makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

にんじんグラッセ

2017-05-25 19:06:10 | 食べ物&飲み物
実家から宅配便が届いた。
中身は、にんじん、キュウリ、名入りタオル、オレンジ。
にんじんは、四国の叔母から10キロも届いたとのことで、そのお裾分け。
キュウリは、実家で採れたらしい。
名入りタオルは、町内会のお付き合いでいただいたもの。
オレンジは、実家近くのスーパーマーケットで買ったモノ。

この中で1番高級なモノはな~んだ?
じつは町内会の名入りタオル。
私の母が地域のボランティア活動の関係で町内会の行事があると、祝い金5千円を包んで持って行く。
そのお礼で貰うのが名入りタオル。だからペラペラの名入りタオルは、1枚5千円換算だ。
いつも思うのだが、お礼のタオルを貰っても使わないなら、断ればいいのに。

さて、にんじんに戻ろう。

四国の叔母が住むところの周辺は、にんじんやレンコンの産地だ。
今回はにんじん。
何も叔母が作付けして栽培しているのでは無い。
ご近所の畑の端に積んであるのを拾って来たのだ。

ご近所さんが配ったモノではなくて、本当に畑の端に泥だらけのにんじんが積んであるだけ。
誰にも声をかけずに、畑周辺の人が拾って来ていいのだ。
例えばうずたかく100本くらい積んであったとして、これを全部拾って来てもいいそうだ。

叔母が嫁いだ頃、スーパーマーケットでにんじんを買ってきたら、お姑さんから「今日は畑ににんじん無かったの?」と言われたとか。
伯母「うちの畑ににんじんなんてありましたっけ?」
お姑さん「うちでは作ってないよ、○○さんちの畑よ」
伯母「え?野菜泥棒はしませんよっ!」
最初はとっても抵抗感か
強かった叔母も、今ではスッカリ勝手にご近所の畑から持ち出すとか。

そんなにんじんがわが家にも流れ着いた。
そこで久しぶりにグラッセにしてみることにした。
いつも通りに作り始める私。
だが、ふと思ったら「グラッセって何?」。

マロングラッセは、砂糖たっぷりの甘くて洋酒が効いたお菓子。
にんじんグラッセは、ちょっと甘めでバター風味の煮物。
何なんだろう、グラッセって??

答はフランス料理の用語で「ツヤツヤに煮たモノ」なんだとか。
味付けは何でも良くて、ツヤツヤなら言いそうだ。

さて今日作ったにんじんグラッセ…バターがちょっと足りないのか、ツヤツヤではない。
もう少しバターを足すかな?
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なもなき家事 | トップ | 食洗機壊れる »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2017-05-25 20:40:36
人参グラッセ、美味しいのが出来上がりましたか?
よその畑から置いてあるものを持って行っていいって凄いですね(◎_◎;)
これもご近所さんだからできる信頼の証しなんでしょうね。
jun-sweetsさんへ (makoto)
2017-05-25 21:08:25
四国のちょっと田舎の方なので、私の実家とはかなり風習も考え方も異なるそうです。
四国は船でしか渡れなかった時代が長かったので、何かあったら助け合い意識高いと聞いています。
畑の端に積んである野菜を無視する方が、ご近所に馴染んでいないよそ者にられることもあるとか。
郷に入らば郷に従え、の諺通りですね。

コメントを投稿

食べ物&飲み物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。