日々の幸せを育んで

シーズーのマリー、チベタンテリアのアンとの平凡な暮らしの中で気づいた、『日々の小さな幸せ』を書き綴ったブログです。

お花を活ける

2017年06月20日 08時50分00秒 | 日々の暮らし

梅雨入り発表があってから後、ず~っと晴天が続いています。

16日(金)の夜に、主人が山口から帰って来ました。

マンション前庭のプランターの植え替えをしたり・・・鉢植えの木を移動させたり・・・枯れている枝を切ったり・・・強い陽射しの中、主人と2人でお庭の手入れに励んでいます。

そして、ベッドを夏仕様に模様替えしたり・・・とする事が一杯あって、慌ただしい毎日を過ごしています。

               

ワンちゃん達は、主人がいるとお裾分けが多くなるので、主人が動くと同じ様に後をついて動いています。

「こんなにワンちゃん達に慕われている。」
って主人は喜んでいます。

昨晩。アンが籐の椅子に座っている主人の膝に前足を掛けて、懐いていました。

               

「アン、どうした?」
「アンが、こんな風にしてくる事なんてないのに。」
「どうしたんだろう?」って主人。

アンは、今までに自ら主人に寄って行く事がなかったので、
「アン、どうしたの?」
って、私も不思議になりました。

『アンがやっと、お父さんにも心を開いたってことなのかな?』

               

ワンちゃん達が暑くない様にと、ソファの上に暑さ対策をしてから、随分と暑くなって来ているので、アンがよくいる和室の寝場所に、冷え冷えボードを置いてあげました。

暑い時はここで寝そべれば、体温が下がるだろうと思って置きました。

なのに、アンはボードを避けて寝そべっています。

近くに寄る事もありません。

マリーもアンも、冷え冷えボードは好きではないらしく・・・いくつになっても、好きにはならないらしくて・・・不要品になっています。

時々、私がボードの上に乗っています。

               

この間、娘のスマホで、姪とテレビ電話をしました。

姪はスマホを固定させて、夕食を作りながら、電話に話し掛けています。

姪がお料理を作っている姿を見るのは、初めてです。

手慣れた様子で、お料理が上手そうに動く手。

               

「お姉ちゃん、すごい!」
「お姉ちゃん、お料理上手だね。」って娘。

『ちゃんとお料理を作って、主婦しているんだ・・・』
って思うと、何だか私も嬉しくなりました。

『テレビ電話って、声は少し聞き取り難いけれど、動いている姿を見れるのはいいな。』
って思いました。

               

姪は、時々生け花の写真を送ってくれます。

お花を習った事のない姪なのですが、姪の生け花はとっても優しくて、柔らかい動きのある活け方です。

私は、未生流の師範を持っているのですが、固くきちんと活ける事はできても、柔らかく優しい感じに活ける事ができません。

『こんな風に活けてみたい・・・』

そう思って、姪が参考にしているブログを送ってくれたので、次にお花を買った時に、試してみようと思っています。

               

で、我が家のダイニングテーブルに飾っている背の高いガラス花瓶を、背の低いガラス花瓶に変えて、お庭のチェリーセージを入れてみました。

テーブルの感じが変わりました。

写真を何枚も写したのですが・・・反射して、まったくそのままを写してはくれません。

緑が濃くて、花瓶の中にお庭がある様で・・・「テーブルの上の小さな森」の様に感じます。

背の低いガラス花瓶って・・・何かホッと心を和ませてくれます。

『ふ~ん、こんな事だけでも、こんなに違うんだ・・・』

               

主人は水曜日に、山口に戻る予定です。

それまでは、賑やかな毎日が続きます。



<ブログランキングに参加しました。> 
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪   

   にほんブログ村














『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父と主人の約束 | トップ | ミニ観葉植物 »
最近の画像もっと見る

日々の暮らし」カテゴリの最新記事