makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

雑巾を縫う

2017-07-31 21:35:24 | ハンドメイド
雑巾ごときをハンドメイドのカテゴリで書いていいのか分かりませんが、今日は2枚縫いました。
久しぶりに針を持ったので、縫い目があまり揃っていないのだけれど致し方ないのです。
この雑巾は、職場で使います。

誰にも雑巾を持って来いと言われていません。
ただ、有期のパートさんとアルバイトさんは、常勤パートさん達と控室が違います。
常勤パートさん達は、お掃除当番があるらしいのですが、有期の人たちにはありません。
そのせいか誰も控室のお掃除をしません。

時々学芸員さんが資料を出し入れに立ち寄る部屋なのですが、ホコリが溜まっている本棚を気にしていないようです。
恐らく長年この調子だったことが窺えます。

私、ハウスダストのアレルギーがあるので、あまり長く控室にいるとくしゃみが出てしまいます。
だから朝ちょっと早めに行ってお掃除をすることにしました。
なによりもテーブルを拭く台ふきんさえもないのです。
ここで食事も摂りますから、少々気持ちが悪くて…。
お掃除のパートさんも存在しますが、ごみの回収のみで、こういった控室のお掃除はしないらしいのです。

そう、ハッキリ言います。
控室が汚いのです。
土足厳禁の部屋なので、床の上を靴下で歩きます。
すると、結局自分の靴の中も汚れるし、自宅までその汚れを持ち帰るみたいで、気持ち悪いのです。

そこで雑巾を持参して掃除したくなりました。
人目につかないよう、早めの出勤で対応したいと思っています。
だって私自身、それほど潔癖症ではないので、他人から潔癖症だと思われるのはちょっと受け入れられないのです。

さて使い古しのタオルで作った雑巾2枚。
明日から出番です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

洗面所壁面の補修をしてみた

2017-07-31 14:12:24 | 断捨離
築10年を過ぎた辺りから、洗面所の床と壁の接地面にあるプラスチック製の板が剥がれてきました。
最初は手持ちの接着剤で補修していたが、先日完全に剥がれてしまいました。
築年数が経過すると水回りから傷むと聞いていますが、わが家は洗面所の壁面から…なのでしょうか?


プラスチック製の板が剥がれたところです。
ここの部分だけ完全に剥がれてしまって、気持ちはガックリ。
同じようなプラスチック製の板をさまざまなホームセンターで探したが、いまだ見つかりません。
建築用接着剤もいくつか見つけましたが、どれを使えばいいのかイマイチ分かりません。
なによりも貼るのを失敗したら、素人には取り返しがつきません。

こちらの壁面は浮き上がり気味ですが、まだ完全に剥がれていません。

このプラスチック製板の役割がイマイチ分からないのです。
恐らく壁紙が剥がれないような抑えの意味合いがあるのでしょう。
あるいは洗面所だから、壁の痛みを抑える役目もあるのかなぁ、と。
工務店に頼めば、すぐ直してくれるだろうことは分かっているのですが、これだけのことで呼びつけるのには忍びないです。

以前から、インテリア用のボーダーテープで、上から抑えていたので、張り替えをしてみました。
ボーダーテープは、いわば幅広のマスキングテープです。
ド素人の私でも貼り直しが簡単なのでとても便利です。

仕上がりは、こんな感じです。
以前は、下にプラスチック製板を仮貼りしてからボーダーテープを貼っていましたが、今回は直接壁紙に貼ってしまいました。
これでダメなら、工務店に頼めばいいかな?とかなり楽観的に考えています。
あと数年で築20年になるマンションなので、だんだん家の手入れも面倒になりつつあります。
この面倒くさがりの性格が、恨めしくも思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

がんばらないダイエット リバウンド

2017-07-31 10:34:36 | 健康&美容
先月目標達成した、がんばらないダイエットですが、その後紆余曲折してリバウンドしました(苦笑)

6月22日に54.4キロで目標達成後、同25日に53.9キロまで落ちました。
じつは、先月まで働いていた職場でのストレス痩せのせいなので、あまり喜ばしい痩せ方で無かったのです。

変わって今月から働き始めた職場は精神的にも体力的にも少し楽です。
ちょっと面倒だな、と思うのはそれまでと違って通勤に都合の良い交通機関が少なく、ちょうどいい時間の乗り物がないことくらいです。
これは勤務する人たち全員が経験することなので、それほど気になりません。

こういった理由で今月は太りました。
7月26日は、56.45キロまで増えました。
一ヶ月前と比べて2.55キロ増です。
ところが、今朝は55.0キロ。先月25日と比べて1.1キロ増。今月26日と比べて1.45キロ減です。

これを見ると「太ったから慌てて痩せたな?」と感じるでしょう。
でも実際は違うのです。

今月からの職場はトイレ休憩の時間があります。
夏だから水分補給もしていますが、トイレ休憩の際に思ったよりもお小水が出ないのです。
首を傾げなから、おかしいな、どうしたのだろう?と思っている間に少しずつ体重が増えました。

それが、たまに一気に解消するときがあります。
自分でも不安になるくらいお小水が出る日があるのです。
すると少しずつ太っていたことが解消し、体重減少になるのです。

そこで理由を考えてみました。
最近辞めたことは、ドリップコーヒーを飲むことです。
単にドリップコーヒーの粉を切らしたことと、家にある缶コーヒーを消費したいことが重なっただけです。
野菜を食べる量が減りました。
月初めにスライスオニオンを食べてから胸焼けのような状態になり、なんとなくいつもより野菜を食べなくなりました。

このような状態が続いていたら、どうやらむくみが出ていたようです。
仕事中に手を握ると、少し指に違和感があったのですが「水分不足で指が痛くなっている」と勘違いをしていました。
靴もなんとなくキツく感じたことがあったのですが「やだ、まだ足が生長しているの?」と勘違いしました(私は40才を過ぎてから一センチ背が伸びたため)。

来月は、カリウムが多い野菜をたくさん食べて、利尿作用がある飲み物も少し多めにとって、暑さに負けない身体で仕事をしていきたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おーいお茶 新俳句のこと

2017-07-30 18:53:48 | 忘れ得ぬ人々
そう言えば、先週の法事の席で親戚を方が伊藤園「おーいお茶」の新俳句大賞で入選したと聞きました。
おーいお茶のパッケージにある、あの俳句のことです。

それはスゴいね!と伝えると「たくさん入賞するから、たいしたことないみたい」とのことです。
ちなみに厳密には俳句ではありません、新俳句です。

その方の作品をネットで拝見したら、季語がありません。
思わず私が「これは川柳では?」と言ってしまいました。
新俳句は季語がなく、その時の心情を言葉に込めるそうです。
そうなると、私には短歌を思い起こしますが、短歌よりも短い字数で心情を表現することになります。
短歌独特の心情の移ろい、込めた気持ちの余韻は?とますます分からなくなります。
だから、新俳句は私が知らないジャンルの文芸だと言うことです。

続けて聞いてみると「自分の作品が載ったおーいお茶をもらえる」とのことです。
その本数は1本らしいです。
また入賞者がたくさんいるので、市販のおーいお茶から自分の作品が掲載された製品を見つけるのは至難の業らしいです。
本来なら自分の作品が掲載された製品を親戚に配りたいところらしいですが、それはムリらしいとのことでした。

おーいお茶の新俳句大賞の内情を少し知って、面白いお話が聞けたなぁ、と思った次第です。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りの靴

2017-07-30 16:25:08 | 愛用品
私はお気に入りの靴を大切に履いています。
それは、Reebokのイージートーンというシリーズで、このデザインはABCマートだけで扱っています。

(写真はお借りしました)

この靴、大変履きやすく、なによりも左足首が少々具合が悪い私には衝撃を吸収してくれるし、左足の甲に神経障害性疼痛があるので痺れる部分を覆わないのでとても助かります。

ところがこの製品は廃盤らしく、常にセール価格です。
セール価格なので、サイズにより欠品の確率が高いのです。
私は24.5センチの靴を持っています。
写真の黒は2足、他にベージュを2足です。
日常から仕事まで幅広く使っています。

ところが冬用の厚手の靴下を履くと少々キツいので、今は25.0センチが欲しいのですが、実店舗でもネットでもなかなか見つかりません。

今の職場では、控室が土足厳禁なので上がり口で靴を脱ぎます。
そしてパート仲間から「その靴、歩きやすそう!」と好評です。
そのため、事情を話して「お近くのABCマートで25センチのがあったらぜひ教えて!」と頼んでいます。

Reebokさん、ABCマートさん、この靴を廃盤にしないで欲しいです!
できることなら、数年前に廃盤になったReebokさんのローファータイプも復活していただけると嬉しいです。
こちらは廃盤になるとは思わずにいたので、ストックを確保し損ないました。

絵本なら復刻版リクエストのサイトがあるのですが、靴はそう言ったサイトがないことが悔やまれます。
私のようになかなか合う靴が見つからない場合、本当に困ってしまうのです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の断捨離 20170730

2017-07-30 10:40:35 | 断捨離
【捨てたモノ】
ティーシャツ 1枚

お気に入りだったのですが、先日付けたカレーのシミ(小さな点が2こ)が気になります。
そして今朝、よく見たら背中に小さな穴がありました。
これで手放すことにしました。

さすがに夏の洗い替えが減るので、1枚買い足そうかとお店に行きましたが、手放すティーシャツほど気に入ったデザインのモノがありませんでした。
ネットでも探してみましたが、今のところ気に入ったデザインが見つかりません。

もしかしたらこのまま少ない服でやりくりするような予感です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パート 7月14回目

2017-07-29 20:11:19 | お仕事気づきノート
今日は激混み日でした。
でもこの施設としては激混みという状態です。
個人的にはもう少し混むかと思っていたので、少しホッとしました。

ところで今日は6人くらいの女の子達と手を繋ぎました。
犯罪と間違われると困るので、先に書きます。
ハンドルネームは男性的な名前ですが、私、40代のオバサンです。
そして、どの女の子達も、彼女たちから手を繋いできたのです。

私はなるべく手を握り返しません。
近くにご両親がいたときに言い訳ができないためです。
1人は私に展示物の解説を求めました。
1人は私に展示物を動かして欲しいと頼んできました。
1人は私と一緒に展示物で遊びたいと言ってきました。
1人は私に一緒に写真を撮りたいと言ってきました。
1人は私の行く先々に追いかけてきて、手を握り続けました。
1人は私とほかの子が喋っていると、横から入ってきて手を握ってきました。

いずれも3歳くらいから5歳くらいの女の子です。
なぜこんなに女の子にモテモテなのかな?それとも他のパートさん、アルバイトさんも同じような状態なのか尋ねてみました。

すると「女の子達が手を握ってくる?どういうこと?」と返されました。
どうやらこんな状態なのは私だけだったようです。
私は子どもさんが苦手な部類です。
女の子達はどうして手を握ってくるのでしょう?
はじめは子どもさん達がママさんと間違えているのかと思いました。
だから私が「あなたのママ(またはパパ)は、あの人かしら?」と尋ねると、女の子達はコクンとうなずきます。
続けて「私、あなたのママさんではないけど、おてて繋いだままでいいの?」と尋ねます。
ふたたびコクンとうなずく女の子。

そして小さな声で「○○して欲しいの」と女の子が言い始めます。
難しいお願いではないので、そのお願いにお付き合いできる範囲でお付き合いします。
この繰り返しです。

帰宅してからMIFさんにこのことを少し話したら「ママがいない子とかじゃないの?」とのこと。
離婚とは限らず、死別などでママがいない子の場合、優しそうなオバサンの手を握りたいのかもしれないよ、と指摘されました。
確かに職務中の私は優しそうなオバサンです。
それは仕事だからであって、普段から優しいオバサンとは言い難いのです。

もしママと死別した子どもさんだとしたら、私の態度は残酷なのかもしれません。
でもそこまでは子どもさんたちの背景を伺い知ることはできません。

「あの施設に行ったら、手を繋いでお話を聞いてくれたオバサンがいたよ」という印象になるのでしょうか?
それはその子どもさんにとって良いことなのかな?と疑問にも感じます。

それにしても他に女の子達が手を繋いできた経験をしている人がいないことにも驚きです。
私は子どもさんを引き寄せるフェロモンでも出しているのでしょうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

F叔母さんとの電話

2017-07-28 21:26:00 | 忘れ得ぬ人々
先日の実家の法事ではゆっくり話ができなかったF叔母さん。
彼女は四国に住んでいるので、年1度くらいしか会えません。
電話やメールはやりとりしているが、先日から叔母とは行き違いになることが多く、やっと今夜叔母と電話で話しました。

叔母は1か月くらい前から腰痛で、やっと大学病院での診察が決まったそうです。
しかも鎮痛剤の飲み過ぎでしょっちゅう口内炎ができているので、話すのも億劫そうです。

10年前の叔母なら「うちの子たちはもう四国に帰ってこないって諦めている」と言っていました。
ところが2~3年くらい前から「娘は四国に帰ってきてほしい」と願うようになってきました。
叔母の娘、つまり私の従妹は四国に帰るつもりはなく東京で生活しています。
家族の問題なので私は口出ししませんが、従妹を四国に帰らせようと思うのはちょっとかわいそうな気になります。
なによりも実家と同じ市内に住む私には、上京や田舎に残した両親など、理解しきれないキーワードなので、叔母の話に耳を傾けるだけです。

また叔母の体調が不調なので、気持ちが弱っているのかな?とも感じられます。
そして叔母のお姑さんも、不調なので(いわゆる後期高齢者特有の気持ちの落ち込み)気持ちが塞がりがちなのだとか。

たぶん叔母にとって今は人生の中でも、体調の不調と気持ちの塞ぎ込みが重なっている時期なのでしょう。
叔母の息子が住む沖縄県で、暑い陽射しと開放的な南国の気分でも味わえば気晴らしにもなるのでしょうけれど…。

叔母宅は自営業なので、夫婦揃って出かけることができません。
ご主人は来月沖縄県に行くそうですが、叔母はお留守番。
叔母の悶々とした気持ちが、少しでも吹き飛ばされますように!
今は腰痛のため阿波踊りの音色さえも恨めしくなってしまう叔母が、早く元気になりますように!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

パート 7月13回目

2017-07-28 18:13:22 | お仕事気づきノート
今日も子どもさん達で盛況でした。
子どもさんは大人とは違う全力さと、思った方向に飛び出す元気さいっぱいです。
弾みで備品が壊れまして…これはある程度分かっていることなので仕方がありません。
ただし、学芸員さんが補修をしても2時間後に再度壊れたり…。
そう私の頭の中では「スクラップ&ビルド、スクラップ&ビルド…」と空想してしまいました。

実際には、スクラップ&リペアでしかないのですが、日々壊れる様子が呆れるよりも、どうにか笑いに変えたくなるのです。

さて今日はプレミアムフライデーです。
残念ながら、私の勤務先にはその恩恵はありません。
そしてプレミアムフライデーだからといって、来場者が増える訳でもありません。
さて一体どこにその恩恵があるのでしょう?
恩恵を享受されている方になかなか出会えない環境です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パート 7月12回目

2017-07-27 18:25:59 | お仕事気づきノート
今日は夏休みらしい雰囲気の平日でした。
ここの夏休みはこう言う雰囲気なのか、と実感したところです。

さてじつは一昨日突然短期アルバイトが1人辞めてしまいました。
その方の分の人手が不足してしまったそうです。
彼女は誰にも理由を語らずに辞めたので、常勤パートさんを含め私のような有期パート、短期アルバイトも首を傾げています。
誰もがモヤモヤした気分らしいのです。
ただ、その方は最初の研修から毎回のように遅刻してきていました。
短期アルバイトとは言え、遅刻常習はまずいと思わないその方の素振りに、私はヒヤヒヤしていました。

私のつたない経験では、いかに真面目であろうとも、遅刻常習者は軽んじて見られていたし、言動を軽く見られがちです。
そこは本人が思うよりも、人生でたくさんの損をしているように見受けられました。

彼女のことは常勤パートさん達からも「どうして辞めたの?」と何人かに聞かれましたが、私は何も答えられませんでした。
ある意味今いる方達にインパクトを残してお辞めになったので、フェードアウトの方法も考えものだなぁと思った事象でした。

今のパートは体力的にも精神的にも以前のパートよりは楽かもしれません。
楽しく笑顔で働ける職場なので、今、とても楽しいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加