はぎわら_m の部屋
社会・時事批評、オピニオン、初等物理の気まぐれ考究、物理教育放談

〔コメント数の数字クリックで書き込みができます〕
 



・突然ながら、計測実験をする人のための技術資料を扱います。
---
開発・研究で使われる計測器は、ほとんどの場合、リモート制御のためのデジタル通信インターフェースを備えている。高機能な機器では、これを使ってPCからリモート命令を送ることが前提になっていて、手動では限られた機能しか使えないのが普通だ。そのインターフェースとしては、複数種類が備わっていることが多いが、今回は GPIB (General Purpose Interface Bus)と呼ばれる規格を使うときの話である。
、、と書き出してみたが、入門的な話を十分に書く余裕はないので、以下は、既にGPIBに触れたことのある人にのみ意味をもつ内容となってしまうことをご了解願いたい。

GPIBを運用するためには、PCにつなぐインターフェースボード(あるいは外付けユニット)が必要だ。このボードのメーカーは多数あって、メーカー毎に、汎用プログラム言語上で使える関数が仕様化されているのだが、ただでさえ、各機器固有の膨大な命令を調べるのに苦労しなければならないところへ、この呼出関数の使い方も調べなければならないという苦労が重なる。だから、インターフェースボードには、よく使われる標準的な製品を用いることにして、そのために用意された関数群に統一して、慣れながら、ノウハウを蓄積していくことになる。ところが、残念なことに、この標準とされているのはNational Instruments(以下NI)社という米国メーカーである。同社の日本語のHPがあって、サポートはそこそこ十分になされているのだが、仕様書や解説文書で日本語化されているのは一部だけであり(和文も分かり難いのが多いが)、さっさと使うという風にはなかなかならない。「英語なんだから斜め読みでも何でもできるでしょ!」と言われそうだが、今回、故あって(概念的に特に分かり難い)「シリアルポール」を行う関数についてのNI社の解説文(ネット公開されている)を日本語訳してみた。そうすると、、やはり、今まで分からなかったところまでよく読み取れる。できた日本語を読んで分かるというよりは、訳す過程で、精読したことが利いているのだろう。
― というわけで、前置きが長くなったが、今回は以下に、Webサイト http://www.ni.com/tutorial/4054/en/ に公開されている、「Serial Polling and SRQ Servicing with NI-488.2 Software and Basic」と題された文書の(私なりの)日本語訳を掲載させてもらう。(NI-488.2を使って、計測プログラミングする人にのみ意味があります.ごめんなさい.)

なお、オリジナルサイトで、改行の入り方が間違っていて明らかにコードがおかしくなっているところなどは修正しています。また、Word文書として書いたものをページ毎に画像化してリンク付きサムネイルの形で貼り付けるものです。(NI社に対しては、製品に関する公開説明文書をサイトを明示して載せるものなので、(利益に協力するだけの意味しかないので)許諾は必要はないと思う、、が如何でしょう.)

        
↑各ページ(左からp.1~p.5)のサムネイルをクリックすれば内容が表示されます。


【付記】 ― 一般向けの情報としては、こちらがメインです。
gooブログには、Word文書やPDFをそのまま掲載する機能はない。そこで、Word文書を画像化して貼ったのだが、その際、docxからjpegに変換するソフトとして以下の「Convertio」というWeb上フリーツールを使った。実用性十分のおすすめツールなので、ここで紹介する。(なお、上の文書の画像は、さらに Paint Shop Pro ver.7 (今となっては貴重な軽快に動く画像加工ソフト、Win10上で問題なく使える.)を使ってpngに変換したものです.)




Convertio ― DOCXファイルをオンライン上でJPGに変換する簡単なツール:
https://convertio.co/ja/docx-jpg/


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ユネスコ記憶... Word文書(*.d... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。