女たちのリズム

社会人1年目の滋賀県の女
日々の出来事を綴りますo(^-^)o

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

黄色い花を咲かせたい

2012年06月16日 | 音楽
黄色いアイシャドー。
全然使いこなせない^^;



休みの日の朝は、いつも、スピッツの2nd『名前をつけてやる』を聴きたくなる。
その中で、7曲目に「胸に咲いた黄色い花」という曲がある。
歌詞に
“砂漠のひとり遊び”
“このまま僕のそばにいてずっともう消えないでね
 乾いて枯れかかった僕の胸に”
という表現があって、なんとなくいろいろ考えた。



最近、ある文章から「水を注ぐ」という考え方を知った。

“惜しみなく他人に水を注ぐ者は、自分もまた注がれる”

あいさつでも、親切でも、人のためになることはなんでもまず自分からしましょう、
そうしたら、自分にもちゃんと帰ってきますよ、ということ。
しかし、他人に水を注ぐためには、自分のコップに水が沢山入っていないといけない。
水を補給せずに、からっぽなのに注ごうとするのは良くない。
優しすぎる人は、自分の供給能力を超えて他人に水を注ごうするので
注意が必要なのだそうだ。


砂漠や、乾いて枯れかかった僕の胸に水を注いでくれる誰かがいて、
その結果が「胸に咲いた黄色い花」なのかなぁ




最近、黄色が好きで、身の回りのモノに黄色が増えつつある。
明るくてまっすぐなイメージの黄色を見ると、元気が出る気がする。

だから、今日も随分前に買った黄色いアイシャドーを引っ張り出してきたけども、
ビビットカラーの単色使いは難しい。
私にはまだ早かったみたいです(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人生は組み合わせ

2012年04月12日 | Weblog
世の中、重要なのは「組み合わせ」やと思う。

例えば文章。
誰もが知っている言葉でも、組み合わせによって
名文が生まれるし、心に響く文章ができる。
難しい単語を並べるだけでは、分からない人もでてくる。

音楽は、音と音の組み合わせに、リズム、タメ、彩り、思い
なんかが複雑に組み合わさって、瞬間芸術となる。
だから、自由自在に演奏することは難しく、楽しい。

人間関係。
合う人、合わない人、好きな人、嫌いな人。
だれと付き合うにしても、その人を構成する要素を
自分の要素と組み合わせてうまくやっていこうとする(べき)。

ファッション。
配色、形、装飾などの組み合わせで
その人がどんな人なのか、他人にヒントを与える。
それと同時に、自分の「こう見られたい」という願望を実現しようとする。


結論:手持ちの数を増やすことも重要だが、
   それを組み合わせる「センス」を磨くことが大切!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

AC/DC『狂った夜』

2012年04月11日 | 音楽
Kontor Szabó Gál - You Shook me all night long


AC/DCの『You Shook Me All Night Long』のカバー。
この曲は多くのアーティストにカバーされていますが、
これが一番好きやな!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい一歩

2012年04月09日 | 音楽
どうもーー!

The Answerのライブへ行き、四国へ旅行に行き、バイトを終え、
追いコンを経て、合宿研修から生還してきました!

できるだけ、放置しないぞ!

とにかく仕事頑張る☆ミ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親知らず一掃

2012年02月05日 | 音楽
先日、親知らずを抜いてきました!
一本ずつ抜こうかと思ったけど、暇がある内に全部一気に済ませたいので
2泊3日の入院で3本抜きました。

一日目
午前中に入院手続きをして、病室へ。
4人用の大部屋で、向かいに女の子が一人いました。

午後1時半から手術。手術着に着替えて、看護婦さんに迎えに来てもらいました。

手術室に入り、手術台に移ります。
台から落ちるのを防ぐため、軽く手足を拘束され、口の中を照らす光で目を傷めるので、アイマスクをされました。
しばらく麻酔の先生と雑談。
そしていよいよ麻酔!「ちょっと刺激があります」と直前に言われビビる私。
刺激とは…なんか、全身に「ズン」と衝撃が来るような、
鳥肌がざわっと全身に立つような、そんな感じでした。

寝てる間は、色んな夢を見ました。
「○○しなあかん!」と急かされるような夢で、疲れました…

手術が終わり、意識が戻ってから病室へ。
痛みは全く感じませんでしたが、喉がカラカラに渇いてて、
止血用にガーゼを噛んでいたので、気分が悪かったです。

夕食は、お粥、鶏肉の焼いたの、おひたし、ゼリーなど、割と普通でした。
でも、まだ下唇に麻酔が残っているので、うまく口を開けられない!
むちゃくちゃ時間かかって、食べました。

寝るまでは、ずっと本を読んでました。
テレビカードを買おうか迷いましたが、普段テレビをあまり観ないので
もったいないかな…と思い、結局買わず。


2日目
7時ごろに看護婦さんが朝食を持ってきてくれたので目が覚めました。
朝ごはんは、お粥、うめぼし、おひたし、味噌汁。

8時半から、先生の検診へ。
特に問題なく、おとなしくしてるように言われました。
病室に戻った後、点滴をしました。

それからは、本読んで、寝て、本読んで…
実に有意義でした(笑)

3日目
2日目と同様、朝食、検診、点滴を終えたら、もう退院です。
荷物をまとめて、母に迎えに来てもらいました。
入院費用は、全部で約4万円。

痛みも比較的少なく、一番腫れる時に安静にできるので、
入院してよかったかなと思います\(^o^)/
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加