☆★今日のショット★☆

綺麗なお花や美味しいたべものなどあれこれあれこれ載せて行きたいと思います。

黄金山 739m

2012-05-31 21:24:36 | 山・散歩・ジョギング

この時期、どこの山に行けばいいかいつも悩みます。
札幌近郊だと登りやすい山がいっぱいあるけれど、まだ道北方面は分からないんだなぁ・・・

いろいろ探しているうちに浜益の「黄金山」に行きつき、行くことにしました。
でも・・・ここは怖そうだから、ずーっと避けてたんだよな・・

旭川鷹栖から滝川まで高速に乗り、国道451号経由で浜益に向かいました。
右手に見えてきた黄金山。



ゲゲ・・・(^_^;)

それでもめげずに登山口に向かう林道に入ります。
ダート道を4kmで登山口駐車場です。



すでに車は10台ほど止まっていて、人気度を伺えます(^O^)
下山した方に話を聞くと、「山頂は怖くてさすがに這って歩いた」といっていました。
でも、眺望は最高!ということで期待できそうです(^^)/



登山道は笹刈りが行き届いた明るく広い道です。
登り始めは緩やかな歩きやすい道です。



ニシキゴロモだったかな?



これはエゾイチゲかな。

30分くらい歩いた頃でしょうか。
新道と旧道の分岐があります。


迷わず新道を行きます。



スミレ。



おお、山頂付近が見えてきました。



キバナイカリソウ。



クルマバソウ。うちのガーデンのは咲かなかった(T_T)



高度が上がって少しずつ周りの景色がみえて来ました。



ハイミヤマシキです。



初めて見たスミレ。



いよいよロープ場です。来たな!気合が入ります。
両手両足を駆使して、登って行きます。

滑りやすい急登は全てロープがあります。
整備が行き届いていますね(^O^)



おお!暑寒の山々が見えてきました(^^)



岩が見えてきました。
そこに咲くミヤマアズマギク。



かわいい~。



ついに山頂か?



ムラサキヤシオが綺麗!



ピークはまだ先にありました(^_^;)
それにしても尖っているなぁ・・・

よいしょよいしょと登りきって、山頂です(^^)/
這ってあるかなかったよ、上出来。

山頂からは


浜益岳・群別岳~南暑寒岳が見えます。
残雪が美しいなぁ~。



海岸線も見えます。

山頂に到着した直後、聴き慣れた声が聞こえました。
山岳ガイドセンターのゆかさんでした。
今日、ツアーが入っているのを知っていたので、会えたらいいなぁ・・と思っていました。

登り始めの時間は25分早く出たのに、会わないうちに山頂に着いてしまったので、どうしたかなぁ・・と思っていたのですが、旧道を登って来たということです。

ゆかさんやツアー参加者のかたとおしゃべりしながら、楽しい時間を過ごしました。

下山はどうかな?怖いかな?20分ほど寛いで出発。


積んだような岩です。
下りも新道コースで下ります。



新緑が良い色ですね~。



サクラソウ。あとで名前を調べておきます。



イチゲだなぁ・・・葉の形がさっきのと違うなぁ・・・



分岐の近くにある水場です。
冷たい水が最高に美味しかったです(^^)/



新緑が美しい道をどんどん下ります。

山頂直下で会った女性に追いつきました。その方は山菜を採ってらっしゃいました。
のんびりゆっくり歩き、まもなく登山口に到着。

登り 1時間40分   下り 1時間10分

札幌にいた時から知っていた山で、絶対登らない、と思っていたのですが、登ってみると良い山でした。
2時間未満で登れる山なのに、高度感もあり展望も良くて、すっかり気に入りました(^^)/

林道から国道に出るとき撮った黄金山です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑草 | トップ | 6月に入りました。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね~ (れこひつじ)
2012-06-01 18:30:33
今の時期、新緑と花々で北海道の低山はいい季節ですね~!

それにしても私も鎖場とかは苦手です。
絶対下を見ないようにして登るんだけど、下るときは見なきゃいけない(笑)

天気が良くて最高でしたね☆
良い山でした。 (まこにゃん)
2012-06-02 08:32:55
>れこひつじ様
本当は登りたくないスリル満点の山なんですが、登った時の達成感がいいですね~。

鎖は無くて全てロープでしたが、今頃筋肉痛です(^^ゞ

神居尻山は虫が多いので、虫よけ持参必須です(^^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。