makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

桃が届く

2016-06-30 19:20:52 | 日記
今年も山梨県御坂町のG農園の桃が届いた。
実家の両親からの贈り物だ。ありがたくいただく。

このG農園、もう30年くらいの付き合いだろうか?
初めてバラディーというブドウを食べたのが、この農園から取り寄せたものだった。
栽培方法が大変難しい品種で、結局G農園でもつくるの辞めたときいているが、桃とブドウの栽培では、大変有名な農園だ。



今年も美味しそうな桃だ。
これから暫くは桃三昧の日々。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅前散歩

2016-06-30 13:08:39 | 地図を持たない町歩き
用事で駅前まで行ったので、フラフラと散歩してきた。
まずは図書館。
借りていた本を返却してから、フラフラ。
最近、またフライレディの31ベイビーステップをやろうかと思うようになったので、家事本を3冊借りる。
駅前のお店をフラフラ見て回るが、ここ数年ずっと欲しいと思うモノがない。
セール中だというのに。
無印良品なら何かにあるかな?と思ってみても、何も欲しいと思わない。
自分自身に「禅僧かっ!」とツッコミを入れてみたけれど、今もっているもので十分としか答えが出ない。

服だけではなく、本屋も雑貨屋も諸々の店を見ても、どうも欲しいものが見つからない。
輸入食品店を見ても、試飲のコーヒーだけいただいて、やっぱり欲しいものがない。
ここ2年くらいずっとこんな調子だ。
でもウインドウショッピングがつまらないなんて思っていない。
面白いと思えば、やはり目に留まるが、それを所有したいかと思うと一気に熱が冷めるだけ。


今日、フラフラしたショッピングモールにあっ 映画「シン・ゴジラ」のPRを兼ねた展示。
川崎市とタイアップしてスタンプラリーもしているらしい。
この映画では私が住む町がゴジラに壊されてしまうらしい。
私は自分が住む町が壊される姿を見たくないので、映画も見ないだろう。
いや、テレビ放映があれば、もしかしたら見るかもしれない。
が、積極的に見たいわけではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お前はJKかっ!と小一時間問い詰めたい

2016-06-29 17:57:54 | 日記
日頃MIFさんから「食事を用意してくれるのは良いが、量を減らしてくれ」と言う。
どのくらい減らすべきか様子見しながら減らしても「もっと減らせ」と言う。

正直言って、180センチ超の身長の巨体で、食べる量が私より少ない。
お前は、JKかっ!と小一時間問い詰めたい。

一方で毎日会社帰りにコンビニスイーツやアイスクリームを買ってくる。
当然、その甘味を食べるわけ。
お前は、JKかっ!と小一時間問い詰めたい。

それでいて「痩せないから、飯をもっと減らせ」と言う。
お前は、JKかっ!と小一時間問い詰めたい。

もうこんなJKみたいなことばかりするMIFさんに聞いてみた。

私  「ご飯減らせって言うけど、甘いモノをこんなに食べたら意味ないよ」
M  「逆だよ。甘いモノを食べたいからご飯減らしたいの!」

ああ、ゴメンよ、JK。八つ当たりして。
MIFさんの食生活は幼児だったわー。

☆☆☆追記☆☆☆
MIFさんからのクレームのため一部削除。
代わりに画像投下。

先月合羽橋道具街で見かけた、巨大パンケーキ(食品サンプル)。
これを見ても食欲が湧かないのは私だけなのだろうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白いシフォンケーキを作る

2016-06-28 19:02:09 | 食べ物&飲み物
小さいサイズだけどお安い卵を購入した。
漫画「いぶり暮らし」(大島千春著)は、若い同棲カップルが燻製づくりを楽しむ生活が描かれている。
この中に登場した、卵黄の醤油漬けを食べたかったのだ。

いろいろレシピ検索をしたら、小さいサイズの卵の方が漬け込み日数が少なくてよさそう、塩分が気になるので濃縮めんつゆで醤油の代用をする。 
個数は、漬け込みだけで1度食べたいのとせっかく燻すので、全部で6個を漬け込む。

さて余った卵白6個分。
何に使おうか?
大好きなマシュマロを作っても良いが、残念ながらそんなに大量に作っても消費しきれない。
そこで、昔、どこかで見た白いシフォンケーキを焼いてみた。

これは、卵白、小麦粉、砂糖、カルピス、サラダ油、バニラオイルで作る。
私は独身時代は時々お菓子を作っていたが、ここ15年くらいは年に1度くらいしかお菓子を作っていなかった。
だから、この白いシフォンケーキを見たときに、時代が変わった!と愕然としたモノだ。

さていまは冷却中。
どんなシフォンケーキになるか楽しみ。


☆☆☆ 20160629 追記 ☆☆☆
今朝白いシフォンケーキを食べてみた。
ちょっと膨らみが悪かったが、これは粉を入れてから混ぜすぎたから。
でも真っ白なケーキに驚くくらい。
ただ、膨らみが悪かったからなのかそれとも卵黄がないせいか分からないが、少しムッチリとした食感。
何かに似ている…と思ったら、はんぺんやかまぼこのようなムッチリ。
全然魚肉は入っていないけど、なぜがはんぺんを彷彿させる。
次回作るときはもう少し、混ぜ方を工夫していこう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京高裁判事

2016-06-27 19:46:37 | 日記
東京高裁の現役判事がTwitterで、自身の上半身裸写真や縄で縛られた男性写真をアップした。
この件で高裁長官から口頭注意され写真を削除。
でもまたアップしたとのこと。

くだんの判事からしたら、表現の自由なのかな?
惜しむのはこの判事、最高裁判事になりたいと思っていないのだろう。
最高裁判事なら国民審査があるが、高裁判事ならどんなに非難されても国家公務員だもの。
法律に違反しなければ、犯罪者ではないからね。
こういった一風変わった性癖を持った人でも高裁判事にはなれるんだね。

善光寺の貫主様のセクハラ&パワハラがかわいく思えてしまう。
ただ、善光寺はね、貫主様が品位を下げるのはいかがなものかと思う。
善光寺のお上人様に恥をかかすな!と思う。
お上人様の後継者が継ぐのが嫌になるようなことはしないで欲しい。

その点、判事は次の担当者が頑張ればいいだけ。

☆☆☆追記☆☆☆
裁判官と表記していた部分を判事に直しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群馬県&埼玉県 古墳公園を巡ってきた

2016-06-26 16:46:13 | 旅行&ドライブ
先日夜勤に出勤する前のMIFさんと「歴史秘話ヒストリア」の再放送を見た。
その時、MIFさんが「オレ、古墳って見たことないかも」と言う。
私も環濠集落跡ばかりで古墳ってわざわざ見に行ったことがない。

昨夜MIFさんが「明日なんかすることないの?」と聞いてきたので、せっかくだから古墳公園を巡ってみよう!と言うことになった。

今朝は5時出発。
一路関越道で高崎市を目指す。
途中高坂SAで朝食を済ませて、7時半に高崎市のかみつけの里博物館駐車場に車を止める。


ここから八幡塚古墳へ。

先日のテレビ番組でちらりとしか映らなかった埴輪。
肩に小鳥が乗っていて、セキセイインコ好きの私は「もっと見たい!」と言ってしまった埴輪。
じっくり観察して満足!
ただ小鳥ではなくて、タカなどの勇ましい猛禽類を表現したのかも。


埴輪行列。テレビでは7つの場面に分けて解説していた。


王様が巫女から盃を受け取るシーン。現物を見たら結構楽しくて、来て良かった!


外濠から古墳 登っていく




前方後円墳の方(四角)の方から円を望む。後ろの山は榛名山方面。


円の山頂から方を望む


円の山頂に
アザミが咲いていた。


内濠には中島と言う円形の築山がある。これは祭祀をした場所と言われている。


遊歩道が整備されていて、360度周りを歩くことができる。


方の端から。石垣のようだ これは復元なのでどこまで本当かは分かりにくいなぁ。


内濠から


内濠にはキノコが生えていた


今はなくなった文部省。この杭もそのうち史跡になるかも。


こんな感じで埴輪は触ってもいいらしい。埴輪は復元で作った日、作った人が記されている。壊れた埴輪を差し替えらしく、去年作られた埴輪の横に15年くらい前の埴輪が置いてあったりする。

ここからすぐ近くにある二子山古墳に行く。八幡塚古墳からもよく見える。


途中の水田跡。去年行った静岡市の登呂遺跡とはちょっと違う保存の仕方。


古墳全景。こちらは緑の古墳。


二子山古墳の模型。三畳分くらいの大きさ。排水溝まであって雨対策もバッチリ。


ここも山頂まで遊歩道がある。


ノラにゃんこ。草むらの何かを狙っていたが、私が近づくと逃げられた!


八幡塚古墳と違い一面笹に覆われている。


円から方を望む。


方にはなぜか獣道。


出土の様子の再現模型。


1番悲しそうな顔の埴輪。


八幡塚古墳の奥に榛名山。
ここは、保渡田古墳群と言って、前方後円墳がまとまってある。
そして埴輪もかなり保存状態がよく出土しているそうだ。
理由は、古墳が作られてから比較的すぐに榛名山が噴火して火山灰で覆われたからとのこと。
だから、関西の古墳のように森にはなれなかったそうだ。

朝早くから1時間ほど見学。あまり立ち入る人がいなくて、しかもさわやかな群馬の風。
ここは以前は今は高崎市だが、群馬県群馬町だったというので、群馬の中の群馬と言うべきかも。
ロケーションは本当に素晴らしく、群馬の名だたる山々を望み、遙かには高崎観音も望む事柄できた。
今まで古代史は殆ど興味がなく過ごしてきたが、現物を見ると考えが少し変わる。
本当に来て良かった。
埴輪は再現物なのだが、かえって当時を具体的に思い起こすことができた気になれた。

さて、今度は埼玉県に向けて出発。
途中2か所で寄り道。
1つは道の駅おかべ。ここでトウモロコシ長者になったことは他の記事で書いたから割愛。




会場でゆるキャラ「ふっかちゃん」と遭遇。


ちなみに日差しが強く、トウモロコシと引き替えに取り返しがつかない日焼けをする。

もう1か所は、先日地図をみていたらたまたま見つけた私の旧姓と同じ名前の駅。
いつか行ってみたい、と思っていたのでついでに行ってみたい。
写真を撮りまくる私に駅員さんが声をかけてくれた。
ちょっと話し込んで、更に写真を撮りまくる。
この駅は、映画にもでたことがあるらしい。
駅員さんは「映画のファンの方?」と聞いてきたくらいだ。
残念ながらその映画は見ていないので、今度見ます、とお伝えした次第。

さて次は、忍城(おしじょう)。
先日大河ドラマ「真田丸」で、忍城の水攻めシーンが出てきたが、全然分からなくて色々調べまくった。
水攻めをするからには、面白い地形なのだろう、と思った次第だ。








思ったよりも土塁が高くて、そう言えばドラマの中でもこんな櫓みたいな城だったなぁと感心してしまった。
それにしても埼玉県に入ってからどこまでも平らな地形で、なんか怖いなぁと感じる。どこまで行っても平ら、山に近づかないと思ってしまう。


城内のトイレ看板。殿様と奥方様?


今日の目的地の1つ、行田市のさきたま古墳群。


古代蓮が咲いていた。古代蓮の群生は初めて見た風景。


石田堤。忍城の水攻めの際に石田三成が築いた堤。じつは古墳の一部を利用して作られている。


明治時代の案内碑。


円墳の円墓山古墳。ここは徒歩で登ることができる。


円墳の周りは本来は堀があったので、撮影した所(石田堤)よりやや土地が低い。


円墳の山頂より忍城を望む。写真だと分かりにくいが、大河ドラマに出てきた風景と同じ位置関係。


稲荷山古墳。平成29年3月まで修復工事のため立ち入り禁止。


二子山古墳。高崎市の前方後円墳と同じ名前だ。ここも古墳には登れない。


途中にあった水路。こういう小川は私の身近になかったので、ワクワクしてしまう。


将軍山古墳。ここも登れないが埴輪が置いてあって雰囲気が楽しめる。


将軍山古墳の石室財源が見られる資料館。


二子山古墳の周りはコスモスや花菖蒲が植栽されている。


近くの田んぼ。身近に田んぼがなかった私には興味深い風景だが、MIFさんはそうでもないという。


昭和14年の案内碑。これもいつかは歴史的遺物になるかもしれない。


ここから埼玉が始まった記念碑。


国宝の金錯銘鉄剣。埼玉県立さきたま史跡の博物館に展示してある。


駐車場脇のオブジェ。思わず「ヒンベェだぁ!」と叫んでしまった。
じつは1か月ほど前に行った平地の三県境と行田市はそれほど離れていない。
だから今回、行田市に行きたいと言ったらMIFさんはつまらないかなぁ、と思っていたが、そうでもなかったようだ。良かった!

帰りに蓮田SAで少し休んで、一路自宅へ。15時半帰宅。

私自身、今までなかなか興味が持てなかった古代史や安土桃山時代に興味がでたことに少々驚いた。
とくに八幡塚古墳は、テレビ番組で紹介したことで現物をこの目で見たい!と思ったのと同時に、現地のロケーションが素晴らしくて本当に感動的だった。

そして何よりも「オレ、古墳に興味ないよ」と言いつつ、今日もドライブに連れて行ってくれたMIFさん、本当にありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優勝しました トウモロコシの皮むき大会

2016-06-26 15:37:38 | 旅行&ドライブ
今日、埼玉県行田市の道の駅おかべで行われた、トウモロコシの皮の早むき大会で優勝しました。
5人で誰が早く3本のトウモロコシの皮を向けるかというとっても緩いルール。
しかも10組対戦なので優勝者は10人いる。

剥いた3本と優勝者には追加で3本もらえるので6本いただきました。
MIFさんとは別の回だったので私が皮を剥いている姿を見物していた。
彼曰く「ダントツの速さ。ほかの人と全然違う。おまえさんセミプロだよ」とのこと。

じつはこのイベント、整理券を配り始めたときに全然参加者がいなかった。
その時私は、生で食べられるトウモロコシなので、その近くで売店で買ってばかりのトウモロコシを食べようとトウモロコシの皮を剥いていた。
その様子を見てMIFさんが「おまえさん、トウモロコシの皮を剥くの速いな、イベントに出れば?」と言っていたのだ。

私、トウモロコシの皮を剥くのが得意みたい。
今まで知らなかった才能に気づかせてくれたMIFさん、ありがとう。
ただ、トウモロコシの皮を早く剥く能力を活かせる職場が見つかるとは思えないけど。



戦利品。
私がいただいた6本のほかに、MIFさんも出場したので3本いただく。
うち1本はその場で炭火焼きで食べたので、お土産に8本持ち帰り。
参加料なしだったので、こんなにもらっていいモノかと少し心配。

品種は、味来(みらい)という15年くらい前から市場に出ている品種。
生食もできることが売りになっている。
私も以前から知っている品種だが、深谷市では深谷ネギのように売り出したいようだ。
大変おいしく、大変みずみずしく、そして何よりも甘い!
私はぜひ生食できるレベルの新鮮な状態で食べて欲しいと思っている。
生食できるトウモロコシを食べると、やみつきのおいしさだ。
7月中旬までが旬だと言うので、ぜひ道の駅おかべで、このトウモロコシ「味来(みらい 」をご購入いただきたい。


えーと、事務局の皆さん、ステマはこんなモノでいかがでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙2016 選挙カー

2016-06-25 18:51:06 | 日記
今日MIFさんと買い物に出かけたときのこと。
右折待ちをしている私たちの車の前を、ある候補者の車が通過した。

M  あれ?参院選の選挙区ってどうなっているんだっけ?
私  うちは神奈川選挙区だよ
M  今通ったのって、誰?J党からでてるのってMとNでしょ?
私  今の人、比例でしょ?(内心、NはJ党でないとは思いつつ黙る)
M  え??比例って党名書くんじゃなかった?個人名の選挙カーだったよ
私  政党名でも個人名でもいいんだよ
M  そーだっけ?もう昔のことは忘れたー
私  3年前に参院選に投票したでしょ?
M  3年前なんて昔だよー

私だって選挙公報見ないと分からなくなりそうだ。
今回は、疑問票や案分票が増えそうだ。

例えば、「民主党」と投票すると、疑問票になる。今は「民主党」がなくなったから。「民進党」と書かないと岡田代表の党に投票したことにはならない。
「おおさか維新の会」も略称は「維新」なので「おおさか」と書くと新党改革の大坂候補者の票になってしまうそうだ。

ちなみに過去の参院選比例で1番個人票を獲得したのは、つい先日まで都知事だった方。
手堅い組織票を持つ公明党の各候補を抑えてダントツの知名度だったと言うわけだ。
そう思うと、せこい性格だったことが惜しまれるのかなぁ。
私は都民ではないので、そもそも都知事選の選挙権はないので、都民の皆さん、最良の人材を選んでください。

さて、参院選に戻って。
制度がちょこちょこ変わるから分かりにくいなぁと。
選挙公報がきたらちゃんと読もうっと。

☆☆☆追記☆☆☆
選挙カーと呼ぶのは、選挙の立候補者とあまり関わったことがない人。
選挙カーを「せんしゃ」と呼ぶようになったら、選挙の立候補者に携わったことがある人。
ちなみにわが家は「せんしゃ」と呼ぶ。
ウグイス嬢を「ウグイスさん」と呼んだり、「為書き」が何のことか分かるようならどっぷりだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

顔と同化している

2016-06-25 10:52:06 | 日記
先日、私と同じ赤い縁の眼鏡を新調したMIFさん。

私  「MIFさんは私より色黒だから、眼鏡が顔と同化してるね」
M  「オレの顔がどうかしてるって??」

爆笑させていただいた。
MIFさん、朝から飛ばしすぎ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怖くて確認できない

2016-06-24 21:02:16 | マネープラン
少ないながら投資をしている身としては、イギリス!何してくれるんだ!と言いたい。

もうさ、スコットランドだけでも独立してEUにとどまってくれないかな?
とかとか。

じつは午前中は株価の動向を見守る気がしたんだ。
でも、BBCの速報で離脱優勢と報道されて諦めた。
もう株価の動向が怖くて見れない。

MIFさんは「含み益が吹っ飛んだー!!」と言っていた。
そんなこと聞いたら自分の保有株式なんて確認したくなくなった。
怖くて仕方がないもの。
キャメロン首相も匙を投げちゃったし、今後EUもイギリスもどうなるのだろう?

そんな中で、韓国では日本経済の沈没を喜ぶ報道も。
ヒトのことはいいから自国経済の心配だけしていてくれと言いたい。

それよりも日本経済、どうなっちゃうのだろう?
1か月前にG7で、安倍晋三首相が世界経済の減速を共同宣言に盛り込もうとしたら、キャメロン首相が反対していたんだよね。
結局、キャメロン首相のお膝元で世界経済の失速。
結果として盛り込んでおいて良かったのでは?

世界経済の失速や難民・移民流入が、次期大戦のトリガーにならないか?それが心配。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加