makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

漫画「乙嫁語り」9巻を読む

2016-12-31 19:12:29 | 読書
森薫著。


私が今、この時代で1番面白い漫画だと思っている「乙嫁語り」の最新巻。
中央アジア、シルクロードの途中にある小さな町の物語だ。
元々は、スミスさんという英国青年の旅日記だったはずなのに、話はいろいろと広がっていて、今は元々スミスさんが逗留していた町の話。
ちょこちょこ他の地域での話も4コマで登場する。

今回は表紙の不機嫌な表情の少女、パリヤさんの話が中心。
パリヤさんが手にしているのは、中央アジアのパン。
いろいろと模様が入っていて面白い。

私が子どもの頃、NHKで「シルクロード」という番組があって、子どもの頃はさほど興味なく見ていたが、結婚式のシーンはもの凄くお祭り騒ぎで、その賑やかさがとても印象的だった。
漫画の舞台は100年以上前だが、結婚式に向けての気持ちの持って行き方とか、とても微笑ましくて、パリヤさんには逆境に負けず、幸せになって欲しいと思ってしまう。

この9巻の特典として「ふしぎの国のバード」の著者佐々大河さんと森薫さんの対談の折り込みがあった。
最近「ふしぎの国のバード」もお気に入りで読んでいるので、夢の対談だ。

私にとって漫画は、自分の知らない世界を知るきっかけになっている。
だが、歴史物に限っては、小説の方が面白いと思っていた。
「乙嫁語り」に関しては、近くの図書館で書籍を調べてもなかなか分からないことばかり。
著者がどうやってこの時代のこの地域の歴史、地理、政治、そして生活を知って描いているのだろうか?
本当にいつどんな時に読んでも新鮮で楽しくて、読んでいてまったく飽きが来ない。

これからもいつまでも続いて欲しいと願っている漫画だ。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年最後のお灸 | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2016-12-31 20:57:16
こんな漫画があるんですね。
表紙描かれているのは少女なんですね。
てっきり男性かと思いました(^-^;


MIFさん&makotoさんへ (MACHIKO)
2016-12-31 21:19:14
コメントにて失礼します!
今年も大変大変お二人にはお世話になりました。ありがとうございますm(__)m

来年も早速お世話になりそうですが、宜しくお願い致します。
もう、私も来年は年齢が大台に乗ります。
中身は全く伴っていなく、正直色々今年はしんどかったです。
来年はこれ以上悪くはならないだろうと期待しつつ精進していきます♪

お二人も楽しく健康でしあわせな2017年を過ごせるように...。
よいお年を(^_^)ノ
jun-sweetsさんへ (makoto)
2016-12-31 21:20:05
表情は少女ですが、登場人物の中では1番ガサツな少女です。
本当はとても優しい性格なのに、その表現の仕方が分からない不器用さがとても可愛らしいです。
中央アジアでは布支度という、布に刺繍を施した美しい手芸品があるのですが、これもとっても魅力的に表現されています。
もし興味と機会がございましたら、ぜひ読んでいただきたいです。
MACHIKOちゃんへ (makoto)
2016-12-31 21:22:51
今年も遊んでくれてありがとうございます!
後半は私がパートとは言え土日中心のシフトで働くようになったので、なかなか会えなくなってしまって申し訳ないです。
また来年もよろしくお願いします!
苺狩り、楽しみにしてます!

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。