日々の幸せを育んで

シーズーのマリー、チベタンテリアのアンとの平凡な暮らしの中で気づいた、『日々の小さな幸せ』を書き綴ったブログです。

北風が吹いて

2016年10月29日 16時35分00秒 | 日々の暮らし

今日は、風が唸っています。

「木枯らし1号が吹く」って、天気予報で言っていたので、きっと木枯らし1号なのだと思います。

「今年の冬は寒くなりそうね。」
って娘に話すと、

「どうして?」って娘。

「今年の夏が、あまりにも暑かったから・・・」
「その反動で、きっと冬は寒くなると思うの。」って私。

あっという間に、寒い寒い冬が来そうです。

               

お昼前に、お買い物に出掛けた時、あまりにも風が強かったので、
「住吉川で、風に飛ばされそうになったよって言ってた姪の昔の話」
を思い出しました。

『尚ちゃんは細いから・・・』
『いくら風が強く吹いたって、私は飛ばされないよな。』
『私って、やっぱり頑丈そう。』

そう思ったら、何か可笑しくて・・・1人でに笑みがこぼれました。

               

この間、マリーのカットをしたばかりなのに、もう毛が伸びてきて、もさもさごじゃごじゃ毛のマリーになっています。

カットをするのは簡単なのですが、マスクをしていても、ふわふわした細い毛が飛び回るので、しっかり覚悟を決めてからしかカットはできません。

鼻炎が完全に治っていないので、覚悟ができなくて・・・考えてしまっています。

毎日、マリーを眺めながら、
『毛が伸びてる・・・』
『カットしないと・・・』
って思っているのですが、いつになるのかな?

               

娘のお友達からと、マンションの人から、柿をいただきました。

熟してしまった柿は、好きではないので、
『硬い内に食べないと。』
って思って、
「柿のサラダを作ってみる?」
って娘に尋ねました。

「うん、食べたい!食べたい!」って娘。

「じゃあ、教えるから、彩ちゃんが作ってね。」って私。

               

レシピの説明をして・・・夕食のサラダとお料理を、娘に作ってもらいました。

「私は、果物が入っているお料理が好きだから、美味しい!」
「いつもと違うサラダが食べられて、嬉しい!」
って娘は喜んでいましたが、私は果物が入ったお料理(パイナップルの入った酢豚など)が、あまり好きではないので、
「柿がサラダに入ってると、こういう味なんだ。」
って、1人だと絶対に作らない果物入りサラダに、納得しました。

               

毎夕、娘と2人で、ワンちゃん達のお散歩に出掛けています。

マンションの門扉の前で「お座り!」させてから、門扉を開けると、ワンちゃん達がお外に飛び出して行きます。

今までは、そうしていました。

でも、この頃「お座り!」させようとすると、マリーがウンチをしたり・・・おしっこをしたり・・・になりました。

               

「マリーが、待てなくなってるよね。」

「マンションの中庭で、ワンちゃんがウンチしたりおしっこしたりするのはよくないから、門扉の前でのお座りは止めさせよう。」

娘と主人とに相談して、ワンちゃん達は「お座り!」なしで、マンションのお外に連れ出す事に決めました。

マンションの中庭にいる時、そんな風にする事がなかったマリーなのに、年齢のせいもあるのかも知れません。

仔犬の様に見えていても、年齢と共に少しずつ変化していくのは、仕方がない事の様です。

               

大騒ぎしながら、毎日のお散歩を楽しんでいます。

一昨日、夜にマリーだけが娘に連れられて、2回目のお散歩に出掛けました。

アンは、可哀想なのですがお留守番で、マリーだけが、ちょっと不調だったので、特別のお散歩に出掛けました。

お散歩の様子を見に行くと、マリーが生き生きと飛び跳ねる様に、お散歩していました。

ワンちゃん達には、冷たい風の心地いい季節になっているので・・・マリーは、気分がよくなった様でした。

               

やっぱり、ワンちゃんはお外が好きです。

お外に出て、いい風に吹かれていると・・・『沈んだ気持が弾んで来るのは、人間と同じなんだ。』って思いました。            
           


<ブログランキングに参加しました。>  
↓をクリックしてもらえると嬉しいです♪ 

     にほんブログ村

『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急に寒くなって | トップ | 秋晴れ »
最近の画像もっと見る

日々の暮らし」カテゴリの最新記事