makoto's daily handmades

暮らしのこと、時々ハンドメイド、散歩、読書
セキセイインコたちを眺めながらのティータイムが至福の時

パート 7月14回目

2017-07-29 20:11:19 | お仕事気づきノート
今日は激混み日でした。
でもこの施設としては激混みという状態です。
個人的にはもう少し混むかと思っていたので、少しホッとしました。

ところで今日は6人くらいの女の子達と手を繋ぎました。
犯罪と間違われると困るので、先に書きます。
ハンドルネームは男性的な名前ですが、私、40代のオバサンです。
そして、どの女の子達も、彼女たちから手を繋いできたのです。

私はなるべく手を握り返しません。
近くにご両親がいたときに言い訳ができないためです。
1人は私に展示物の解説を求めました。
1人は私に展示物を動かして欲しいと頼んできました。
1人は私と一緒に展示物で遊びたいと言ってきました。
1人は私に一緒に写真を撮りたいと言ってきました。
1人は私の行く先々に追いかけてきて、手を握り続けました。
1人は私とほかの子が喋っていると、横から入ってきて手を握ってきました。

いずれも3歳くらいから5歳くらいの女の子です。
なぜこんなに女の子にモテモテなのかな?それとも他のパートさん、アルバイトさんも同じような状態なのか尋ねてみました。

すると「女の子達が手を握ってくる?どういうこと?」と返されました。
どうやらこんな状態なのは私だけだったようです。
私は子どもさんが苦手な部類です。
女の子達はどうして手を握ってくるのでしょう?
はじめは子どもさん達がママさんと間違えているのかと思いました。
だから私が「あなたのママ(またはパパ)は、あの人かしら?」と尋ねると、女の子達はコクンとうなずきます。
続けて「私、あなたのママさんではないけど、おてて繋いだままでいいの?」と尋ねます。
ふたたびコクンとうなずく女の子。

そして小さな声で「○○して欲しいの」と女の子が言い始めます。
難しいお願いではないので、そのお願いにお付き合いできる範囲でお付き合いします。
この繰り返しです。

帰宅してからMIFさんにこのことを少し話したら「ママがいない子とかじゃないの?」とのこと。
離婚とは限らず、死別などでママがいない子の場合、優しそうなオバサンの手を握りたいのかもしれないよ、と指摘されました。
確かに職務中の私は優しそうなオバサンです。
それは仕事だからであって、普段から優しいオバサンとは言い難いのです。

もしママと死別した子どもさんだとしたら、私の態度は残酷なのかもしれません。
でもそこまでは子どもさんたちの背景を伺い知ることはできません。

「あの施設に行ったら、手を繋いでお話を聞いてくれたオバサンがいたよ」という印象になるのでしょうか?
それはその子どもさんにとって良いことなのかな?と疑問にも感じます。

それにしても他に女の子達が手を繋いできた経験をしている人がいないことにも驚きです。
私は子どもさんを引き寄せるフェロモンでも出しているのでしょうか?
ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F叔母さんとの電話 | トップ | 今日の断捨離 20170730 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^^) (jun-sweets)
2017-07-29 22:47:42
仕事モードのmakotoさんから優しいオーラが出ているのでしょうね(*^^*)
子どもの第六感できっと感じているんだと思います。
jun-sweetsさんへ (makoto)
2017-07-30 07:00:42
じつは1人の子どもさんにお付き合いできる時間は限られています。
激混み日ですと、目を離した隙に展示物を床に落として壊す子どもさんもいるからです。
女の子達が手を握ってきても、ずっと側にいることができません。
ちょっとしたジレンマです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。