まことのブラリ教員日記

訪問ありがとうございます!
新任教師まことの教育日記。毎日の生活やニュース、教員採用試験受験体験などを記します。

道徳に、万引き指導〜原因は親?〜

2009-09-27 15:17:04 | 教育ニュース・他
万引現場にもモンスターペアレント 「捕まえる前に諭せ」「届く場所に置くな」

9月27日7時56分配信 産経新聞(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090927-00000009-san-soci)

 「なぜ捕まえた」「通報されて子供がショックを受けた」。少年による万引が全国的に増加する中、子供の万引を通報された保護者が、逆に小売店に理不尽なクレームをつけるケースが相次いでいる。少年の多くが「ゲーム感覚」で万引に手を染める一方、“モンスターペアレント”の出現に、捜査関係者からは「親も『たかが万引』と甘く見る傾向にあり、他の犯罪を助長しかねない」と懸念する声が上がっている。(滝口亜希)

 ■子供しからず

 「なんで捕まえたんですか。万引に気づいたなら、捕まえる前に諭すべきでしょう」

 東京都内の大手書店で店長を務める男性は以前、本をかばんに詰め込んで店を出ようとした男子中学生を呼び止め、保護者に連絡したところ、逆にこう詰め寄られた。

 「万引した自分の子供はしかりもせず、『商品を子供が取れるような場所に置いている店の方が悪い』と言ってきた親もいる。万引を犯罪と思っていない節がある」と男性はため息をつく。

 NPO法人「全国万引犯罪防止機構」(新宿区)には、複数の小売店から悲鳴が寄せられている。

 「万引をした高校生を警察に通報したら、後日、高校生の祖父から『孫が精神的にショックを受けた』と抗議された」

 「トレーディングカードを万引した小学生の親に、『いくらですか? 代金を払えばいいんでしょう』と言われた」

 同機構の福井昂(こう)事務局長は、「こういった親は『万引はちょっとした出来心でやってしまうもの』という程度の認識しかないから、子供にもきちんと指導ができない。実際には、万引を入り口に、ほかの犯罪に走るケースも多い」と警告する。

 ■小売店大損害

 警察庁の統計では、今年1〜6月に万引で摘発された少年は前年同期比8・2%増の1万3726人。一方、警視庁が1〜7月に都内で摘発した少年は同46・4%増の2565人で、その増加ペースは全国でも群を抜く。

 店舗側の損失も深刻だ。書店などで作る業界団体「日本出版インフラセンター」(新宿区)の試算では、大手書店14社の万引被害額は年間約40億円。実に総売り上げの1・4%に相当する額で、小売店はクレームとの“ダブルパンチ”を受ける形だ。

 特に都内で万引が急増する理由について、警視庁の捜査関係者は「よく分からないが」とした上で、「本で言えば新古書店など、都内には万引した商品を売るルートも多い。そのシステムを悪用して、小遣い稼ぎの手段として万引をしている人も多いのでは」と推測する。

 一方、警視庁が万引で摘発した少年428人を対象に行った意識調査では、26・8%が動機を「ゲーム感覚」と回答。摘発されたことについては、24・5%が「運が悪かった」と答えるなど、罪悪感の希薄さが浮き彫りになった。

 こうした事態を受け、警視庁は今月、万引防止の「アクションプログラム」を策定。今後、小中高校の道徳や倫理の時間に使える万引防止教育用教材を作成するほか、地域での防犯教室などを通じて、子供だけでなく保護者にも万引が引き起こす結果の重大さを訴えていく。
 同庁幹部は「少年だけでなく、保護者を含めたすべての世代に『万引は犯罪』という認識を持ってもらうことで、ほかの犯罪抑止につなげたい」としている。




 万引き率の増加は、深刻だなぁ…と思います。

 子供を心配する親の気持ちは分かりますが、叱るのは親としても社会人としても当然の義務ではないでしょうか。

 ここで気になったのは、警視庁の人間が道徳教育用の教材を作成する意向であるということ。

 ちゃんと研究して、使える教材を作ってくれればありがたいのですが…。

 以前、学校で行われた「防犯教室」での警官の講義とその内容はかなりめちゃくちゃで、子どもたちには犯罪の恐ろしさをうまく伝えきれていなかった…という話を他の先生方から聞いたことがあります。

 教育の専門家では無いので仕方がありませんが、教材を作るに当たっては「警察は教育のプロ集団ではない」という事を自覚して作ってほしいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 運動会に順位をつける? | トップ | 運動会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原因は躾けのできない親 (とおる)
2009-09-27 18:18:45
原因は躾けのできない親。マナーは守れない、物の善悪は区別できん、少子化が叫ばれてるが、はっきり言ってこんなバカ増やしてもしょうがないぞ。
コメントありがとうございます。 (まこと)
2009-09-28 08:43:34
こんにちは。
初コメントでうれしいです!閲覧ありがとうございます!
モンスターペアレントと呼ばれる人は昔からいたでしょうが、近年増加傾向にあることでこうやって問題視されるのでしょう。
ということは、とおるさんの言う通り、躾の出来ない親が増えているという事。…では、一体その原因は何なのでしょう?
「親の親」が原因なのか、育った「社会環境」が原因なのか、当時の「学校教育」が原因なのか…?
事実を報道する新聞だけでは、真意が分からない事も沢山ありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。