写真でつづる日々ブログ三昧  by まくろめ 

写真で驚き感動を
レンズは正統αとM42(old)でナンジャコリャな写り追求!
あなたもご一緒に日々楽しみましょう

イタリアの古都を訪ねて 15 『パドヴァ スクロヴェーニ礼拝堂』 20100606

2010-06-29 | 旅行
パドヴァ到着

スクロヴェーニ礼拝堂、ジョットのフレスコ画を見に行きます。
カメラ 荷物持込禁止ということで 肝心な イチデジ持参せず
そして スクロヴェーニ礼拝堂の展示室入り口近辺の写真も撮影せずに
終わってしまった。

ここも 入場に制限があり人数も25人限定 最後の晩餐のときと
同じように、入る前にじっと待たされる。ここはビデをを見ながら
過ごしたけれど。
内部は完全に手荷物も制限、撮影禁止、そこで仕方ないのでカメラさえ持ってこなかったのだが、
かみさんが カメラを持ってきていたので 近辺の撮影が出来た。

実際手荷物はほとんど持って入れないという厳重さでしたね。

※ LUMIX DMC-FX50


この反対側が待合室・入り口になる。
ここでも大きな木となったタイサンボクの花を沢山付けています。
わかりまっすか。

ここでのフレスコ画は 青い色がとても綺麗でした。
青の顔料は高価だったんですって。ふんだんに使ったことは 作者の
バックボーンがお金に糸目を付けなかったからでしょうね。
だから現在でもこうした綺麗な画を見られる。


催事の準備かな?




入場入り口 左側手前の綺麗なお庭デス。バラですよ。


入り口から出てきたところ 道路側。



中庭



展示品










教会を出てバスへ移動へ



バス退避の前の橋の上から。



それでは パドヴァの観光徒歩ルート こんな感じです

点線は内部で動いたところです、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアの古都を訪ねて 1... | トップ | イタリアの古都を訪ねて 1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。