makoの喜怒哀楽

ようこそここへ






春の嵐とこいのぼり

2017年04月19日 | 日記

今日の一枚。

 

うらやましい景です。「かなずち」の私にとっては憧れな景な訳で。

でも、水の中ではどうなんでしょうね^^;

    風あればこそ満腹のこいのぼり    駄句   mako

このような理屈っぽい句は駄句になるのだろうな。

でも、川柳ならいいかも知れない。

さて、春の嵐でもってイヌナシの花は見事に地上の花となっていました。

この分じゃ受粉も満足に出来ていないでしょうから果実は期待できませんね。

1cmほどの可愛い梨ですけどね。

それでも何やら賑やかでした。

地元の熟年男女の集いでしょうか(老人会という言葉は好きではありませんの^^)

それではと、鯉幟の方へと移動してみました。

すると、イヌナシの木が2本あり、花がまだ付いていました。

麦畑の畦には相変わらず蝶たちの乱舞。

何度かシャッターを切ってみるもののNGでした^^;

時々2頭が近づいてぶつかり合うような感じ。

とても囁きあっているような感じではなかったな。

そこへもう1頭が舞ってきて散らばってゆく。

そんなの撮れません^^;

秋の蝶は夏バテなのかゆっくりと乱舞していて撮らせてくれますね。

 

さてさて、もうそろそろ熟年男女の皆様がお帰りになられたのかと。

帰りは川縁を歩いてみました。

もしかしたら、「花筏」が観られるかと思ったのですが

それさえも前日の雨で流されて海への旅にでたのか。

どこかに堰止めされているのかも。

それでも水面はキラキラと春の光が。

神社はすっかり静けさを取り戻していました^^v

川の流れのような花の屑。

ピンクは文字通りの花の屑。

こうして散歩を楽しんだ後はお仕事モードに入りましたとさ。

そうそう、今、700円毎の買い物をすると籤が引けます。

そんな時に纏めて買ったのがアサリの缶詰。

で、当たりました^^! 嬉しい♪

アサリの缶詰、汁ごと入っているのでアサリご飯を炊いてみました。

そう、隠れ貧血の改善の為に^^v

ショウガと一緒にさっと煮て味を付けておいてその汁でご飯を炊きました。

そして今回は桜エビを上から散らしてみました。

そして菜の花入りの卵焼きも。

卵焼きを冷凍してお弁当に入れていらっしゃるsakeさんを真似て冷凍してありました。

ちょっと雑ね^^;

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌナシの花&バタフライ i... | トップ | 川の中を泳ぐ鯉幟 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (kao)
2017-04-19 07:53:30
イヌ梨の花、地上の花でしたか~
昨日の暴風雨ではですよね・・。
蝶も春の蝶はまだ元気なのですね。・
makoさん素晴らしく気が付きますね。・
こいのぼりもいいですね~元気がよくて。
あさりご飯に卵焼き
おいしそう~ごちそうですね(^^♪
☆ kaoさん (mako)
2017-04-19 08:38:12
おはようございます。

写真も俳句も観察するところから始まりますものね。
時間の使い方、とっても贅沢ですよね^^;
まだね、「蝶」の入選句がないんですよ、それで。
全ては観察から始まります^^v
それに、どこか浮世離れしているのかも知れません^^;
それで心落ち着かせています。

そろそろチューリップを撮りに行きたいわね。
水の中の鯉のぼり (イワン)
2017-04-19 18:57:42
青空に気持ち良さそうに、鯉のぼりが泳いでいますね。

山口県防府市小野地区の佐波川と、高知県の仁淀川では水の中で泳いでいます。
空で泳いでいるのも良いですが、川の中で泳いでいるのを、実際に見てみたいのですよね。

私はくじ運が凄く悪いのです。
当たりを引いたことが殆ど無いです(泣)
こんばんは (のびた)
2017-04-19 19:47:05
今日も強風で 東京の桜は完全に姿を消しました
赤いしべが 道路にいっぱい これが季語ですね
八重桜と つつじが咲いています
鯉が嬉しそうに大空に泳いでいますね
いつも写真を究めたり 俳句が目の前に浮かぶのですね
最近 私の川柳は 全ボツが続いています(笑)
乱舞^^; (北天使)
2017-04-19 21:45:23
鯉のぼりは乱舞とは言いませんけれどね^^;
でもこれだけの泳ぎ方だと柱にかかる力はどの位なんでしょうね^^;

さて,蝶の乱舞ですが
飛び方が違いますが,愛と喧嘩ですね^^;
喧嘩というのは色々な意味での縄張り争いなんですよ^^。
☆ イワンさん (mako)
2017-04-20 06:11:53
おはようございます。

こいのぼり、ほぼ真下から撮りました♪

ま!びっくり!
ほんとに川の中を泳ぐ鯉幟が存在するとは^^♪
私、全然知らなくて。
川で泳いでいたら面白いだろうな・・なんて、何となく発想していたんですよ。
でも、障害物が流れてきたらOUTだしとか・・。


山口県防府市小野地区の佐波川と、高知県の仁淀川ですか^^?
流石ですね、情報をお持ちですね。
で、早速興味が湧いて、今、検索かけてみましたら、
ほんと、見事に泳いでいますね。
私の発想もまんざらでもないですこと^^♪
現地で写真を撮ってみたいです。
遠いですね。
これが滋賀とか岐阜なら行けるかも、です。
情報ありがとうございます^^♪
☆ のびたさん (mako)
2017-04-20 07:12:31
おはようございます。

「桜蕊降る」という季語がありますね。
最近行ってないけど、井坂ダム湖の林道に巣箱が設置されていて、
蕊が降り積もっていて句材になりそうと思っていました。
今、これを書きながら1句閃きました。
のびたさん、ありがとう^^!
忘れないうちにと今、投句してきました。
便利ですね、ネットって^^♪

私も俳句でスランプなんてしょっちゅうですよ^^;
それでもめげずに続けているには、
俳句は季語があるから、その季語の持つ意味さえ熟考すれば何とかなります、私の場合。
季語の意味を知るだけでも楽しいと思う時もあります♪
日本人の生活、行事、季節の植物・動物などなど、知らない情報が盛り沢山です♪
勿論、作品にするには生みの苦しみも^^;
私は川柳の方が難しいと思いますね^^;
100%自分の感じたこと、考えを纏めなければならないんですもの。
その点、俳句は極端な話、季語に丸投げしていいんですよね。
(一物仕立ての場合ですけど・・俳句の型)

私のかつての句友ですが、最初は川柳だったのですよ。
その後、俳句に転向したのだそうです。
名古屋まで教室に通いながらの川柳でしたが。
私が句会に入会させていただいたのはその方の影響大ですね。
ネット句会も色々ありますが、毎日、句会があるのは嬉しいですね。ここだけかも。
最初は無料句会から入っていきました。
とんとんと進んでしまったので、有料句会に参加させていただいて今に至っています。

いずれにしても継続は力也、ですね^^。
ガンバしましょう^^v
☆ 北天使さん (mako)
2017-04-20 07:22:22
おはようございます。

乱舞、言い得て妙ですね♪
比較的間隔がありますので絡まることもなく、でした。
蝶の観察。
活発な蝶ですね、今の時期。
なかなか撮らせてくれませんね~^^;
雨上がりはほんとに活発です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。