makoの喜怒哀楽

ようこそここへ






追憶

2016年10月14日 | 日記
 
ただいまぁ~♪
皆様、おはようございます。セントレア着、昨日の19:25分頃でした。予定のスケージュール通り無事に帰国することが出来て本当に良かったです^^vロスに降り立った折り、空港......
 

昨年の昨日の記事

セントレアには弟夫婦が迎えに来てくれていた。

 

帰りの荷物の方が増えてパンパンだった。

妹が全部パッキングしてくれていたから、

どれがどれだか判らなくなっていたのを

片っ端から解いて振り分けた♪

弟の家に車を停めていたから、

そこへまた荷物を積みなおしてもらって岐路に着いた。

 

途中で車を停めた。

「無事帰ってきましたよ、ありがとう」

父母(ちちはは)の墓の方角に手を合せたのだった。

帰国した日は奇しくも母の命日だった。

 

母が逝ったその日は私にとって初めての運動会の日だった。

隣の隣の小母さんが私を連れて帰ってくれた。

小母さんは乳母車を押していた。

「これに掴まりな」と小母さんが行ってくれたのも憶えている。

稲穂が大きく渦を巻きながら波打っていた日だった。

「この渦の中に消えてしまいたい」

子供心にそう思ったことも憶えている。

家に戻ったら父が外に立っていて、

「ええか、決して泣くなよ」と言った。

中に入ると、親戚の小母さんとお婆さんがかしこまって座っていた。

私もその前に座るように父に促された。

そして父は裏の勝手口に行ってしまった。

最初に口を開いたのはお婆さんのほうだった。

「泪は出なかった」

その後、おばさんが私を励ましてくださったように思う。

でも、怪訝な顔をしていた。

この子、判っているのだろうか・・・

 

小母さんたちが帰ってから堰を切ったように大声で泣いた。

「泣くな!!」

そう言って父は再び勝手口に行ってしまった。

その後、場面の違うところでは父と一緒に泣いたけど。

 

暫くして

表に出ると、家の屋根の方から、

(土手が家のすぐ横にあってそこは竹藪になっていた)

「泣いとるわ・・・」

その竹の隙間から二人の年上の女の子の姿がチラリと見えていた。

 

昨日はそんなことなどを思い出しながら妹に手紙を書いていた。

まだ完成はしていないけど、世の中便利になったものだ。

スマホで音声翻訳をしながら英語で書けばいいのだから。

タイピングしてもいいけど、そこは自筆の方が妹は喜ぶな。

手紙より電話の方が早いので殆ど電話で済ましていたけど

荷物の中に「のはら」を入れるからと伝えておいた。

とても喜んでくれた。

私が元気で好きなことを楽しんでいること

カメラのご縁で願ってもみない人間関係も広がって楽しんでいることを。

 

妹がアメリカに居ることも、文明の利器を使って翻訳していること、

あれから思えば、異次元に生活しているような感覚だ。

母が逝ってとうに50年を過ぎている。

 

さてさて、今日は夕方から団子Threeboy'sとデートなのだ。

楽しんできましょう^^♪

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈り | トップ | 2016・10・14なばなの里イル... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (のびた)
2016-10-14 11:03:57
泣くなと言われても わがことのように泣いてしまいます
偶然 私も母への想いを綴り 涙ぐんでいました
50年でも 母への想いは変わりませんね
そして母の歳を追い越しても 同じです
☆ のびたさん (mako)
2016-10-14 11:17:47
こんにちは。

先ほど、私ものびたさんのブログにお邪魔していて、
ほんと、偶然だと思いました。
自分のブログを書いているうちにも泪があふれてきたのに、
のびたさんのところでもまた泪があふれてしまって、
文字が見えなくなりました。

気を取り直してコメント書かせていただこうと思っているところへ、
電話がかかってきて。
「あれ?鼻声やね、風でも引いたの?
また、鼻炎?」と聞かれました。
違う、泣かされたの・・・と^^;
事情を話すと、「鬼の目にも泪やね」ですって。
そうとも言えます^^v

また後程コメントに伺いますね。
こんにちは (kao)
2016-10-14 11:55:56
生きて離れていても
寂しいのに、まして
あちらにいかれていたら
夢の中でしかお会いできなくて、
思いは募りますね・・。
帰省する体力がないなら帰るなと
父に言われていますが、それでも
里心が余計に募ってきました・
もらい涙しました・・・。
☆ kaoさん (mako)
2016-10-14 12:04:20
あちらに行ってしまったので会えないのは諦めもつきますが、
会えるこの世に居ながらご家族に会えないのも
更に辛いですね。
大丈夫、病気が治ったらすっ飛んでいけますよ^^v
Unknown (ピースママ~♪)
2016-10-14 14:58:27
なんか淋しくなっちゃいました~
泣いたっていいよね~

偶然今日妹から父の様子がおかしいと電話が入って心配してたんです。なんともなければいいのですけれども(85歳と高齢なもので)
☆ ピースママさん (mako)
2016-10-14 15:12:08
こんにちは。

心配ですね、お父様のこと。
85歳ですか、妹様が傍についていてくださるのでから安心ですが。
季節の変わり目、何かと体にも負担がありますものね。
時間を見つけて会いに行ってさしあげてください。
お顔を見せてあげたらお父様も安心でしょう。
私の隣の県がご実家でしたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。