makoの喜怒哀楽

ようこそここへ






薔薇園とフクロウと父と

2016年10月29日 | 日記

今日の1枚

 

薫風薔薇園にて

 

秋薔薇は春に比べて花数も少なく華やかさはないけど

一花の形そのものは綺麗だと聞いている。

また香りも秋薔薇の方が良いとも。

ある会社の社長さんの趣味がこうじてミニ薔薇園を作られたとのこと。

先週のこと仕事の前に立ち寄ってみた。

こころんさんにコスモス畑で教えていただいたことだった。

 

ナビを合わせたのはメイン通りの車屋さんだった。

そこを左折したら山の方へと入って行った。

この先、山へ奥深く入ってしまうのではないかと心配^^;

それを逃れるようにして右折して少し走ると民家も見えてきた。

左側に白い建物が見えてきたのでそこで聞いてみようとしたら

まさしくそこに看板があった。

門には男性が立っていらしてPへの誘導をしてくださった。

他にも車が1台。

入口には女性二人、とても親切に案内してくださった。

社員さんらしい。

それも会社の仕事の一環なのでしょう。

建設会社の資材置き場のような建物になっていた。

その奥にこじんまりとした薔薇園があった。

丁度、女性が黙々と手入れをされていた。

 

楽な姿勢でかなり接写もできるのでした。

PCに取り込んで判ったことが^^♪

この虫さんはレース編みの薔薇を作るつもりみたい^^♪

あとはまぁこんな感じ。

 

「どのバラがお好きですか?」とスタッフさんが。

15時で園内はクローズとのことで促されました^^;

「どの薔薇も素敵ですが、あの色です」

と薄紫バラを指したけど形がいまいちで写真はnothing。

 

で、帰りに目を引いたものがあった。

これ、全てチェンソーで作られたそうです。

そういう大会がここで行われたそうです。

でも、次はないそうです、音が・・・^^;

チェンソーが何台も並ぶのを想像したら笑えました。

この作品は優勝作品だそうです。

 

帰りの車中で懐かしい景を思い出していた。

父がまだ存命の折に訪ねてゆくと、

玄関にこれと同じようなフクロウが置かれてあった。

父の手作りだとすぐに判った。

神社の木を伐採することになって貰い受けてきた銀杏の木。

それをやはりチェンソーで粗方形を整えてから

あとは一刀彫。

陽当たりの良い縁側で何日もかけて彫ったそうな。

父のフクロウは親フクロウの胸元に子フクロウがいた。

その子フクロウがちょっと首をかしげていた。

父は失敗したと言うのだが、

私はそれがとてもユーモラスで可愛かった。

「それがいいいのよ~♪」というと、

「そうか、やっぱりお前もそう思うかぁ」とまんざらでもない父。

フクロウの足元には「長寿」と筆文字で書かれていた。

「お前が来ると判っていたら書いて貰うんやったのぉ」とも言った。

ペン文字は下手でも筆を持たせばガラリと違う字を書くらしいのが私。

大筆を持たせばダイナミックな男文字。

小筆に至っては「高野切」を練習したかいあって

手紙を書くなら巻物に、と思うくらい^^♪

でも、父の字は上手くはないが味があって力強いものだった。

再び父を訪ねてゆくとフクロウが姿を消していたので

「欲しかったのに~」と言うと、

「〇〇が来て、どうしても欲しいというので、やったわ」と言った。

「〇〇」とは、地元の名士で知られる氏だった。

へぇ。

 

ということを思い出しながら仕事先へ向かったのだった。

因みに父は母の2倍半も長く生きて84歳の寿命を全うしたのだった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真で繋がるご縁に感謝♪ | トップ | て、てぇへんだー^^; »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fukurou0731)
2016-10-29 09:21:25
mako様
おはようございます。
お父様の想い出のフクロウ!
私の父は小6の時交通事故で亡くなりました。あまり思い出がありません。母は父の倍生きて96歳で亡くなりました。makoさんのブログを読ませてもらって、久しぶりに父を思い出しました。
フクロウが大好きでフクロウグッズだらけ!ブログ名もfukurou!
ありがとうございました。お墓参りに行ってきます。
おはようございます (kao)
2016-10-29 09:26:39
makoさん、字が素晴らしいのですね。
私はへただから、
本当にいいなあと思います^^
字かおきれいなかたって
人格も素敵と思います。
それで、お父上が彫った親子フクロウ、
子供はmakoさんだったのかなあ~と
想像して温かい気持ちになります。
あ、でも妹様も弟さまもおいでだから
お三人全部かな。・いずれにしても
ほほえましくて柔らかな気持ちになりました。朝からいい気持にさせてくださって
ありがとうございます(^^♪!!
☆ fukurouさん (mako)
2016-10-29 10:36:39
あはは~♪
fukurouさんはやはりフクロウがお好きなのですね^^♪
父など、フクロウの鳴き真似までしていましたね。
「ホロスケ、どーした!」
と父には聞こえるそうです♪
山間の谷間で育った私ですので
雉や鶯などはよく聞いていました。
雉の鳴き声、「ケーン、ケーン」って聞こえていましたね。
私にはそれがもの悲しく聞こえていました。

お父様亡き後、お母様のご苦労とfukurouさんのご苦労に、
わが身を重ねます。
一時は早くに逝ってしまった母を恨むことさえした私です。
大人になって子供を持った時、心から母に詫びました。
私もそろそろ墓参りにいかなくちゃ、です。

☆ kaoさん (mako)
2016-10-29 10:45:42
いえいえ、それがね、ペン文字はからきしダメ。
このギャップに自分でも驚いています^^;
「ハンドル持つと人格が変わる」なんていうこと聞きますが、
「筆を持つと字体が変わる?」でしょうか。
字体は頭の良し悪しには反比例しているのかも知れません、私の場合。
高学歴を持つ人からもよく頼まれていましたね。

そうそう、kaoさんがおっしゃってくださるように、
わが子のことを思って子フクロウも彫ったのかもしれないですね。
わが父ながら、器用だな~と思ったものです。
もっと、その時、褒めてあげれば良かったと思いますね。
フクロウ^^。 (北天使)
2016-10-29 18:34:31
私もドングリでフクロウを作ります^^。
「北さんワールド」の表紙もフクロウなんです^^。

フクロウって森の学者さんというイメージがあるんですよね^^。
漢字で不苦労と書いて,苦労をしないというお守りにも^^。

フクロウを一杯集めている方っておりますよね^^。
こんばんは (のびた)
2016-10-29 21:21:36
字が素晴らしい! これだけでも誇りですが更に 他のことも優秀 才媛の美女と言うらしい・・お父様のチェンソーの腕もすごかったのですね
氷の彫刻にも使えた腕で勿体ないくらいです
☆ 北天使さん (mako)
2016-10-30 06:39:44
おはようございます。

夜は頭が回らなくて^^;
RESコメ遅くなってごめんなさい。

そうそう、北さんはどんぐり細工の名人さんですものね。
本まで出されるのですからたいしたものだと思いますね。
目のつけどころが違いますものね。
どんぐりをみる度に北さんのことを、
北さんのどーぐりワールドを思います。
木の実は面白いですね。

先日、コスモス畑で鳥撮り?さんが
わざわざ車の中から出して見せてくださった中にも「フクロウ」があって、
愛嬌のあるフクロウ、目が可愛くて
鳥撮りさんのお気持ちが判るような気がしました♪
☆ のびたさん (mako)
2016-10-30 07:07:34
おはようございます。

ごめんなさいね、RESコメ遅くなってしまって。
書道は、心が落ち着くんですよね。
それは墨を磨っているときから始まります^^♪

父のフクロウは、子フクロウの姿が何ともユーモラスで楽しいものでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。