makoto's daily handmades

暮らし、散歩、読書、映画、時々ハンドメイド
写真の二次使用は許可しませんので悪しからず

クッキーを焼いたら失敗

2018-01-15 18:35:42 | 食べ物&飲み物
何度か書いていますが、私は小麦製品を食べ過ぎるとちょっとお腹の調子が悪くなります。
今はおやつにおせんべいを食べることが増えましたが、時々クッキーも食べたいです。
米粉のクッキーは種類が少なく、そもそもあまり売っていません。

そこで米粉で自分で作るか…でも米粉自体、小麦粉よりもちょっと高価です。
従って、米粉から自作しました。
調べてみると、米粉は普段食べているお米から作ることができます。
ただし素人が作るのだから、2合ずつ作ることにしました。
手作りの米粉は、上新粉よりは細かいのですが、市販の製菓用米粉よりは少しキメが粗いです。
でも繊細なスイーツならともかく、所詮クッキーなので気にしません。

バター、砂糖、米粉、卵黄、ココア等で作ってみました。
ここで間違えました。
米粉の量を計算間違えしまして、定量の6割しか入れていませんでした。
確かにアイスボックスクッキーの割に生地が柔らかいな、とは思ったのですが…。

でも、気づいたのが焼いている最中。
もうどうにもなりませんでした。
形が崩れてしまいました。
でもお味は良かったので食べることはできました。

さて残った卵白で、焼きメレンゲを作りました。
こちらは上手くいきました。
私は焼きメレンゲ好きなので、ついついつまみ食い。
また暫くしたら、米粉クッキーにチャレンジしたいと思います。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

味噌を仕込む 201801編

2018-01-14 15:42:29 | 食べ物&飲み物
今年も味噌を仕込んでみました。
記録のために書き残します。
材料は、大豆500グラム、米麹600グラム、粗塩210グラム。
カビよけに、去年仕込んだ味噌300グラム。
材料は昨年と同じです。
今回は作り方を3つつ変更しました。

いつもは米麹(乾燥)をそのまま塩切りしましたが、今回は事前に少し冷ました大豆の煮汁を加えて半戻しくらいにしました。

塩は粗塩の塊がどうしても崩せなかったので、一部をミルを使って粉砕したため、塩の結晶がまばらになりました。
今回は仕方がなかったのですが、今後は塊がない塩を使うつもりです。

容器はいつもガラス瓶を使っていましたが、プラスチック容器に変えました。
ただし、プラスチック容器はギリギリの大きさだったので、来年は違う容器にしたいと思いました。

それにしても今年で3回目の味噌の仕込みです。
だんだん手の抜き方が酷くなってきました。
どこまで簡素化できるものでしょう…。
ちなみに大豆は前日夜に仕込み、昨夜仕事から帰宅してから大豆を炊き出しました。
もっと時間がかかるかと思っていたら、昨夜のうちにすべて仕込み作業が終わりました。
食べ始めは、9月のお彼岸頃です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

酸っぱーいキウイフルーツ

2018-01-09 17:31:32 | 食べ物&飲み物
3日に親戚からいただいたキウイフルーツ。
ちょっと表面がしわしわになってきたので、まだ硬いけれど…と切り分けて食べてみました。

すると、酸っぱーい!!
びっくりするくらい酸っぱいままでした。
かと言ってMIFさんはキウイフルーツを食べない人なので、消費は私がするしかありません。
あと2つあるので、もうしばらく置いてから食べることにします。

それにしても酸っぱい。
まだ唾液がじわじわ出てきてしまいます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

安納芋

2018-01-09 14:40:02 | 食べ物&飲み物
なぜだ…なぜなのか全然分からない。
強いて言えば、お値段が安かったから?

先日、安納芋を購入しまして、量の割にはお安いなぁ、と思ったのです。
今日、その安納芋を蒸してからグリルで焼いたのですが、甘さが普通のサツマイモと全然変わらないのです。
それどころか、筋っぽいというか繊維が意外と残っているような…。
その繊維が何というか、バナナやミカンを剥いたときの筋っぽい感じと似ていて、要するに甘くないのです。

やはりお安いモノには何かしら欠陥があるかもしれない、と心得ておこうっと。
これなら普通に売っているサツマイモと変わらないので、残念な気持ちばかり残ってしまいました。

数年前にピンポン球くらいの安納芋がたくさん詰まったお徳用を買ったら、とっても美味しかったのです。
こんな小さいのにこんなに美味しいだなんてスゴい芋だな、と思ってのです。
 
今回は私の手の握りこぶしくらいの大きさでした。
もしかして安納芋は小粒の方が美味しいのかしら?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅行土産・赤福餅を食べる

2017-12-01 16:33:08 | 食べ物&飲み物
これも愛知県旅行で購入しました。
でも赤福餅は、三重県伊勢市の銘菓です。

赤福餅は既に食べ終えましたが、パッケージに入っているしおりをよく読んだら、日付入りでした。
これは購入日の11月27日付。
日付印ではなく、印刷で入っています。
一体、赤福餅は1日に何箱売れているのでしょうか?

赤福餅は、私もMIFさんも好物です。
伊勢神宮の近くにある赤福本店で食べた、できたての赤福餅は別格の美味しさです。
ただし、今回は…トレハロース入れすぎでほ?と思うくらい柔らかかったです(原材料にはトレハロースとは書かれていません。正確には糖類加工品)。
昔は、すぐに固くなってしまうので、そのちょっと固くなった感じも遠くまで旅行したな、という気分になったモノでした。

セントレアから三重県方面をジックリ観察したので、行った気分になりましたが、三重県には一歩も踏み入れていないです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

旅行土産・名古屋小倉トーストラスクを食べる

2017-11-29 15:18:06 | 食べ物&飲み物
先日の旅行土産の1つ、名古屋小倉トーストラスクを食べてみました。

若山製菓株式会社。

小倉トーストは名古屋の喫茶店文化の中で誕生した食品です。
今回は名古屋市の外れの方に立ち寄りましたが、喫茶店には行っていないなぁ、と今さらながら気が付きました。

パッケージの写真とは別物のラスクです。
よく見かけるラスクと同じように厚さは8ミリくらい、6センチ角くらいのカリカリのラスクです。
表面に小倉餡とマーガリン風味のペーストを塗ってカリカリに仕上げてあります。

私はラスク好きですが、小倉トースト風味のラスクは初めて食べました。
美味しいです。
たたマーガリンの風味が意外と強く「バターではないんだな、マーガリンなのか…」と思えるくらいなので、再現率は高いと言えます。
これをお土産でいただいたら、私なら「ナニコレ!面白い!」と思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

うす茶あられを飲んでみた

2017-11-28 18:32:19 | 食べ物&飲み物
愛知県臨海部旅行では、いろいろとお土産を購入しました。
愛知県に行ったのに、違う土地のモノを買ってみたり…。
今回は、静岡県で販売されている「うす茶あられ」をご紹介します。


株式会社竹若堂。
パッケージの写真の通りの色合いの、ほんのり甘い抹茶にぶぶあられが入っています。
遠いどこかでシナモンの風味も感じるのですが、本当に僅かな風味です。

デイリーポータルZというサイトで見かけて、1度は飲んでみたいと思っていたところ、新東名高速道路のサービスエリアで見かけて、買ってみました。

甘いお茶はちょっと…と言う方はムリかもしれません。
抹茶味スイーツがお好きな方ならお勧めです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

甘酒を作る 20171114

2017-11-14 22:33:36 | 食べ物&飲み物
最近ちょっとだけお腹の調子が悪いです。
善玉菌が足りていないのかな?それとも野菜不足?と思い、甘酒を作ってみることにしました。

私はアルコール類に弱いので、米麹の甘酒を飲むことにしています。
作るのは、温度調理ができるIH圧力鍋があるのでとても簡単にできます。
米麹、これは簡単に言うとカビです。
麹とは身体にいい(有用な)カビのことだそうです。
まずは餅米でお粥を作り、それを冷ましてから米麹と混ぜて、保温をすればできあがりです。

この甘酒には、整腸作用があるのか実のところ私にはよく分かりません。
ただ、甘酒を食べると(飲むと言うよりもヨーグルトくらいの固さで食べる方が好きです)、お腹が痛くなることが少ない気がするのです。

この「気がする」は大切で、このモチベーションによってお腹の調子が整うこともあるからです。
腹痛で通院しても整腸剤しか処方されないのは、本当に気分が塞ぎます。
そんな気休めの薬なんていらないのに~!と思うばかり。

それ故私は、甘酒を食べることにしています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手前味噌できあがる 2017

2017-10-02 17:09:35 | 食べ物&飲み物
今年1月17日に仕込んだ味噌ができあがりました。


今回で2回目なので何事もいい加減になりつつあります。
そう言えば、よく両親が「初めての子どもは何事も丁寧に、二番目はいい加減」と言っていたっけ。
私、二番目の子だったから、いい加減に育てられたんだよなぁ…と思い出しました(汗)

今回できた味噌は、保存用容器を新調したのでそちらに入れることにしました。
じつは昨年作った味噌が使い切れていません。
たいした量ではないのですが、わが家はあまり味噌汁を作らないので減らないのです。
さて今期は味噌味の料理を少し多めに作ろうかな?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ビーフストロガノフを作ってみる

2017-09-25 19:41:26 | 食べ物&飲み物
先日、MIFさんと買い物をしていたら「オレ、ビーフストロガノフって食べたことないかも」と言い出しました。
私も遠い昔に食べたきりなので、作ってみることにしました。
ただし、私の料理の腕はポンコツなので「ビーフストロガノフの素」を使いました。

タマネギと牛肉、ビーフストロガノフの素、水、サラダ油だけでできるし、たった4分でできるとパッケージに書いてあります。

でも、パッケージの写真にはマッシュルームが入っています。
とりあえずセールで買った缶詰のマッシュルームがあるからいいか…と。

作ってみると、やはりビーフストロガノフの素にはマッシュルームが入っていませんでした。
そしてあっという間にできあがったビーフストロガノフは、思っていたよりも白っぽいのです。
あれー?こんな色だっただろうか?と首を傾げますが、これが正解のようです。

そして食卓に出したところ、MIFさんからも「思っていたのと違う」と言われる始末。
MIFさんは、ビーフストロガノフをシチューのように思っていたらしく「え?ご飯にかけるの?」とも。
私も「バターライスとか、サフランライスとか、味が付いたご飯だった気がするけど、ご飯にかかっていたよ」とこちらも遠い記憶をたぐり寄せる始末。

食事が終わってから、ネットでビーフストロガノフを調べてしまいました。
白っぽいビーフストロガノフも存在し、私の記憶によるバターライスやサフランライスもそれ程間違った記憶ではないようです。

さて、私がビーフストロガノフを食べた記憶は、1度は実家にいたときに母が作ってくれたような記憶があります。
他にお店で食べたことがあるような記憶がありますが、これが思い出せないのです。
私が牛肉料理を食べられるようになったのは、ここ5~6年なのでそれ以前は注文するわけがないのです。
だからどなたかにご馳走になったのだろうと思うのですが、それすらさっぱり思い出せません。

それにしても、ルーがレトルトになっていると、あっという間にビーフストロガノフができてしまいます。
私は本当に料理が苦手なので、ルーを使うと本当に楽だな、と感じています。
会社員時代、日々料理を作るのがイヤでイヤで仕方がなく、かと言って買ってきた惣菜は食べ慣れないので好きになれず、罪悪感いっぱいになりました。

今は割り切りができるようになったことと、時間に余裕ができたので、気持にも余裕があります。
本当にいいな、と感じました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加