風 姿 鴎 伝

野球好きになって十年目。遠いのとワケありで主に中継で観戦。鴎たちに関しては緩く長い目で見てます。だって元気の素ですから。

ハマの夜空は百花繚乱 鴎の夢が砕け散る

2017-06-15 | 野球(マリーンズ)
まあここが、しろたん唐川の限界値かねぇ…?
最近の涌井にも言えるけど、結局は球威とかエグい決め球があるでなし。
コースで勝負するしかない(マリンの風があればまだ操れるけどね)

んで配球とかちょっと考えなかったり勝負どころで甘いボールが入れば、ここは横浜。
いい打者には、そらスタンドに持っていかれますわな。

え?そりゃ相手も同じだって?
まあねぇ。パラデスに落ちない球投げないほうが悪いよ(笑)
パ・リーグじゃそんな失態はまあ滅多になかろう( ̄▽ ̄)

6/15 横浜vsロッテ 6-2⚫️ 得点はパラデスのソロ二本のみとかどこまで弱いんだw

唐川が満塁被弾するまでは、真面目にTBS2の中継を観ていたわけですが…
解説の牛島氏が「唐川はこれと言った決め球が無い」「ボールでいいところをストライクで行って、ストライクでいくところをボールにしてる」
と解説してましたね。

確かにその通りで、初回からいつ地雷を踏んでもおかしくない投球でした。
ロペスと宮崎にタイミングが合いまくり。
その間に居る筒香も半分くらいもう起きてましたし。

別局の方面からは、キャッチャー吉田が酷評されていたようですが…
唐川が自ら考えるための吉田でしょうし今日の唐川と、この狭いハマスタの取り合わせはちょっと不幸というほかありません。

そして投手以上に深刻なのが打線です。
一度流れを持って行かれるとこの体たらく。
パラデスの前後が全く打てず。
特にダフィーは右投手のボールも覗き込むようになってしまいました。

今年の交流戦は、例えパのエースクラスでも打ち込まれるときは打ち込まれるのですが結構盛り返して接戦に持ち込んでいます。
しかしロッテだけはそれがありません。
結局、先発の良し悪しだけがゲームを決め打線が盛り返せない間にリリーフが打たれるという最弱チームの典型のような試合ばかりです。
…リーグ戦に戻っても頭の痛いとこだらけですね。

まずは明日からの交流戦最終カードの巨人戦をなんとか勝ち越して終わりたいのですが。
涌井←東京ドームトラウマ
二木←風の援護がない
佐々木←一寸先はジュノサイド?パラダイス?

ってな感じですので、まああまり期待せずに薄眼を開けて応援することに致します。



〔ご一読ありがとうございます〕日々感謝。

共感頂けましたらポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二番弟→兄 交流戦ならではの... | トップ | 今日も同じ打者にやられ放題... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。