四季の風

春夏秋冬の街の様子や草花の変化を表現し時の流れの風情をお届けします。

七夕飾りが始まる-2017

2017年06月19日 | 恒例の催し

19日、鶴岡八幡宮の七夕飾りが早々と始まりました。
まだ、今日は舞殿だけでしたが、例年のくす玉や吹き流しがお目見えし
境内が七夕ムードで一層明るくなりました。
本宮や太鼓橋はまだこれからですが徐々にお飾りが賑わすことでしょう。
いつも舞殿の左右に梶の葉を模った色紙、短冊型の絵馬はまだ飾られて
いません。
参拝者の中には今、はやりの浴衣姿の女性もおり、夏らしいさわやかな空気
が漂っています。


天気は快晴で真夏日となりましたが境内は賑わっています。

さわやかな風が吹いて吹き流しが気持ちよく舞っています。梶の葉は飾れていません。

参拝者がどんどん来ています。(逆光でした。)

吹き流しの頭にくす玉が付いていますがかなり精巧に出来ています。

舞殿の日陰でスマホに夢中です。何を検索しているのかな?           

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光則寺の花々ー2017 | トップ | 大巧寺の花々 »
最近の画像もっと見る

恒例の催し」カテゴリの最新記事