写真でつづる日々ブログ三昧  by まくろめ 

写真で驚き感動を
レンズは正統αとM42(old)でナンジャコリャな写り追求!
あなたもご一緒に日々楽しみましょう

イタリアの古都を訪ねて 32 『フィレンツェ 観光』 No.1 2010.06.09 

2010-07-15 | 旅行
自由行動 ドゥオーモに登った後は ヴェッキオ橋(アルノ川にかかる)
まで行ってみることにしました。

ウフィツィ美術館内から見たヴェッキオ橋はこんな感じで、
なんとも橋にお店やら住まいやらがくっついいている。
日本じゃ考えられない(見たことがない)が、ヴェネツィアのリカルト橋もそういえば
お店等があったから、こちらではあたりまえなのかも知れない。

橋の中央では、川上が見られるね。 よし楽しみだ!!



ヴェッキオ橋到着右側が橋の上、そして左側に橋と繋がった建築物。


川下の風景
このアルノ川はなんと ピサまで流れてゆく(地図でたどると・・・)




川上は こんな感じ
左側の建物に ウフィツィ美術館 が写っている
左側からアーチが続き最後のアーチないが黒くなっている場所の上に
窓ガラスが見える。そこから撮影したのが一枚目の写真です。
空が綺麗だわ。



橋の上の建物、両側にお店があり 宝石装飾店がほとんど?
(あまり撮影していなかった:
時代を感じます。


こんな絵も描かれた建物も残っている。
時代経過を感じますね。



ここからは 橋を渡りきったところの風景
路面の石がブロック状じゃないんだね。









再び来た道を戻る 橋の上
 ドゥオーモが見える  道路の石組み注目!!


ショウィンドーから  手も足も出ません



道路も写してみた




歩き疲れて 一休みでもと言うことで イスがあったので
座った 出されたぁ~~~。(爆)

ウナ ビッラ(birra) ペルファボーレ といって注文したか?
いや ビィアと言ってしまったような。
ビィア と言ったのが ビッラと聞こえたか

そうしたら一番でかいのが来ちゃった。
このサイズがノーマルかとしいた


うまかったぁ~~~。 で 10ユーロ ピーナッツは含み、チップ含み(笑)
ピーナッツこの量である。日本で言えば枝豆感覚かな。
この量だけあれば十分時間がつぶせる。


このテーブルの表面見ていただきたい。
ビアーグラスの底が吸盤のようになって見事に安定しているんです。
さすがこういったお店の知恵、歴史が違いますね。1500年か(笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビナウォーク よさ来い祭り ... | トップ | イタリアの古都を訪ねて 3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。