風 姿 鴎 伝

野球好きになって十年目。遠いのとワケありで主に中継で観戦。鴎たちに関しては緩く長い目で見てます。だって元気の素ですから。

Solve by yourself ーまずは自分を救え

2017-05-19 | 野球(マリーンズ)
大地、大丈夫か?
眠れてる?ご飯は食べれてる?
まさか“心の風邪”でも引きかけてるんじゃないかと心配になってくる。

中途半端が嫌いで、途中で降りるなんて絶対嫌なんだろうなキミは。
そんな弱い自分は絶対認めたくないもんな。

でもさ。
そのやり方で今、上手く言ってるか?
もちろん責任感があるのは悪いことじゃない。

よく周りをみてごらんよ。
キミが生み出す結果をみてごらんよ。
自分に勝とうとして、勝負に負けてないか?

荷物なんて、義務なんて、責任なんてさ。
時が過ぎてしまえば、以外と馬鹿馬鹿しいものなんだよ。

私たちは、ただ見守るしかない。
本当はキミが背負ってる荷物を一緒に背負ってあげたくてうずうずしてる。
でもそれができなくてもどかしいだけなんだ。

だってこれはキミの問題だから。
他の誰でもないキミの問題だから。

期待に応えようとか、そんな余計なことは考えなくてもいい。
君の番が巡ってくればただそれを解決すればいいだけだから。
それだけでいいんだよ。
他には何もいらないから。

5/18 ロッテvs西武 ⚫1-4

更新が遅れました。体調優先です。

さて、ついに8連敗。このカードも1勝もできず。
5月中旬になろうというのに10勝目すらも遠いとは。

冷たいようですが、これは選手自身の問題です。
もちろんこの惨状の裏には様々な問題が潜んでいるのは事実ですが。

それでも目の前の現実(ペナント)を闘ってゆくしか術はありません。
いちファンとしては、子どもを見守るような気持ちでみていくしかないなと思っている次第です。
結末がどうであれ愛してゆくしかありません( 笑)
もちろん小言は多いですけどね。

さて。
千隼には向かって行く姿勢がありませんね。
オープン戦の頃の、アバウトだけど噛み付くようなボールは何処に行ってしまったのでしょう?
テレビで観ていても不満に感じるくらいでしたが、現地の方の情報によるとやはりインコースを攻め切れていないようです。
意識すると四球が増えてしまうのは、まるであの日の藤岡を見ているようで今後に不安が残ります。

対照的に東條や高野はさすがというべきか。
やはり今年のルーキーに比べて一日の長があります。
ランナーを出してもきっちりと腕を振って向かって行く姿勢に拍手を送りたくなりました。
こういう彼らが昇格に遅れを取ったとは首脳陣はどこを見ているのやら?
もしロッテがこういう惨状でなければ果たして彼らにお鉢が廻って来たのか?と言いたいです。
ブルペンにいる土肥や有吉にも心強い存在になりそうです。

阿部はまあ…いい意味でも悪い意味でも古き良き時代の敗戦処理の鏡ですねぇ。こういう投手も貴重ですよ(緩)

そして遅れを取ったといえば、打つ方でもここにきて根元が引っ張ってくれています。
…思えばあの日あの時、起用や育成の方法を間違えなければチームの柱の構造も変わっていたのかもしれないと思います。

まあ、根元にせよ伊志嶺にせよチームがこういう状況であれば立場的には一番不安定ですのでここは巻き返しと生き残りをかけて泥臭くやってもらいましょう。多分それを期待されての起用ではあると思います。
そしてファームにはこういう時だからこそ、チャンスを掴みたい選手も必ずいます。

大地は一人で頑張る必要は無いんですよ。
ある意味「もー俺も自分のことだけ頑張るから勝手にやって」と開き直れば、代わりにやってくれる人必ず出てきますからね。
大事なのは野球選手として結果を出すことです。

清田だって前は声出してたし、伊志嶺だって元は大学の全日本代主将でしょう?
田村だって存外シャンとしてるじゃないですか?
周りを信じて根回しやって、素直に弱いとこみせればいいんですよ。

以外と回って行くもんです世の中もベンチも。


〔ご一読ありがとうございます〕日々感謝。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国人が助っ人という意義を... | トップ | やっと勝てた…久々のWe are »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。