makoの喜怒哀楽

ようこそここへ


眼鏡橋③

2016年10月25日 | 日記

今日の一枚。

 

(かくれんぼ)

10月22日、曇り。穏やかなカメラ日和。

生き物係としてはじっとしてられません。

車から降りるといつもより多くのカメラマンさんたち。

三脚がずらっと並んでいるのを横目に、

誰もいなさそうな場所へGO!

ウルトラ下からのアングル狙い♪

皆さんは、眼鏡橋狙いだな。

 

単線なので1時間に1本の運行になる。

その1時間の間を私はじっと三脚で待ってられないの。

 

この子、素敵なオーガンジのお召し物。

デザインは自分でしたのかな、

などと私の中のカバがささやく^^;

あらあら、花粉まるけ!

可愛いオイド

盗撮で訴えられるかもネ^^; 

お目目美人

 

大阪のおばちゃん 

 (ごめんやわ~)

そやけど、ウエイトはさほどオマヘンな~。

うまやらし!

えらい羽傷めてはりますね~

夏のお疲れが出ましたね、お大事にね 

 この子はまだ若いわね

若いっていいなぁ~

 

なんて、ほんとは余裕なんか全然なかったんです。

取り敢えずスポーツモードで連写してみたり、

羽を休めている時は親指フォーカスしてみたりと。

と、そこへどなたかがこちらの方へ畦道を歩いていらっしゃる。

あぜ道譲らなあきまへんね~。

(早く通り過ぎて行ってよね~、おじさま)

と内心思いながらシャッターを切っていると、

立ち止まられてしまうではありませんか。

そして、カッコ良いシャッター音が聞こえてくるのです。

ん?

聞いたような音!

あれ?おじさまじゃない、

・・・「こころんさん」・・・

 

「ああぁーーーっ!」

すっとんきょうな声をだしたワタクシ^^;

まさか、こんな所でお目にかかれるとは。

(と言っても、撮影スポットですからして)

(鷺草をくださった方ネ)

 

うふふ、えへへ~

こころんさん、お可哀想に

makoに睨まれたカエルさん状態に^^v

お優しい方ですから質問以上のノウハウを色々教えてくだいました。

動くものはスポーツモードの連写ではなく、

シャッターモード優先で、他のモードを決めてゆくこと。

中でも、RAWモード撮影にしておいてPCに取り込んだ時に

JPEGに変換できることなどを教えていただいた。

実は、7月に蓮池に団子②と行ったときに

RAWモードだったので団子の撮った写真をUPできないでいた。

要するに、機能を使いこなせていないのだった。

試みてみたもののどこをどう触ってよいのやら。

それにネットで調べたら、なんちゃらかんちゃらを

ダウンロードしないといけないみたいな・・。

やだ、そんなの面倒。

と、いうことで今までくすぶっていた謎も解けました^^v

以前は私と同じ機種をお持ちでしたからね。

早いですねお話は。

こころんさん、ありがとうございました~^^♪

 

そして、そのあと、薔薇園の話になって、

播磨にある建設会社さんが薔薇園を

無料開放してくださっているらしいとのこと。

2年前に行かれたそう。

「今から行きます」っていうことで、スマホを出した私。

すぐさまヒットしました。

「今から行くのですか?」

「はい、勿論です、仕事前に立ち寄る時間もありますから^^v」

こころんさん、あっけにとられていらっしゃいました^^。

 

ということでもって、

次回は薔薇園のことになります^^♪

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再びの眼鏡橋とコスモス&野... | トップ | 2016年11月号・角川入選句・甲虫 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (こころん)
2016-10-25 07:00:39
おはようございます
またどこかの撮影スポットでもお逢いするかと思ってましたが
まさかという感じでした(笑)
たぶん、車から降りられる場面を見てなかったらわからなかったと思います。
上手く撮られてますね。
ほんわりとした背景に被写体を置いて綺麗。
こういう風に撮るんですね。今度やってみます。
スポーツモードも悪くはないと思いますが
シャッタースピードやF値がいくつで撮ってるかわかりませんよね?
AかTなら自分で設定して撮るんだからよりカメラを操って自分のイメージに撮れるのではと思います。
更にステップを上げられると思います。
もう少し明るく撮ってればという写真もRAW で撮ってくると現像時に生き返りますからね。
バラ園も即とは思いませんでした(笑)
ご存知かと思ってましたがあまり知られていないバラ園なのですね。
おはようございます (kao)
2016-10-25 07:54:21
偶然、カメラのお知り合いに
あわれるとはびっくりです。
たくさんお知り合いがいらっしゃる
のですね^^
たくさん教えていただいて、よかったですね。わたしはおめめ美人がかわいかったです・・。でもみんな素敵です!!バラ園行かれるのフットワーク軽くてすごいです!楽しみにしております。
☆ こころんさん (mako)
2016-10-25 09:29:37
おはようございます。

まさか、あのカメラマンさんたちの中に
こころんさんがいらしたとはつゆ知らず。
その日は蝶やとんぼう狙いでしたから
眼鏡橋は眼中になかったのです^^v
あの車を停めた場所は斜めになっていて
運転席下りたらズルっといきそうでした^^;
普段は優に停めているのですが、あの日は
写真クラブの人もいらした様ですね。
同じ男性らしき高笑いが何度も聞こえていました。
離れて正解でした^^v

蝶や昆虫の撮り方。
勿論、普通に撮るのも難しいのですが、
自分のはただの図鑑仕様、いいえ、それ以下。
要はポエムがないことに気が付いていました・・。
確かに上手いなぁ~とは感じるブロガーさんもいらっしゃいます。
上手いのですが、・ポエムはない。
僭越ですけど^^;
特に林 幸恵さんの写真集を拝見してからはそのことを確信した次第です^^♪
今回、そのポエムには構図も何もかもほど遠いものです^^;
何しろ、カメラの基本的な操作をこころんさから伝授していただいている次第ですものね^^;
次回はもっと違うものが撮れるような気がしますが^^v
蝶やトンボの観られる時期のカウントダウンが始まっていますから
できるだけその時期に練習をと思っているのに、
今日は雨^^;

教えていただいた薔薇園はこじんまりとしていましたが
接写出来るのでまた行きたい所です。
見ごろは今週末とのこと。
また出没するかも、です^^v
なばなの秋薔薇はどうなのかな、リサーチしてないけど。
また、薔薇園をUPしますね。
☆ kaoさん (mako)
2016-10-25 09:47:51
おはようございます。

カメラスポットですから当然と言えば当然でしたが。
後ろを通り過ぎて行かれても気が付きませんでしたが、
シャッター音で判りました。
良いカメラはシャッター音からしてスマートですよ^^♪
私のはどこか、どんくさい^^;
初級者用ですし、買い換える余裕なんてさらさらナイ。
それでも好きだから続けられるのですね^^v
「お目目美人、私も気にいってます」^^♪
お目目だけが目立つようにしています。
ポエム (ke-n)
2016-10-25 18:08:40
makoさん、こんにちは。

ポエムは難しいですね。
レンズを通して被写体との会話ができるというか、
そういうことすら稀のように思います。
でも、がんばっていればいつかは、
そういう写真が撮れる確率が上がると信じて、学んでおります。

僕も「お目目美人」に一票。
クリッとしたお目目がとても可愛くて良いですね。
☆ ke-nさん (mako)
2016-10-25 20:51:44
こんばんは。

ポエム感は、ご自分でも苦手だと書いてらして。
「どうだ!」感がなくて謙遜さが伝わってくるお写真に好感が持てます。
威圧感がないのですよね。

一方、山を中心としたお写真は
息を呑むような場面や時に楽しいキノコなども私のツボです^^♪
やはり偏らない学び方が良いのだと思います。

写真でポエムを知ったのはやはり林 幸恵さんの
写真集を拝見してからですね。
いつもありがとうございます^^♪
蝶^^。 (北天使)
2016-10-25 20:58:01
ヒメアカタテハ,チャバネセセリ,キタテハですね^^。
ね,タテハチョウは前脚が退化して4脚でしょ^^。

絵画展に行った時,その中で自分がいいなと思ったのが1枚あれば良いと思っております^^。
その時はその絵の前でしばらく目に焼き付けております^^。
写真でも下手な鉄砲ではありませんが気に入ったものがあれば1枚でもあれば満足です^^。
次回に経験が生かせれば最高ですね^^。
でも自然は同じ状態は二度とあり得ないので無駄玉を打つことも大切なんですよね^^。
☆ 北天使さん (mako)
2016-10-26 06:59:57
おはようございます。

あ、ほんとですね、トリミングしてみて判りました♪

友人の友人のご主人の遺作展の絵画鑑賞に一度。
花曇りの日。
鑑賞力のない私はランチが楽しみで^^;
でも、色遣いにひきこまれた作品があって。

写真も10枚撮っても気に入ったものはなくて。
それが面白いんですよね、自然が相手ですから。
余計にファイトが沸いてきます^^v
下手な鉄砲打つのが楽しいのですよね~^^♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。