日々の幸せを育んで

シーズーのマリー、チベタンテリアのアンとの平凡な暮らしの中で気づいた、『日々の小さな幸せ』を書き綴ったブログです。

穏やかな空気をまとって

2017年05月19日 13時10分00秒 | 日々の暮らし

今日も青空が広がっていて、ガラス戸を開け放していると、心地いい風が通り抜けて行きます。

ソファのキルトカバーを外しました。

1日に何度も掛け直すのが面倒なので、
『取った方が、すっきりしていて・・・いいかな。』
って思う事にしました。

家の中は、赤色が目立って・・・昔の我が家に戻った様です。

               

昨晩、娘がワンちゃん達のシャンプー・ドライをしてくれたので、今日は、私がマリーのカットをしました。

今朝はいつもより早起きだったので、マリーのカットを始めたのは、8時過ぎでした。

細かい毛が飛び散って・・・マスクをして、眼鏡を掛けていても、喉も目も不調になります。

『随分時間が掛かってる・・・』
『もうお昼頃なのかな?』
って思って時計を見ると、まだ10時前でした。

いつもだと10時頃から始めるので、ちょっと時間の感覚を間違っていたみたいです。

               

毛が短くなると、マリーはとっても若く見えます。

『でも、マリーはちょっとお疲れなのかな?』

『お散歩して、シャンプー・ドライして・・・次の日にカットだと、少し疲れたのかな?』

『全力疾走しなくてもいいから、このままのマリーでいて欲しい。』
って思います。

               

この間、夜眠る前に何か考えていて・・・ふと、思いました。

『人って、その人となりの空気をまとって、生きてるんだ。』

『空気は見えないけれど・・・。』

『まとっている空気は、感じ取れる・・・』

何を考えていたのかは、まったく覚えていないのですが・・・何故か、この結論だけが頭に残りました。

               

で、昔の出来事を思い出したのですが・・・。

娘を連れて実家に帰った時、いつも通りに会社の事務所に寄って父母に挨拶をしようと思うと、事務所のガラス戸越しに、主人がカウンターに背を向けて仕事をしている姿が見えました。

『主人には行く事を伝えてなかったので、主人は私達を見たら驚くだろうな。』
って思いながら、ドアを開けて事務所に入りました。

ちょっと間を置いて・・・振り返った主人が、
「あぁ、K(私)か。」
「今、すごい優しい空気が流れ込んで来たから、何だろうと思って見たんだ。」
「Kだったんだ。」
って笑顔で言いました。

               

人にはそれぞれ「まとっている空気」があるんだって事を、思い出させてくれた記憶です。

記憶って、こんな風に1場面を切り取って画像として頭に残っていて、それに関係した事を考えたりすると、その場面がはっきりとした映像になって、頭に映し出されます。

あの時の主人の顔、あの時の私と娘、あの時の父母の顔。

で、今回、
『空気をまとって生きているのなら、私はいつも穏やかな空気をまとって生きている人でありたい。』
って思いました。

               

でも、
『一体、何について考えていたんだろう?』

『どうして、覚えていないんだろう?』

『考えていた事より、結論の方が大切だったって事なのかな・・・?』

               





<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村

『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆっくりのお散歩を | トップ | アトム預かり »
最近の画像もっと見る

あわせて読む