makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

まだ克服できていない

2017-05-17 12:22:04 | 左足外果骨折治療
信じられないことが起きた。
まだ私は左足関節外果骨折のことをまったく乗り越えらていないようだ。
この骨折は三年前の8月に己の身に起きたケガで、いろいろな価値観がガラッと変わるきっかけになったのだ。


今日、たまたまこの角度で自分の足元を見たんだ。
何気ない、本当に何気ない視線の先に傷跡があって、不意に涙が流れた。
あまりのことに自分でも驚いた。

私の足にはこんなに醜い傷跡があって、まだ痺れている。
その負の感情に負けそうだ。

そう瞬時に判断して涙が流れた。
この春、やっとサブリナパンツを新調したんだ。
骨折以来、サブリナ丈はあまり履きたくなかった。
傷跡が見えると胸がキューッと締め付けられるような気分になるから。
もうそういった感情を乗り越えたいし、何よりも以前よりは傷跡もだいぶ目立たなくなってきた。

ところが今日、写真のパンツの色もよくないけれど、パンツの縫い目が足首からずっと太腿まで続いているような気分に…。
ギョッとした。

今日は季節の戻りで、少し寒いくらい。
じつは昨日の午後から足の痺れがきつくて、ちょっと気持ちが落ち込んでいた。
だから負の感情が爆発したのだろう。

今は気持ちが少し落ち着いた。
骨折とともに私は心も折れてしまった…。
これは本当のこと。
折れた心はなかなか治らない。
今日みたいに、ふとしたきっかけで涙が出ることもある。
今更このことで悲しむだなんて、想定外だから必要以上に落ち込む。
そしてゆっくり回復して、忘れた頃にまた落ち込むことがあるのだろう。

心はゆっくりしか回復しないし、何度も試練を越えないと回復しない。
そんなこと、ずっと前から知っているじゃないの!って思い直す。
それにしても、このサブリナパンツ、どうしよう。
けっこう気に入っているんだけれどな。
素足で履くのはやめて、靴下で傷跡が見えないようにするしかないかな?
ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜市中区・山下公園でバラ鑑賞 | トップ | 間一髪 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^^) (jun-sweets)
2017-05-17 12:51:01
女性ですもの、傷を気にするのは当たり前だと思います。
心の傷もなかなか癒えるものではありません。
リラックスして気長にいきましょう(*^^*)
jun-sweetさんへ (makoto)
2017-05-17 13:31:31
そうですね、気長にいこう!そう思います。
励ましのお言葉、ありがとうございます!
今回はあまりにも、ブワッと涙が流れたので自分でも動揺してしまいました。
今更焦ってもいい結果にはなりませんものね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。