風 姿 鴎 伝

野球好きになって十年目。遠いのとワケありで主に中継で観戦。鴎たちに関しては緩く長い目で見てます。だって元気の素ですから。

今日も同じ打者にやられ放題は変わらず

2017-06-16 | 野球(マリーンズ)
世界のロッテがついにセ・リーグのビタミン剤にもなったようで。

交流戦が開催されるようになってから、はや14年目ですか…
今年はセ・リーグもなかなか強いようで。
と、いうよりロッテが元気を与えてるような気がするんだけど?

勝てるのは先発が粘ってゲームを作っている時だけ。
もう先に2、3点取られてしまうと即、主導権を握られ逆転すらできない。
セ・リーグの投手レベルも上がってるし、一方のロッテにはマイナス要素しかないからねぇ。

その象徴が涌井の劣化ぶりではないかと、そう思う次第。

6/16 巨人vsロッテ 8-0⚫️
センターサントスが岡田だったらと言うなかれ。ゲームの流れは決まっていた。

昨日の横浜と同じく、一番勝負してはいけない打者の前にランナーを溜めてしまった。
それに尽きます。
全盛期の涌井はどんな状況でも不利なカウントでも最後にはグッと押し込んで落ちるようなスライダーを武器に豊富な球種を操っていた感があります。
今は経験値から来る術で“あっち向いてホイ”的な部分で打ち取ってはいますが、それで騙すのも限界がありますからね。
チームとしての攻略プランも練りやすくなってくるというものです。

打線も角中が去年ほど粘れません。
大地も清田も外国人勢も落ちる球、大きく変化するボールにはからっきし駄目。
むしろ三木や田村の方が工夫して粘っていたようにも思います。
繋がらない1.5軍打線が投手が入ることで余計に繋がらない。

外国人を競わせる為というのはわかりますが、ブレイクすると思っていた大嶺翔太も使われ方が半端ですし、根元にもスタメンのチャンスが無くてボジ要素が見つからず…
そんな感じばかりでファンとして頭で判っていても、いい加減食傷気味でストレスが溜まってきました。

日テレ中継で中畑氏が精神論ばかり言うのもウンザリで😩
大地がやたらと褒められていたのも坂本と対比したいだけでしょう。
実況のわざとらしさも鼻につき、途中からは今日も速報に切り替えて観ていました。
まあそれだけゲーム自体が面白くないというのもあるのでしょうか?

とにかく後1勝だけでもしてくれれば交流戦最下位は免れるので…
そこだけはなんとかして欲しいと願うばかり。

今日はペーニャの就労ビザが降りて浦和で試合に出たのだとか。
タイムリーを含む2安打という結果で明日の合流は間違いないと思います。
(野手四人は登録できないので替わりに落ちるのは?まあたぶん…)
いきなりは焼け石に水かもしれませんが、相手の警戒も違って来るということに多少の望みを繋ぎます。

そして、江村や柿沼を使えるチャンスは来るのでしょうか?
黒沢の急な昇格と今日の結果といい、何やらの締め切り期間が迫っていることも含めいろいろ疑いたくなる時期ではあります…


〔ご一読ありがとうございます〕日々感謝。

共感頂けましたらポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村












ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハマの夜空は百花繚乱 鴎の夢... | トップ | 開き直れと言うしかない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勝てない😰 (ゆか)
2017-06-16 23:41:46
涌井も今日は残念でしたが、涌井をエースとしておかなければならないチーム状況が涌井のではないでしょうか⁉
世代交代をしたくても結局涌井以下の投手しかいないのですから。
涌井が三番手くらいになれれば、もっと強いチームになれると思いますが。
コメント有難うございます (くままにあ)
2017-06-17 01:03:02
>ゆか様
まさしくそれで、涌井の前に涌井なし涌井の後に涌井なしの状況です。
ドラフトで佐々木に石川のような活躍をしてもらう目論見も外れ、FA獲得も出来ずの金縛りは哀しいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。