風 姿 鴎 伝

野球好きになって十年目。遠いのとワケありで主に中継で観戦。鴎たちに関しては緩く長い目で見てます。だって元気の素ですから。

まさかこれってデーター疑惑?なんとなくモヤっとした妄想が

2017-05-14 | 野球(マリーンズ)
日曜日の東京ドーム、デーゲームか。いいなぁ…。
本当だったらGWに働いてストイックな生活を送ってでも、その分の時間とお金がを掛けてでも上京したいところではあります。

まあ今年はこの惨状ですから、結果的には✈️代と🏨代を無駄にせずに済んでるのかと。
まあせめて気分だけでもと、お茶の間スタジアムにピザを宅配してもらいちょっと昼間からお気に入りの🍷などやりながら。
まずは 13:00から先に始まった ソフトバンクvs楽天 を観ることに。

実は本当、最近疑問に感じるんですよ。
もちろんそんなに元々、ロッテって野球が上手いわけじゃないですよ。
それでも今年はあまりに投手が打たれすぎるし、打者が攻略され過ぎです。

本日のソフトバンクvs楽天 戦はちょうど場所も狭い藤崎球場だし、
先発投手は中田と美馬 互いが互いをどう攻略してゆくのか🍷片手に研究モドキ
うーん、普通に野球してるんだよなぁ。
互いに四球とか出したりすることもあるけれど、少なくともそう簡単にボールは飛んでいかないんですよ(´-`).。oO

モヤっとしながら、14:00からchを変えて東京ドームの中継へ。
5/13 日本ハムvsロッテ 11-6 ⚫️ 今日もまた負けましたね…

二木よ。キミも四球病か。
そしてマリンの風が無いとフォークは落ちないのか?

しかしなんだかふと、モヤっとまた考えてしまいました。
二木は立ち上がりを除けば割と丁寧にコースを突いてるんですよ。
(もちろん日ハムの打者の技術もあるんですけど)あまりにも余裕な見逃しっぷり。
まるでこの審判ならこのコースはボールになると知ってるっぽい感じ。
…なんかそういうデータでも共有してるの?そういう疑問がフツフツとね。
で、バッテリーが少し高いところにコースを持ってくると「キタッ」とばかりに振ってると。そういう感じ。

それで二木が若さゆえのいつもの焦りが出てきてもう3回が限度だったのかと。
本来ならば味方が同点に追いついてくれたんだし球数も69だし、4回からやりなおしさせるのが未来のエース候補だと思うんですよ。

あそこで土肥に2イニング任せたのは、データが積算されてないからじゃなかったんですかねぇ。
なんか伊東さんが苦し紛れにやったとしか思えないのって考え過ぎでしょうか?

なんでこんなに信頼できる投手が誰も彼も打たれるようになったんでしょうかね?
これは捕手だけの問題じゃないことは明らかです。
有吉も既に目を付けられてて「若い芽は潰しとけ」と言わんばかりの研究も順調なんでしょうか?

それと打線の復調の内容ですが
ダフィー HR 2本←New!
柴田 HR 初ホームラン 同点弾!
清田 猛打賞 \(^o^)/
大地 マルチで三度出塁!

清田や大地は実績もありますし復調だとは思います。
特に大地の逆方向への深い当たりとかあまり例がないですよね。
ただ、まだまだダフィーや柴田のデーターって固まっていません。
そして満塁の場面の福浦さんの様式美的な併殺は蓄積された作戦によるもの?(まあお疲れもあるのでしょうが)
そう考えると、代打岡田も一種の博打だったりして^^;

どうも日本ハムだけじゃなくて他の球団もそうなんだけど研究が進んでる?
そしてロッテだけがその研究とかやってないのかな?
どうもそう思われるフシがあるんですよ。
それをロッテの選手も知ってるからビビッちゃうのかも…

とまあ最近の惨状を見るにつけ
これって選手の練習量とか気合いとかそんなもんだけで片付けられる話なのか?
と野球素人の考え方ですのでなんとも言えませんけど(モヤっ)

…でなんかハヤシさんとかいう部長さんが色々神経逆撫でしていくんだけど。
このオサーンなんとかなんないのかしらね?


〔ご一読ありがとうございます〕日々感謝。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笑い話にできるその日まで し... | トップ | 育てるべきは勝負強さ 得点圏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。