らし

今日は、とても暖かい日です。

「お外の気温は、どれくらいなんだろう?」
「暖かそうだけど、寒いのかな?」
って言いながら、コートを着て主人とお散歩に出掛けました。

               

久しぶりに川までのお散歩に行ってきました。

川へ下りる階段は大丈夫なのですが、帰りに階段を上るのはちょっと大変なので、川上まで歩いて・・・スロープになっている道を通って帰る事にしました。

川には、まだ枯草に覆われていて、春はまだまだの様子です。

歩いていると、背中に陽が当たって、暑く感じます。

脱いだコートを腰に括りつけて・・・ゆっくりとお散歩してきました。

               

マリーは、いつもの橋の下の日陰で、お水飲み休憩と思って、立ち止まりました。

私の脚が不調なので、川までお散歩に行くつもりにしていなかったので、お水は持って行っていません。

ワンちゃん達は、川へのお散歩の時は、
「ここで、お水飲み休憩して・・・」
「こっちで、左に曲がって・・・」
ってすべて決まったパターンを覚えているみたいです。

               

お水飲み休憩がなかったのに、マリーは座り込んで動かなくなる事なく、家まできちんと歩いて帰って来ました。

『いつも通りに、きちんと歩けてないのは、お母さんだけ・・』

『ぎっくり腰や坐骨神経痛になるなんて、思ってもいなかった。』

『こんなに長引くとも思ってなかった・・・』

               

予定通り16日、娘にシャンプー・ドライをしてもらったワンちゃん達です。

この所、マリーは娘にブラッシングしてもらっていると、すぐに怒って噛み付きます。

ちょっとの事で、すぐに怒って/・・・扱いにくいワンちゃんになっています。

歳を重ねて・・・マリーは、仔犬の頃の凶暴なワンちゃんに戻りつつある様です。

「1周回って、元の性格に戻ってしまう。」
って事なのでしょうか。

               

17日には、マリーのカットをしました。

カットをしている間、マリーはとってもおとなしくて、私が言う通りに向きを変えてくれます。

私には、噛み付いて来たりはしません。

私に噛み付くと、私に噛み付かれると思っているみたいです。

もっと短くカットしたかったのですが、思った程短くはなっていませんでした。

               

今日はこれから、我が家のお庭にお花を植えます。

今年のテーマは、主人と2人で「黄色」に決めました。

「お庭の空いている所に、黄色のお花を植えて、お庭を黄色いお花で一杯にしよう!」
って主人と話して、黄色のお花を数種類買ってきました。

               

どのお花が長く咲いてくれるのかが分からないので、様子を見ながら、少しずつ増やして行こうと思っています。

主人が17日金曜日の夜に帰って来て、土曜日は歪んでいたラティスの修正・・・お隣との仕切り板の歪みの修正・・・洗面所の洗剤置き台の修正・・・など、修正する所をすべて修正してもらいました。

ちょっと歪んでいたり、ちょっと曲がっていたりするのが、気になるので・・・「真っ直ぐな物は、真っ直ぐに!」っていうのがいいので・・・修正してもらって、とってもスッキリしました。

明日は、娘と3人でランチに出掛けます。

晴れるといいのですが、天気予報では雨みたいです。

<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

寒気の戻り

2017年03月15日 15時50分00秒 | 日々の暮らし

今日は、青空が広がっていますが、とっても寒い日です。

時々、風がビュービュー音を立てて吹き荒れています。

こんな風の音を聞いていると、春はまだまだ遠いみたいな気がします。

               

「奈良のお水取りが終らないと、暖かい春にはならないな。」って主人。

「春分の日が終らないと、暖かくはならないよ。」って私。

「私達、毎年同じ事言ってるよね。」
って、昨晩の電話で主人と話して、笑っていました。

毎年、春が来るのを待ち焦がれているのに・・・春はあっという間に過ぎて行ってしまって・・・春を楽しんでいる間もなく過ぎて行ってしまって・・・すぐに暑い暑い夏がやって来ます。

『もっと春を心行くまで楽しむためには、春にはどこかへお出掛けした方がいいのかな・・・?』

               

で、ゴールデンウイークに金比羅さんへ行く予定にして楽しみにしていたのですが、姪と日程が合わないし・・・私の坐骨神経痛が治りそうにないし・・・今回は、中止する事になってしまいました。

坐骨神経痛は、少しずつ良くなって来ているのですが、まだ階段を上がる時、右脚を階段に踏み出す事ができません。

そう、1段ずつ階段を上っているのです。

この調子だとゴールデンウィークになっても、坐骨神経痛は完治してなくて、金比羅さんの1368段を上り切る事は、難しそうです。

『無理をしないで、また弟や姪達と一緒に行ける日を楽しみに取って置こう。』

               

ワンちゃん達を、お庭に出してあげました。

アン(↑)は女の子なのですが、おじいさんの様な顔をして写っています。

お庭に出してもらうと、喜んで動き回っているアンなので、写真を撮ろうと思ってお座りさせると、じっとしているのが嫌らしくて・・・こんな表情になります。

ほんと、おじいさんの様な顔しています。

陽が射してて、暖かそうに写っていますが、とっても寒いです。

               

今朝、ワンちゃん達のお散歩に行くと、松ぼっくりの小道で、お掃除してくださってるおばさんに、
「えっ、松ぼっくりを咥えてる~!」
ってマリー(↓)が、笑われていました。

松ぼっくりを咥えていると、ワンちゃんとすれ違っても吠えないし、おとなしくお散歩できるので、毎日松ぼっくりを咥えてお散歩に出掛けています。

               

松ぼっくりにまったく興味がなかったアンも、玄関前の植木鉢にストックしてある松ぼっくりを咥えて、お散歩に行く様になりました。

マリーは、帰って来るまで松ぼっくりを咥えているのですが、アンは、途中で置いて帰ってきます。

マリーとアンが、松ぼっくりを咥えてお散歩している姿を見掛けた人は、
「このワンちゃん達、何を咥えているんだろう?って不思議に思われるだろうね。」
って娘が言っていました。

               

明日は、薄汚れたマリーとアンを娘がシャンプー・ドライしてくれる予定です。

長毛犬の我が家のワンちゃん達には、この寒の戻りの冷たさが、心地いいんだろうと思います。

               

「寒いのは、もういいよね。」
「暖かいと、それだけで幸せな気持ちになるけど・・・」
「寒いと、それだけで幸せってことはないよね。」って娘。

「そうだよね。」
「暖かいと、ほんとそれだけで幸せだよね。」って私。

               

マンションの前庭にみんなで植えたチューリップの芽が、出始めました。

お隣の幼稚園の入園式の頃、チューリップがきれいに咲きます。

前庭のユキヤナギのお花も、北隣のお家の杏の木も、南側の公園の桜(去年植えられた桜)も、芽吹き始め色づいてきています。

春を目前にして、みんな一斉に咲く準備を始めました。

               

『みんな頑張って生きてる・・・』
『強いな~。』
って思います。

               

今日は、水曜日。

1週間の内で、1番ホッとできて・・・ゆったり、ゆっくりと過ごせる日です。

もうすぐ4時になります。

私の足元に、マリーがお座りしています。

『そろそろ、夕飯をあげないと・・・』




<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村















              


この記事をはてなブックマークに追加

春らしく

2017年03月07日 14時47分00秒 | 日々の暮らし

4泊5日の神戸滞在を終えて、主人は今朝早くに山口に戻りました。

昨日までは暖かかったのに・・・今朝、ゴミ出しにお外に出ると、ピューピューと冷たい風が吹いていました。

『今日は、また冬みたい・・・』

               

我が家のお庭を、春らしく植え替えしました。

寂しくくすんでいたお庭に、黄色のビオラを植えると、とっても華やかになりました。

絨毯の上に、主人と並んで寝そべりながら、お庭を眺めて、
「ねぇ、ラティスの角を2段くらい切って、斜めに板を貼れば、下の段にプランターを置いても、お水遣りができるよね。」
「あの角が邪魔になって、お水遣りができないから、あそこを無くせば、大丈夫じゃない?」って私。

「ラティスのあの角を切って、斜めに木を打ち付けるのは、難しい、無理だぞ。」って主人。

「難しいの? 大工さんなら簡単にできるよ。」って私。

「そうだよ。大工なら、何でもできるよ。」って笑っている主人。

               

で、ふと思いつきました。

「ねぇ、ラティスをもう少し低くしようよ。」
「そしたら、角があっても、お水遣りできるよ、きっと。」って私。

「えっ、どういう事?」って主人。

お庭に出て、ラティスを外して、少し低い位置でラティスを2人で持ってみました。

「こういう事!」って私。

「あぁ、分かった。」
「それなら、金具を移動させればいいんだから、簡単にできるよ。」って主人。

               

それから、5枚のラティスの金具の位置を移動させる作業が、始まりました。

リビングにいると、ラティスが
「私はラティスです!」
「目隠しして、守っています!」
って主張していて、すごい圧迫感があったのですが、3センチくらい低い位置に設置し直しただけで、ラティスの主張がなくなりました。

ラティスとプランターと緑の壁が、しっくりと馴染んでいます。

               

ラティスの主張がなくなると、お花の咲かないワイヤープランツを植えているプランターが、とっても寂しく見えます。

ラティスが低くなったので、塀の下段にワイヤープランツのプランター置いて・・・上段に置くプランターは、新しく買って来てお花を植えました。

『プランターには、もうお花を植えるのは止めよう!』
『枯れたお花を摘んだりするのは、大変だから・・・』

そう思っていた筈なのに、ラティスの位置を低くしただけで、気持ちは大きく変わりました。

上段のプランターに植えた黄色いお花(↑)は、一見か弱そうに見えるのに、空に向かって首を長く伸ばしている姿が、強そうに感じられて・・・見た目と違った芯の強さが感じられて・・・とっても元気づけられます。

我が家のお庭も、一気に春らしくなりました。

               

ワンちゃん達は主人がいると、たくさんのお裾分けをもらえます。

主人がテーブルにつく毎に、2人は主人の左右に分かれてお座りして、主人が食事している姿をじっと見つめています。

「こんなに見られてると、食べるのが気ずつないよ。」

「何か、ワンちゃん達にあげてもいいかな?」

主人はいつもそう言って、ワンちゃん達にお裾分けをしています。

なので、ワンちゃん達は、主人が大好きみたいです。

               

坐骨神経痛の痛みが、やっと治まってきました。

夜中に痛くて目が覚める事は、まだあるのですが、普段の歩く速度は、少し速くなった様に思います。

どこかに痛みがあると、どうしてもそこを庇うので、他の部分に負担が掛かってしまいます。

あんなに姿勢がいいと言われていた私が、昨日ヘッドマッサージを受けた時に、
「猫背になっていますよ。」
って言われてしまいました。

               

もう2ヶ月以上、右脚を庇って歩いているので、そうなっていても不思議ではないのですが・・・

坐骨神経痛も、少しよくなって来たので、
『姿勢を正して歩かないと・・・』
って思っています。

               

暖かな陽射しの中で、今日が始まりました。

もうあと少しすると、暖かな始まりの春がやって来ます。



<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

三寒四温

2017年03月03日 11時45分00秒 | 日々の暮らし

昨日はコートが要らないくらい、春の様な爽やかな暖かい日でしたが、今日はとっても寒いです。

春から冬に戻ったみたいで、寒さをより強く感じるのかも知れません。

こんな繰り返しをして、暖かで優しい陽射しの春がやって来るのだと思います。

                    

南側の公園のお花が植え替えられました。

色とりどりのお花が咲いていると、心が華やかになります。

               

坐骨神経痛がまだ完治してなくて、何かと不便な日々を送っています。

「8割かた治ってきました。」
って先生に言われた翌週、右膝をどこかにぶつけたみたいで、青あざができていました。

「お母さん、足をどこにぶつけたの?」
って、あざを見つけた娘に問われたのですが・・・覚えがありません。

よ~く考えてみると、何かの角に足をぶつけて、
『あっ、またぶつけてしまった・・・』
って思いながら、家事を続けていた様な気がします。

「せっかく調子よくなってきてたのに、またぶり返すよ。」
って娘に言われた通り、右脚がまた不調になりました。

               

その次に、接骨院へ行った時、
「よくなっていたのに、どうしたの?」
「また、右脚が攣っぱてるよ。」
「臀部に痛みがあるでしょう?」
・・・・・
「家の間取りに原因があるのかな?」って先生。

「家では、左側に向いている事が多いです。」
「左側にテレビとかがあるので。」って私。

「う~ん、それも原因なのかもな・・・?」って先生。

右脚をぶつけた事を、まるで忘れていた私の返答です。

               

その次の接骨院の日、診療ベッドに乗ろうとして、
『どちらの足を先に上げた方がいいのかな?』
って迷ってしまって・・・考えた末に右脚を上げた時、左膝をベッドにぶつけてしまいました。

「えっ、そこでベッドに足ぶつけるか?」
「分かったよ! 慌てんぼうだから、足をよくぶつけるんだね。」
「だからなんだね。」って先生。

そうなんです。
やっと治ってきても、足をぶつけたり・・・腰をぶつけたり・・・で、治って来た患部が、また悪化してしまうのだと思います。

「お母さんは、問題だよね。」
「じっとしてないものね。」
って娘に言われています。

なので、未だに不調が続いています。  

               

ワンちゃん達は、毎日娘とのお散歩を楽しんでいます。

娘とのお散歩だと、ゆっくり歩いてのお散歩でなくて、思い切り走ってのお散歩ができるのが、とっても嬉しい様子です。

娘が来るのを楽しみに待っているワンちゃん達。

「もっとゆっくり優雅に、お散歩がしたいのに・・・」

「全力疾走するんだよ。」

「ほんと疲れるお散歩なんだから。」

娘は毎日嘆いているのですが、ワンちゃん達は日々元気になっていっている様な気がします。

               

「1度に2人を連れて、お散歩に行きたいんだけど。」

「マリーとアンは、絶対に同じ方向に行かないんだよ。」

「マリーが左に曲がろうとすると、アンは右の曲がろうとするんだから。」

「何で、同じ方向に行かないんだろう?」

               

家の中だと、とっても仲良くしている2人なのに、お散歩に一緒に連れて行くと、仲良くできないのか同じ方向には歩きません。

なので、1人で2人のお散歩をするのは、我が家のワンちゃん達には不可能です。  

この所夜になると、ソファで2人がくっ付いて眠っている姿を、よく見掛けます。

『えっ、どうしてこんなにくっ付いて眠るの?』

               

アンの身体が、マリーの身体に乗っていても・・・2人は、熟睡しています。

『重くないの?』

『邪魔じゃないの?』

見ていてそんな風に気になるのですが、2人はとっても仲良く眠っています。

歳を重ねる毎に、2人の距離が近くなっている様に思います。

『傍にいて、1番安心できる相手なんだよね。』

               

3月になったら、坐骨神経痛も治って元気一杯になっている予定だったのですが・・・予定は大きく外れてしまって、まだしばらくこんな調子が続くみたいです。

今夜、主人が山口から戻ってきます。

ワンちゃん達のお散歩は、娘から主人へとバトンタッチです。

               


昨夜、娘に初めてジェルネイルをしてもらいました。

マニュキアを塗っても、すぐに剝がれてしまうし、水仕事をしている時には、
『剥がれてしまう・・・』
って気にしながら、しないといけません。

爪が輝いていると心が弾むのですが、剥がれる事を考えると、塗るのが億劫になっていました。

「ジェルネイルだと、1ヶ月は剥がれる心配ないよ。」
「してあげようか?」
って、娘が言ってくれました。

               

今、本を読んでいると、いつもよりもず~っと指が長く見えているのに気づいて・・・驚きました。

『私の指、こんなに長かったんだ・・・』

『これは、ジェルネイルのお陰なのかな・・・?』

娘に写真を撮ってもらいました。

華やかな指先を眺めるだけで・・・優しい元気が、溢れて来ます。



<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村




この記事をはてなブックマークに追加

2月もあと10日

2017年02月19日 12時10分00秒 | 日々の暮らし

今日もいいお天気で、青空が広がっています。

1月はぎっくり腰・・・2月は坐骨神経痛・・・で、動くのに支障をきたす2ヶ月でした。

坐骨神経痛も少しずつ治ってきて、やっと違和感なく歩ける様になってきました。

でも、階段を上る時に膝を曲げるのは、まだ少し時間が掛かってしまいます。

なので、空いた時間があると、右脚の屈伸運動等を両手を添えながら、右脚の回復に励んでいます。

               

まだまだ寒いのですが、今日はいいお天気なので、ガラス戸を開け放してお掃除を済ませた後、リビングのドアを開けたままで過ごしています。

寒い冬の間は、リビングのドアを閉めているので、どうしても閉塞感があります。

リビングのドア1枚、閉め切っているのと開け放したままでいるのとで、閉塞感や解放感を感じます。

『ドアの1枚の働き(?)って、どんなに大きいんだろう?』
って思います。

               

ワンちゃん達は14日(火)に、娘にシャンプー・ドライをしてもらって、きれいになりました。

雨上がりの後のお散歩もあったりしたので、マリーの白毛はグレーになってしまっていました。

久しぶりに白毛が輝いているマリーが、見られました。

               

夜には、弟(アトムのパパさん)達と、焼き肉に出掛けました。

アトムは、マリーとアンより1歳年上なので、今13歳です。

アトムは、耳が遠くなって・・・目もよく見えなくなってきていて・・・アトピーもひどくて、お薬を塗っても治らない様です。

アトピーって、お薬を飲ませても、お薬を塗っても治らないです。

『ナナも、ひどいアトピーだったから・・・』

               

4人でワイワイ騒ぎながら、賑やかな夕食になりました。

姪達にいろいろ突っ込まれている弟を見ていると、面白くって・・・

「3月には、日帰りで金比羅山とお墓参りに高松に行こうよ。」って私。

「3月は、大学の同窓会とかあって忙しい。」

「3月は有給取れないから、ゴールデンウィークにして!」

「ゴールデンウィーィは混んでるから・・・」

等々、意見が飛び交って・・・一応、4月で都合の合う日にする事に決めました。

               

ぎっくり腰と坐骨神経痛で、2月も驚く程あっという間に過ぎて行ってしまう様な気がします。

腰が痛かったり・・・脚が痛かったり・・・大変な2ヶ月だったけれど、もうすぐそこまで春が来ていると思うと、何となく心が弾みます。

陽射しが柔らかく緩んできている様に感じるだけで・・・とっても嬉しいです。

               

『お庭のお花も植え替えて、春仕様にしなければ・・・』

アンが、機嫌よく伸びてきたシンゴニウムの葉を齧って・・・また、丸坊主にしてしまいました。

大きな鉢の観葉植物がなくなると、部屋が寂しくなります。

『お庭の苗も、観葉植物も買いに行かないと・・・』

               

接骨院の先生のお話では、
「坐骨神経痛は、8割かた治ってきました。」
って事なので、
『後もう少しすれば、完治するだろう。』
って思っています。

               

3月からは、いつも通りに元気に暮らせそうです。

お庭を華やかにして・・・リビングに少し背の髙い観葉植物を買って・・・暖かい春を待とうと思っています。


<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村


この記事をはてなブックマークに追加

次は坐骨神経痛

2017年02月06日 13時12分00秒 | 日々の暮らし

今日は、洗濯物を干していると、寒くって・・・冷たくって・・・身体が凍ってしまいそうでした。

ブログのアップが、15日ぶりになってしまいました。

ぎっくり腰が治って、
「まだ重たい物は、持たない様に気をつけて下さい。」
「痛みが長く続いたので、身体が硬くなってしまっています。」
「ゆっくりとリハビリを始めて下さい。」
って、先生に言われていました。

               

ブログを書こうと思うと、長時間パソコンの前に座っていなければなりません。

長時間座っての作業は、腰にとっても堪えるので、ブログは書けませんでした。

ブログ用にと、ワンちゃん達の写真を写していたのですが、
『写真だけでも、パソコンに取り込んでおこう!』
と思って、パソコンにカメラをセットすると、メモリーの異常らしくて、写真はすべて消えてしまいました。

               

25日頃から、右臀部から右脚に掛けてじわっと痛み始めました。

『リハビリの体操を始めたから・・・?』

『ぎっくり腰のぶり返しではなさそうだけど・・・』

そう思いながら、毎日を過ごしていました。

2月1日の夜、お風呂を上がった頃から右脚が痛み出し、痛みがだんだんとひどくなってきて・・・痛み止めを飲んで眠りました。

               

2日、目が覚めると、身体が動かせません。

『えっ~、どうしたんだろう?』
『動けない・・・』
『えっ~、右脚がまったく動かせない・・・』
『どうすれば、ベッドから起き上がれるんだろう?』

携帯を手元に持っていたので、娘に連絡しようと思ったのですが、
『来てもらっても、ドアガードを外さないと、彩ちゃんは家の中には入って来れない・・・』
『こんな状態で、ドアまでどうして歩く?』
って考えました。

               

目が覚めた状態のまま(寝ころんだまま)、両手で右脚を持ち上げたり・・・右膝を立ててみたり・・・いろいろ試してみて・・・や~っと、ベッドの端に座る事ができました。

まずは、ゆっくりと息を吐きながら立ち上がって、ゆっくりと玄関まで歩いてみようと決めました。

『焦らない・・・』
『ドアガードを外して、彩ちゃんに来てもらえば、どうにかなるし・・・』
『もう、M(主人)さんが新神戸に着く頃だから・・・』
『10時になれば、家に帰って来るから・・・』
・・・・・
『今日は、5時に接骨院に行く日になってるし・・・』

いろんな事を、自分に言い聞かせながら、玄関までどうにか歩いて行けました。

               

そんなこんなで・・・娘と主人に支えてもらって、接骨院へ行ってきました。

「ぎっくり腰が治った所なのに、また脚?」
って感じみたいです。

「多分、坐骨神経痛でしょう。」
「早く治してあげたいので、来週は詰めて来て下さい。」
って言われました。

               

ワンちゃん達は、娘とだけのお散歩にも慣れて・・・アンも喜んでお散歩に行く様になっています。

主人がいる間は、ワンちゃん達は1人ずつ、主人とお散歩に行きました。

「アンが嫌がったら、無理してお散歩しなくてもいいから、帰って来て。」
って言ったのに、アンは主人と2人のお散歩も、嫌がらずに行って来ました。

               

坐骨神経痛も、長時間パソコンの前に座ってられないので、ブログが思う様に書けません。

今もブログを書きながら、
『時間が長くなって来てる・・・』
って焦っています。

坐骨神経痛の痛みがひどい間が、主人の神戸滞在と丁度重なったので、主人に家事をしてもらえたので、本当に助かりました。

ぎっくり腰も、坐骨神経痛も、「ストレス」と「冷え」から来ているみたいです。

『ストレスって、何にでも関係しているみたい・・・』

               

これは(↑)、坐骨神経痛になる前に娘と2人で梅田へ、「バレンタインチョコレート博覧会2017」を見に行った時の写真です。

いろんなチョコレートを買って帰って、食べてみたのですが、
「やっぱり、ゴディバのチョコレートが美味しいよね!」
って・・・毎年、同じ結論に辿り着く私達母娘です。

今年も、たくさんの種類のチョコレートを食べました。


<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村






               






この記事をはてなブックマークに追加