風の吹くままに

発達グレーな息子の事をメインに
趣味のこと、海外ドラマ、義父母のこと、時々「嵐」

着々と準備中

2017年03月20日 | 息子
4月からは元の学校へ復帰すべく、準備中です。
施設の退園日、元の学校の始業式に間に合うように、書類上の手続きも進めております。

春休みまで残り一週間。
悔いのない、施設生活、今の学校生活を送るように、本人には言ってあります。
今の学校の友達と今後どのように付き合いたいのか、
その場だけの関係なのか?、
自分で考えて、きちんと挨拶だけはしてきなさいと伝えました。

4月は、正直これからどうなるのか
ふたを開けてみないと分からない状態で、場合によってはサークルをしばらくお休みするか、
何か手放さないといけない状況となるのか
また中国の子とつるんで、問題をおこすのか
予測不能、小学校の校長副校長が移動となれば、学校のカラーも変わるだろうして
しばらくは手探りで、様子を見ながらその場その場で対応していこうと思います。

正直、これからどうなるんだろうという不安がないわけではありません。
でも、不安があっても、
今考えてもどうにもならないことも知っている。
夜寝るときに、時々、ものすごい不安に襲われ、眠れなくなりそうになることもありましたが
そういう時は、考えても仕方ない
ここで考えはストップ。
起きるか起きないか?わからない未来に考えをめぐらすよりも、
じぶんが出来ること、したい事、しなければいけない事にエネルギーを使おう。

今週あたりには、関東は桜の開花宣言がでるとか、でないとか。

一年前、桜の満開の時期
私、児童相談所にお手紙を渡しに行きました。
その帰り、満開の桜をみて
周囲は春休み中で、子連れで桜を楽しむ人
会社の休憩時間を使って、お弁当を広げている人で公園は人であふれていました。

私、いったい何してるんだろう。

桜を見ながら、これからの事が全く見通しが立たなくて
自分一人が、ぽっかりここにいないような、
自分が消えてもだれもここにいる人は気づかないんだろうな?と
ネガティブキャンペーン中でした。
来年は一緒に桜を見ることができるのだろうか、
みれたらいいなと。

家庭復帰はゴールではなく、スタートで
しかも、子育てカウンターは確実に、一日一日と減っていく。
子供は自立へと向かっていく。

今日と同じ日は来ないし
明日が来るとは限らない。
あるのは今だけ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況報告 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。