人生に乾杯!-ダンスに魅せられた日々-

病を克服して新しい人生が始まった。
そして社交ダンスとの出会いがあり
楽しい時を過ごす日々を大切に・・・。

宝塚雪組東京公演

2017年07月12日 | 観劇徒然草

久しぶりの宝塚だった。
最近、チケットが取れない・・・というか、あまり力を入れてとっていない。
ダメなら、まぁいいか、と思ってしまう。
だからいつ以来かな~。
トップ二人のさよなら公演ということもあって、今回はちょっと頑張ってチケットを取ったのだ。

芝居の方は面白かった。
軽妙洒脱。
幕末の実際の事件(英国大使館焼き討ち)を織り交ぜながらの人情劇だった。
久しぶりに楽しく笑わせてもらった。
ラストシーンがさよなら公演とかぶるが、涙ではないのがいい。

ショーは作・演出の先生が、ちょっと・・・という感じだったので期待はしていなかった。
案の定、見せ場がなく平坦なショーだった。
デュエットダンスだって、もっと魅せてほしかったが、無理というものか。

フィナーレで、べサメ・ムーチョで男役が踊る。
あぁ、べサメ・ムーチョか~と、ボーッと聞いていたら、曲が変わり、ん?どこかで聞いたことがある・・・。

あ!! コーヒールンバ!!

私たち(サークル)が、9月にフォーメーションをやる曲!!
うわぁ、客席ノリノリじゃない。
みんな手拍子、手拍子。
楽しくなってきた。

宝塚ってやっぱり楽しい。
そして目の保養になる。
たまには、こういうものも積極的に観なくてはね。

だから宝塚はやめられない!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きれいに、きちんと | トップ | ショック!これですべてが終... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

観劇徒然草」カテゴリの最新記事