makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

千葉県八千代市・京成バラ園に行って来た

2017-05-14 10:44:43 | 旅行&ドライブ
毎年2回の恒例行事となっている京成バラ園に行って来た。
今回も写真多めなのでお暇なときにご覧ください。

今朝は5時起き、すぐに身支度して車で出掛ける。
途中のコンビニエンスストアで朝食を購入して、6時20分くらいに入場。

これはハンカチの木。この木の近くでまずは腹ごしらえ。


今年もベルサイユのばらコーナー付近は少し改良されている。
年々充実しているなぁ、と感じさせられる。


今回は初めて霧雨程度の雨にあたる。
今までが好天過ぎたのかも。
ホームページに見頃とは書かれていたが、いつもよりちょっと早いのか、花数が少し少ない印象。
でもいつもは見頃が過ぎていた早咲き種が見られたのでそれはそれで良かった。
大輪系はあと一週間遅い方がいいかもしれない。





















途中で寒くなって温室に入った。
温室内のバラは雨には当たっていないので、それはそれは綺麗!
屋外のバラが一番だと思っていたが、今日みたいに雨の日は、温室でのんびり鑑賞もいいものだ。


このバラは、日本の気候には合わないので、日本で咲くのは大変珍しいそうだ。
こういったバラが見られるのが、このバラ園のいいところ。

ミスターローズこと故鈴木省三氏ゆかりのバラ園だ。
鈴木省三氏作出の「聖火」が、1964年の東京オリンピックで機運を盛り上げたように、2020年にもオリンピックちなんだバラが作出されるのだろうか?

今日は冷たい霧雨の日だったので、早々に切り上げて帰宅した。
それでもやはりこのバラ園は美しい。
いつだって気持ちをリフレッシュしてくれる。

そしていつも朝早くから京成バラ園に連れていってくれて、MIFさん、ありがとう!

なお、京成バラ園の「おはようガーデン」のアーリーオープンは、トップシーズンの限定日のみ。春バラは朝6時から。詳細は京成バラ園のホームページまで。



『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南部せんべいと東雲 | トップ | 歯科治療2017 3回目 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^^) (jun-sweets)
2017-05-15 16:15:12
綺麗なバラが沢山ありますね~(*^^*)
そういうところへ連れて行って下さるご主人様も素晴らしいですね
jun-sweetsさんへ (makoto)
2017-05-15 19:38:38
このバラ園は、日本屈指のバラ園です。
夫はこのバラ園と千葉市のホキ美術館は、夫から声をかけてくれるくらい積極的に連れ出してくれます。
このバラ園の素晴らしさは、日にち限定ですが早朝6時から開園してくれることです。
早朝の清々しい空気の中で見物するバラは格別です。
バラ園! (クラッシャー・マキ)
2017-05-15 22:14:44
こんいちは!

八千代までいらしてたんですね。

私も昨日、バラ園へ行きましたよ。

近所の“草ぶえの丘“のバラ園ですけどね。

makotoさんの、露を宿したバラのお写真、あまりにも美しいのでコメントさせていただきました。

makotoさんのブログには、二ケ領用水のこととか古墳のこととか、関心のかぶることが話題になっているので、過去記事も読ませていただいてます。

これからも、よろしくお願いします。
クラッシャー・マキさんへ (makoto)
2017-05-15 23:03:44
いつもブログを拝見させていただいています。
草ぶえの丘は、佐倉でしたね?私の友人は佐倉に住んでいるので、誘われたことがありますが、日程が合わなくて…。
クラッシャー・マキさんのようにたくさんの展示を拝見はできませんが、私も興味があるまま足が赴くままにたくさんのモノを見て回りたいです。
京成バラ園は、本当に私のお気に入りの場所なので、ついついたくさんの方にも訪れていただきたい場所です。
これからもよろしくお願いします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。