makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

ヴィノスやまざきへ行く

2014-02-27 21:08:52 | 食べ物&飲み物

この週末にお使い物として、ワインを購入しようとヴィノスやまざきhttp://www.v-yamazaki.co.jp/へ行って来た。

以前、BISTRO30http://r.gnavi.co.jp/36xw06xb0000/というお店で食事をしたときに、デザートのアイスにかかっていたワインが、おいしくてお店の人に効いたら「ソレイユというワインです」と教えてもらった。

以来、このソレイユを置いているお店を探したところ、ヴィノスやまざきの商品だと知った。そこで中目黒のお店で購入したりしていた。

ところが昨春、武蔵小杉にヴィノスやまざきのお店ができたのだ。

それほど高級なワインでも無く、アルコール度数が6%。

私のようにアルコールに弱くてもどうにか飲めるギリギリの度数だ。

そして、一般的な低アルコールワインにありがちな「普通のワインをブドウジュースで割っただけの甘くて薄いワイン」ではなくて、ちゃんとワインなのだ。

ワイン好きだと、酔えないかもしれないけれど、私にとっては唯一心から楽しめるワインと言えそうだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スギ花粉症

2014-02-27 21:08:52 | 日記

今年も元気よくスギ花粉症が全開だ。

だいたいマスクをしているのだけれど、マスクの下は、鼻水が大洪水。

目も痒くて、くしゃみもでる。

毎年のことだから、いい加減体も慣れてくれればいいものを…と思いつつ、律儀にアレルギー反応を起こしている。

今年こそ、アレルギー反応が消えればいい…と思うのに、そんな奇跡は起こらないらしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「月魚」を読む

2014-02-25 18:34:33 | 読書

三浦しをん著。

これまで読んできた三浦しをんさんの本で1番BL臭が濃かった(^^;)

これを読むと私ってつくづくBLに興味がないことに気がつく。

そして、依存というかお互いを必要としあう関係がかなりウェットで私には無い感覚だ。

だから知らない世界だと思って面白いのだろう。

話は、古書店を舞台にしている。私がよく本を売りに行くブックオフみたいなものではない。

昔ながらの神田にあるような感じで。

でも舞台はどうしても東京郊外を思い浮かべてしまう。

主人公の店がどこにあるかハッキリと書かれていないが、自宅には菜園があったり庭がそれなりの広さがあったりすることを考えると、23区内ならかなりの外れ、どちらかというと都下をイメージする。

都下…今の若いコ達は知っているのだろうか?この表現を。

さて主人公は、祖父と父の確執、父と自分の確執、そのほか友人であり同業者である幼なじみとの確執…確執とのがんじがらめな行き方をしている。

こんなにがんじがらめの人生を背負っている人にはなかなか出会えない。

物語の中心は、すでに成人して20歳代半ばの物語だが、彼らが高校時代のストーリーも収録されている。

さて、この物語の中には、「ビブリア古書堂の事件手帖」(私は小説と漫画でしか知らないので、ドラマは知らない)の中で出てきた「せどり」という言葉があった。

この「月魚」の方が出版年代が早いが、もう2度と出会わないと思っていた言葉に出会ったことに驚いた。

古書店の業界では当たり前の言葉なのだろうけれど、古書店とは縁遠い生活をしている私が、そう頻繁に出会う言葉ではないし、少なくとも2年くらい前の私には新鮮な言葉だった。

知らないことを知ることができる本って、ホント楽しい。この本も同様だ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いちご狩り

2014-02-23 15:32:47 | 旅行&ドライブ

今日は、かねてより予約をしていた千葉県の道の駅とみうら枇杷倶楽部でいちご狩りだ。

メンバーは、MIFさんとMACHIKOちゃんと私。このメンバーで山行ではないお出かけは久しぶりだ。

近所の駅でMACHIKOちゃんを拾い、海ほたるPAで朝食(といってもとても軽い)。

そして9時10分、枇杷倶楽部に到着。予約は9時30分からなので、受付を済ませて15分ほど店内をうろうろ。

ここから、一旦店外にすすんで、橋を渡り、いちごハウスへ。

おお、今回も5種類のいちごを食べ放題。ここのお店の人たちはかなりアバウトなので「30分たったら出てきてください。こちらでは30分たったとご案内はしませんので」と言われる。

今回の5種類は、章姫、モモコ、やよいひめ、とちおとめ、紅ほっぺだ。去年のトムベリーとやよいひめが入れ替わっている。

ここでしか食べられない品種は「モモコ」。やわらかい食感が他では食べたことがない。

いろいろ食べ比べたけれど、最終的には「やよいひめ」と「紅ほっぺ」の2種類を行ったり来たり。

この5種類のなかで1番バランスがいいのが「やよいひめ」で、1番酸味があるのが「紅ほっぺ」。

お腹がいっぱいになってくると、味が濃いめ(酸味と甘味が濃いもの)が食べたくなるみたいだ。

気がつけば、ハウスに入って25分が経過。

時間を計らなくても、30分経てば自然とお腹いっぱいになる…という感じだろうか。

ハウスをでたら、再び枇杷倶楽部に戻りお土産を購入。

私は、銚子電鉄のぬれせんべい。

先月脱線事故を起こし、その後1月26日に復旧したのだけれど、今後も銚子電鉄に運行を続けていただきたいのでその一助になればと。

銚子電鉄http://www.choshi-dentetsu.jp/

さて、一路、南房パラダイスhttp://nan-para.com/へ。

南房パラダイスは以前にも来たことがあるのだけれど、施設としては少し古めかしい昭和の香りがする。

現在は道の駅としての役割を担っているのだが、少し寂れた印象だ。

入園料を支払って、温室や動物ふれあいコーナーへ。

楽しみにしていたヒインコへの餌付けは「体調不良のため中止」とあったが、本当は、ラブラブシーズン到来だからかもしれない…という雰囲気だった。

まぁ、ラブラブシーズンだと、どうしても攻撃的な個体が出てくるからだろう。

そして動物とはふんわりとふれあってきた。

さて、昼食。

ここのレストランを利用したのだが…だめだ、ここ。よくこれでお金をとって営業しているなぁというレベル。

まず、注文をしたいのでぜんぜん係員が出てこない。

奥の厨房に3~4人の男性が居るのは見えているので「すみませ~ん」と3回くらい声をかけても出てこない。

たまたま料理を厨房から運んできた人が出てきたので、声をかけても「ちょっと待っててください」と言われてそのまま3分くらい待たされる。

MIFさんが中華丼、MACHIKOちゃんと私が天丼を注文。

5分ほど待ってMIFさんの中華丼ができたので取りに行く。MIFさんが手にした中華丼をみて、私が思わず「ごはん、おかしくない?」と。

どうみても、おかゆみたいなユルユルごはん。MIFさんが食べるとべちゃべちゃのごはんとのことだった。

そして中華丼のあんかけ部分は、MIFさん曰く「100均のレトルトっぽい」とのこと。

さらに5分ほどまって、天丼ができたので取りに行く。

こちらは、天ぷらが冷凍食品のレンチンで、たれがやたらと甘い、ごはんはユルユルのべちゃべちゃごはん。

残念ながら私は1/3くらい残してしまった。MACHIKOちゃんも食べきれなかった模様。

定価700円のものだが、入場時に300円の割引券をもらったので、400円で食べたのだけれど、これはちょっと…。

お店の人もとてもやる気が無い感じだ。

今年3月末で、この施設は民間に払い下げられるから、やる気が出ないのは仕方がないのか?

いまどきの学生食堂だって、もっと安くて、もっと美味しいモノを出すけれどなぁ。

来年もいちご狩りに行くだろうし、民間施設になた南房パラダイスを見てみたいのだけれど、レストランはもう少しましになるだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厄年の厄払い

2014-02-22 20:58:19 | 日記

今日、実家に行ったらMIFさんの厄払いに…と、お札と火箸をもらった。

そういえば私の厄年の時は一応母から打診があって、私は「火箸なんていらん。使い道ないし、厄払いもしない」と言ったから流れた。

あれから数年。

今度は何の打診も無く、いきなり「MIFくん厄年でしょ?はい、あげる」って包みを渡された。

ちらっと見えた火箸に私が「厄年の火箸?」と聞くと、ビンゴだった。

どぉすんだよ、こんなモノ。

と思いつつ、MIFさんはおとなしく受け取っているし。

MIFさん曰く、打診されたなら断るけれど、もう用意されているものはありがたく受け取るそうだ。

まぁ、そういうことならそれでいいや。

ちなみに、火箸は「末永く」や「災難を取り除く」という意味があるそうだ。

MIFさんが厄除けに失敗しませんように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CHINA BISTRO「WANG’S GARDENへ行く

2014-02-22 15:26:49 | 食べ物&飲み物

うちのご近所に2月4日にオープンした中華料理店。

MIFさんは「中華居酒屋」というけれど、居酒屋という雰囲気ではなかった。あのワタミグループが新展開した店とのこと。

びっくりしたのが、中華料理のお店なのに、団体では無いとコース料理がない。

それと、横浜中華街のような味付けかと思っていたら、そうでもない。

実は私、中華料理は少し苦手。店選びを間違うと、ただ味付けが濃いだけの店という失敗をこれまでにしてきたからだ。

そして、この店に関しては、「ただただ味付けが濃い」ということはなかった。

訪れたのは、2月21日金曜日の夜。MIFさんと一緒に行ったのだけれど、彼はジョッキビールを飲んだけれど、私は体が冷えて仕方が無いので鉄観音茶。

MIFさんにはお通しがつくけれど、私にはクッキーが付いてきた。点心だからか…。

エビマヨ、酢豚、麻婆豆腐、チャーハンを注文。

料理が出てくるのもいいタイミングだった。エビマヨは少し酸味が強いと思ったが、それは私がそれほどマヨネーズが好きではないからだろう。

酢豚は、ビックリだ。私の知っている酢豚とは全く違う皿が出されたからだ。通常なら「パイナップルが入っているか、入っていないか?」でちょっとした悶着があると想像するが、それどころではない。もはや「これは酢豚なのか?」という葛藤だ。

そして麻婆豆腐はいくつか種類があるなかから、香港風を選び、このところ四川麻婆豆腐ばかり食べていた私にしてみれば、香港風(広東風)の麻婆豆腐の味に滋味深さを感じてしまった。

チャーハンは、五目炒飯。パラパラとしたチャーハンは当然のこと、五香粉を使っているらしい。少なくとも八角(スターアニス)のかすかな香りとその他のスパイスの風味を感じた。だたし、MIFさんにはこの風味は分からないと言われてしまったのだが…。

全体的に、味が濃くてこれ以上食べられないという感じは一切しなかった。むしろ、ここなら、友達などを案内するにも家から近いしいいな…と思うくらいだ。

また私自身、この店はワタミグループだと思って、そのつもりであまり期待していなかったせいもあったが、「ワタミグループとは思えない」店だ。

ちなみに、お会計はテーブルで。また開店してまだ日が浅いせいか、店員がウロウロしていたり、立ち話していたり、ワタワタしているのが目の端に入ってしまう。これは、そのうち少なくなるだろう…と信じている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第23番 茂嶽山増福寺

2014-02-22 08:23:24 | 準西国稲毛三十三所観音霊場

ホームページ:http://www.zofukuji.or.jp/index.html

交通:川崎市営バスまたは東急バス「末長」バス停から徒歩10分。

【川崎市営バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)南口から溝21系統、溝23系統、溝25系統。または溝15系統と溝18系統の第三京浜入口バス停経由のバス(溝15系統と溝18系統の一部しか通過しないので注意)。

【東急バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)南口から溝22系統。

末長バス停から見える末長交番前交差点に行く。末長交番を背にして、県道14号線を渡り、その先をまっすぐ進む。この道は他よりも少し細くて、暗い道なのだが、道なりにまっすぐ進む。

途中で90度に近い左カーブがあるが道なりに進むと三叉路がある。

この三叉路を右に進み、しばらくまっすぐ進むと、左に石柱があり「増福寺」と書かれているので、左に進む。

坂道を登ると、三叉路があるので、右側の細い道に進み、しばらくすると左に山門がある。

宗派:天台宗   

札所本尊:聖観世音菩薩  

住所:神奈川県川崎市高津区末長775

見所:末長交番前交差点から先は、静かな住宅街で、畑も点在している。なお、東急田園都市線梶が谷駅からも徒歩10分ほどだが、少し心細くなるくらい細い道を通るので、ここでは武蔵溝ノ口駅南口からの行き方を紹介した。近くには久末熊野森緑地などがあり、意外とと緑が多い地域だ。

グルメ:ここは住宅街。グルメと言われるようなお店はちょっと見当たらない。ついでにコンビニも末長交番前交差点の近くのセブンイレブンくらいだろうか…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第22番 光明山大蓮寺

2014-02-22 08:22:35 | 準西国稲毛三十三所観音霊場

Facebook:https://www.facebook.com/pages/%E6%B5%84%E5%9C%9F%E5%AE%97-%E5%85%89%E6%98%8E%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E8%93%AE%E5%AF%BA%E7%85%A7%E6%9B%9C%E4%BC%9A%E9%A4%A8/355342274556996

交通:JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)南口から徒歩8分。

※川崎市営バスや東急バスの久本バス停の目の前なのだけれど、久末バス停は、武蔵溝ノ口駅南口バス乗り場から1つめのバス停。バスに乗る方が、待ち時間などを考慮すると実質的に時間がかかってしまうことが多いので、ここでは徒歩で説明する。

道順:JR武蔵溝ノ口駅から、改札を出て左へ進む。大きな時計が見えるので、その左側にある階段を下がる。階段を降りると、左前方が南口バスロータリー。さらに左方面に進んだバス停(松屋前)を通り過ぎて、谷風呂センターがある角を左へ進む。

道なりにまっすぐ進むと、「久本神社前」交差点があるので、「長崎ちゃんぽん南宝亭」や「上野写真館」がある側の歩道に渡る。

再び、道なりにまっすぐ進むと、右に「斎場 照曜会館」「浄土宗大蓮寺」と書かれた看板があるので、その看板に沿って右に進むと山門がある。

東急田園都市線溝の口駅の場合は、南口改札から出ないと、全く別方向に行ってしまうので、必ず南口改札から出る。目の前のエスカレーターを降りて、左前方のバスロータリー方面に進み、バスロータリーに沿って歩くと松屋や谷風呂センターがあるので、以下は上記と一緒。

宗派:浄土宗   

札所本尊:聖観世音菩薩  

住所:神奈川県川崎市高津区久本2-8-5

見所:すぐ近くに洗足学園音楽大学がある。TVドラマ「のだめカンタービレ」の撮影が行われた音楽大学だ。この大学では頻繁に学内コンサートが行われている。そのコンサートガイドhttp://www.senzoku-concert.jp/をみて、巡礼の途中で音楽に聞き入ってみてはいかがだろうか?

グルメ:すぐ近くにフィオーレの森http://www.bosco-del-fiore.net/がある。私としては、プルミエアベニューhttp://r.gnavi.co.jp/a881902/がおすすめ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21番 富鳳山養周院 

2014-02-22 08:21:08 | 準西国稲毛三十三所観音霊場

交通:川崎市営バスまたは東急バスで梅林バス停から徒歩10分。

梅林バス停に停車する路線は下記の通り。

【川崎市営バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)、東急田園都市園高津駅、JR南武線武蔵新城駅、小田急線向ヶ丘遊園駅からそれぞれ溝06系統。

【東急バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)、東急田園都市線高津駅、JR南武線武蔵小杉駅(東急東横線武蔵小杉駅)からそれぞれ溝02系統。小田急線向ヶ丘遊園駅から向02系統。東急田園都市線二子玉川駅から向02系統。

道順:梅林バス停から、ローソンがある方向に進むと、「梅林」交差点がある。梅林交差点をまっすぐ進む(2つに分かれているので、右側の道)。交差点を過ぎてすぐに左に焼肉屋や保育園、左側に中古車屋があれば正解。

橋を渡り、右にレンタルボックスがあるので、その脇に人が通れるものすごく狭い道があるので、右に入る。

しばらく道なりにまっすぐ進むと左が山門。

宗派:曹洞宗   

札所本尊:聖観世音菩薩 

住所:神奈川県川崎市高津区久地3-10-32

調査:2014年2月27日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20番 諏訪山明王院

2014-02-22 08:20:13 | 準西国稲毛三十三所観音霊場

交通:川崎市営バスまたは東急バス北見方バス停下車2分。

北見方バス停に停車するバスは以下の通り。

【川崎市営バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)から溝05系統、JR南武線武蔵小杉駅(東急東横線武蔵小杉駅)から溝05系統。

【東急バス】JR南武線武蔵溝ノ口駅(東急田園都市線溝の口駅)および東急田園都市線高津駅から溝02系統、溝03系統、川31系統。JR南武線武蔵小杉駅から溝02系統、溝03系統。JR南武線・JR京浜東北線・JR東海道線の川崎駅から川31系統。

道順:ここでは、北見方バス停からの行き方を説明する。

バス停のすぐ近くに「東高津小学校前」交差点があるので、交差点まで行く。

田中接骨院と八百義商店の間の道(進入禁止マークの標識(赤い丸に白地で一が書かれているマーク)がある)を進む。ここはとても狭い道なので注意。

「理容スター」がある角を左へ進む。

「諏訪保育園」の先の三叉路を左へ進む。

突き当たりを左へ進む。

すぐに右へ入る道があるので、右へ進む(「小黒恵子童謡様記念館」と書かれた看板があるので、この看板がある敷地沿いに進む)。

「小黒恵子童謡記念館」の前を通過する。

道なりまっすぐ進むと、右に山門が見える。

宗派:真言宗智山派   

札所本尊:聖観世音菩薩  

住所:神奈川県川崎市高津区諏訪3-14-3

見所:近くに小黒恵子童謡記念館http://www.city.kawasaki.jp/takatsu/page/0000027536.htmlがある。

グルメ:この近所のグルメは知らないなぁ…ご存じの方、おしえてください。

調査:2014年2月25日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加