makoの喜怒哀楽

ようこそここへ






蕎麦の花と黄色い電車

2016年09月19日 | 日記

先ず、テンプレートのレイアウトを換えてみました。

これで写真のサイズ横サイズが揃ったことかと。

観やすくなったでしょ^^v

 

昨日は雨が降ったりやんだりで迷いながらも結局外へ。

そう言えば、菰野町のコスモス帰りの時に蕎麦の花が咲いているのを見かけた。

以前にコスモスの咲いていたところである。

ここなら黄色い電車も撮れるのだ。

でも、雨に出鼻をくじかれた感じで出かけるのをモタモタしていた。

確か、電車は1時間に2本は出ているハズ。

駅舎の中に入り時刻表で確かめてから農道の中へ車をゆっくり走らせた。

万が一、対向車が来ることがあれば速やかにバックするしかないでしょう。

私ではなく、向こうさんが^^;

 

雨は依然止みそうもない、小雨だけど。

うふふ、横着者のmakoは車の中からカメラを向けて待つ。

と、何やら白いものがヒラヒラと。

蕎麦の花が白いから撮っても無駄なこと、と様子をみていると、

黄色いものがヒラヒラと。

これは傘を差して外へ出てから撮ったけど、やはりピンが甘い、とほほ^^;

そうこうしている間に来ました、黄色い電車♪

 

これは流し撮りのつもりだけど失敗の巻き。

新幹線の時は成功したのにね。

という言い訳の写真が一枚。

シャッター速度・・・いくつだったっけ・・・^^;

スマホで音声検索した。

後から考えたらメモ書きがあったのに^^;

何をやってんだか^^;

電車を待っている間に白いお召物の方を撮ったけど、

あくまでも蕎麦の花が主体。

それを察したのかすぐに西の方へ飛んでいかれました。

ま、これで青空で撮れれば納得するでしょ、またの機会に。

 

と、そのまま引き下がるmakoではありませんです。

なばなの里のコスモス祭りへ GO

なばなは、すっかりハロウィンモード。

コスモス畑の入口にはこんなものが^^♪

ここは、去年まではポンポンダリアが植えられていた場所。

南瓜だけ、どっかで調達してきたのかと、疑いの目でみれば、

ちゃんと蔓が付いている・・ものも、ある^^♪

園内は、雨の中とあって人影もまばら。

思う存分、とまではいかないけれども遊びました。

明日はコスモスの様子をレポします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麓の里に咲くコスモス in 菰... | トップ | たこ焼き器でアヒージョ、そ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (kao)
2016-09-19 09:07:47
しろいお召し物の方が・・
鳥さんでしたか。makoさんワールド
ではどんな虫も鳥も、自然の生き物は
仲間になっていて、楽しいです。
ほわん・・。とします。
カボチャの頭、かわいいですね~(^^♪
おはようございます (おじしゃん)
2016-09-19 09:39:07
mako さん、おはようございます♪

雨の中の撮影、頑張りますねぇ~
おじしゃんも雨の日は車の窓を開け、車の中からカメラを向ける・・・を得意とします (笑)

蕎麦の畑と黄色い電車、これは良い感じですね。
のどかぁ~・・・という感じがして好きですね。

今週いっぱい雨模様でおじしゃんイライラ、カメラはカビ生えそうです (笑)
始めまして (新ノ城 Okinawa)
2016-09-19 13:00:49
makoさん
読者登録、有難う御座います
拙いブログですが
今後とも宜しくお願いします

美しい自然豊かな風景の写真
ユーモアあるコメント
いつも楽しく拝見しています
こんにちは (こころん)
2016-09-19 13:06:43
菰野のコスモス、田光だったのですね。
昨年は小学校の近くでお医者さんの周りでした。
今年は少し郵便局側な感じですね。
偵察ありがとうございます(^人^)

あらま!なばな、行かれたんですか?(^^ゞ

蕎麦も(^^ゞ

車の中から撮るとは考えてませんでした。
なるほど、あの場所では可能ですね。
今年は東員コスモス見当たらないから休みかな?

新幹線と同じシャッタースピードでは難しいと思います。
列車のスピードが遅いから。
いろいろシャッタースピードを変えてやったことありますが
被写体のスピードによって変えて試す方が流れる感じが更に表現できると思います。
電車は時刻表通りで待たなければならないので
車やバスなら次々走ってくるので練習になります。
こんにちは (のびた)
2016-09-19 17:16:21

白いそばの畑 黄色い電車 素敵な風景です
電車も好き 花も好き こんな風景がたまりません
こすもすも大好きです 楽しみ!
う~ん^^; (北天使)
2016-09-19 19:22:35
このチョウはヒョウモンチョウと言います^^。
豹柄から名前が付きました^^。
この蝶は種類が多くてね^^;
翅の裏側の模様や色で種別を判断するんです^^。

電車の流し,電車全体が入る程度だったら良かったかも^^;
近すぎたように思います^^;
電車 (sake)
2016-09-19 20:20:20
テンプレートの写真、うまくおさまってますね!
黄色い電車がいいアクセントになってます。
障害物がないので、そんな距離でも横一線にきれいにとれるんですね。
流し撮りとは、電車の速度に合わせてカメラを動かすのでしょうか?!
写真もいろいろ技術が必要なんですね。

makoさんの写真を見ていると、やっぱり写真撮りたくなりますね!
☆ kaoさん (mako)
2016-09-19 20:29:40
こんばんは。

動くものに目がゆくのは、俳句のことが頭の隅にあるからでしょうね。
何も句材を拾えない時は、動くものに目を留めると良いと、辻桃子さんは本に書いていらして。
一番最初に買った俳句本です^^。
蛇以外は大体は被写体OKです^^v

子供の頃から豊かな自然の中で暮らしていたので、
何かにつけて動植物が絡んできます。
例えば、蜩が鳴けば、父がそろそろ帰る頃とか、そんな具合です^^。

なばなの里もマンネリ化しないように
何かと工夫がされるようになりましたね。
☆ おじしゃんさん (mako)
2016-09-19 21:05:56
こんばんは。

今回、初めてのことでした。
でも、限られた範囲ですから撮りにくいですね^^;

一両車両のときもありますよ。
長閑なものです。
存続の危機もありましたけどね。

台風はこちら、水曜に荒れるとか。
早く秋雨前線が去って欲しいですね。
☆ 新ノ城 Okinawaさん (mako)
2016-09-19 21:20:04
こんばんは。

はじめまして、ようこそ~^^♪
来るもの拒まず、去る者追わずのmakoでして。
こちらこそ、読者登録ありがとうございました。

肩の力を抜いて書いていきますね。
宜しくお願いします。
☆ こころんさん (mako)
2016-09-19 21:40:21
昨年は渡米のことがあってコスモスは見送り状態でした。
なので、どこに咲いていたのか不明でした。
場所はあちこち移動しているとのことでしたから今年は早めに偵察に行ってきました。
私の知る限りではスケールも大きくて、
段々畑になっていました。
まだこれからですから満開になれば圧巻でしょうね。
是非お出かけになられてください。
10月初めにコスモス祭りがあるそうです。
看板も立てられるようですから判り易いと思います。

シャッター速度。
あ、そうだったんですね。
ローカル線ですものね。
で、実は車中からメイン道路の車の往来を利用して練習していたんです。
何しろ、車の窓からでカメラの振れる範囲が短いので止めました。
今度、お天気の良い時に外で、
しかもシャッター速度を換えて練習してみますね^^v
☆ のびたさん (mako)
2016-09-19 21:45:23
蕎麦の花と言えば、長野だけかと思っていたのですが、
近年、休耕田を利用した蕎麦作りが多くなりました。
近場ですからいつでも撮りにいけますが、
このところの長雨が・・・^^;

コスモス、雨を利用して、雫の練習してきました。
☆ 北天使さん (mako)
2016-09-19 21:48:50
あ、そうでしたえね以前にも教えていただいた記憶が^^。
ヒョウモンチョウでしたね。

この電車の流しは車の中から撮ったもので
大きく振れませんでした^^;
お天気に良い日に、もっとロウアングルで撮ってみたいですね。
☆ sakeさん (mako)
2016-09-19 21:57:44
はい、流し撮りは電車の速度に合わせて
カメラのシャッターモード、数値を合わせて撮ることです。
初めて試みたのが新幹線でしたから
スピードが全然ちがいますね。
課題です。
車中からでは無理ですね。

カメラを触っているときは被写体と向き合っていればいいので、
「無」になれます。
すなわち、思い煩いからの解放ですね^^v

コンデジでも高度なテクは出来ないかもしれませんが
以前は私、コンデジでデジブック作っていましたよ^^♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。