☆★今日のショット★☆

綺麗なお花や美味しいたべものなどあれこれあれこれ載せて行きたいと思います。

9/5旭岳 途中撤退 

2013-09-06 21:23:15 | 山・散歩・ジョギング



お天気が安定せず、休日の予定が組めない時は、朝のお天気で決めます。
 前日のナイターが12時まで掛かって夜更かししたため朝寝坊。
雨上がり青空が出ていたので、迷わず旭岳ロープウェイに向かいました。

十勝岳連峰も久しぶりに快晴(^^)オプタテシケまでよく見えました。

さて、ロープウェイに乗ろうと思うと強風で運休(泣) でもすぐ復旧しました。
お天気いいわ~。

裾合平から中岳温泉まで歩き、時間があったらお鉢平分岐まで歩こうかな?と考えていました。

ロープウェイ姿見駅に到着したら、山頂方面少し霧がかかっていました。
裾合平が好きなのよ。 その方向に向かってgo!




シラタマノキ、白くて可愛い!





遠くにはトムラウシもみえますよ!





秋の色合ですね!





エゾオヤマノリンドウが綺麗(^^)





さて、歩いているうちに雲が下がってきて霧。風も強く、目の前の景色もだんだん見えなくなる。

旭岳登山と違って人も少ない。何度も何度も歩いた道だけど、引き返そう。




ガンコウランの実。





コケモモの実。




ミヤマアキノキリンソウ。

30分程で姿見駅に戻りました。 ここでご飯を食べ、どうしようかと考える。

ロープウェイ料金って高いでしょ。
往復2800円、このまま帰るの勿体ないなぁ、と、貧乏性のわたしは思ったのです。 午後から晴れの予報だし、たくさん人もいるから旭岳に行こうっと。 と、歩き出しました。





姿見の池です。 すでに対岸が見えません。 うーん。 霧は晴れるのか?




6合目に着きました。
霧と風です。 景色を見られない登山はつまらないなぁ。

そんな時、霧の中に木の枝をポール代わりに使って歩いている男性が見えました。
ペースはほとんど一緒で追いつきませんが、目の前に人がいると思うとホッとします。

山頂まで行こうか迷った時だったので余計にそう思います。
その方は7号目付近で「お先にどうぞ!」と道を譲ってくれました。

途中でカッパを着たりしたので、 抜きつ抜かれつずーっと一緒でした。

ツアーの方々、若いグループ、ご夫婦などに会いましたが、こんなお天気の時は一種の連帯感の様なものを感じます。 ご高齢の方もいらっしゃいました。 みんなで頑張って登ろうと、心の中で励ましあっているような気がしました。

でも、9号目の手前、もう限界を感じました。

下から吹き上げてくる強風で、動けなくなりました。

これ以上無理だな。


振り返って引き返そうとした時、先ほどの男性です。

「山頂までもう少しですよ」と励ましてくれます。 ありがたいことです。


でも9合目を過ぎても風は止まず、前に進めません。

歩いた時間は1時間20分。 いつものペースで行くと、あと30分~40分で山頂です。

でもこの暴風に晒されて往復で1時間歩くって、体力を消耗するなぁ。

せっかくの励ましも無駄になったけれど、 ここで引き返すことにしました。

その男性に「引き返すので、行ってください」と告げて一人下山しました。

途中会った人達に9合目の様子を話していると、先ほどの男性も下山してきました。
また一緒に下山することなりました。




けれど深い霧の中、歩く道だけ外れによう慎重に歩いていたら、後ろにいた男性の姿はもう見えなくなっていて、私の方が速く歩いていたようでした。





石室に着きました。 ここまで来ればロープウェイ駅はもうすぐです。

気がつけば頭の上から足元まで濡れています。




そして、無事に駅に到着しました。

雨の日の登山もあれば、風の日もある。
けれどこんなに厳しいのは久しぶりだったような気がします。
何度も登ったことのある旭岳でも、お天気の勘が外れました。


姿見駅で温かいカップ麺を食べて、先ほどの男性が戻ってくるのを見届けようと、30分ほど待っていたのですが、汗と霧で濡れた身体は芯まで冷え来ました。


ダメだ、限界。


ロープウェイに乗り込み、旭岳温泉に戻りました。

無事帰ってきたことで良しとしよう。

旭岳温泉、ホテル大雪で温泉に浸かり冷えた身体を温めました。 やっぱり登山はいいお天気の日がいいね。


姿見駅 9:25 → 裾合平方面に行き引き返す → 姿見駅 10:25 → 旭岳9合目 11:55 → 姿見駅 12:58

 




山の帰りに、お花屋さんに行きました。
姿見駅の周りにたくさん咲いていたヤマハハコの花が「ハハコグサ」の名で売られていました。

なんだか愛おしくて買ってしまいました。

この花を見て厳しかった山の事、思い出そう。
山は自然の優しさも、厳しさも教えてくれる・・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長雨 | トップ | やっと穏やかな秋の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よくあの雨・風の中を・・・ (エゾリス)
2013-09-07 20:12:46
先日はメール送ってくれて
ありがとうございます。
旭岳に登ったんですね。
あの台風崩れの秋雨前線の中
良く行きましたね
かなり凄いですね~
やっぱり山は周りの景色が見れて
山の充実感と達成感が味わえるので
天気が良い日が一番ですよね。
でも雪がまだで安心しました。

自分はこう言う日には山登りはせずに
秋の味覚を見つけに出かけます。
今日はオニグルミの収穫と
山ブドウの収穫をしてきました。
マメリンゴもあったのだけど
あれは何かに加工できるのかな?
まこにゃんさんは知っていますか?

来週の連休は天気が良ければ
愛山峡から入り北鎮岳まで行けたら
良いなって思っています。
 (まこにゃん)
2013-09-08 07:14:32
エゾリス様
あの日、朝は晴れていて、山も雨は降っていなかったんです。でも霧の中長時間歩くと、気がつかないうちに身体が濡れているんですね。
合羽を着ていると、汗をかきますから、歩かないでいると急に冷えてくるんです。
でも、良い経験をしました。
お天気の悪い時は山には入らない人ですが、良い経験です。

マメリンゴの加工法はわかりません。ごめんなさいm(__)m
山の紅葉は色付き始めていますので、連休中は綺麗な紅葉が見られると思います。
お天気、良くなると良いですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。