俳句・英訳・墨絵旅 by まこ姫

Haiku trip with sketches: 筆ペン画と英訳で楽しむ俳句紀行

2016年オリーブ初秋句会(2)Olive haiku meeting for early autumn(2)

2016年10月11日 | バイリンガル句会

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ村 ここに応援クリックを Click here to support this, please

兼題(生姜)と国分寺界隈吟行

二階へは窓開けるのみ鰯雲     悦子 S
going upstairs
just for opening windows,
scaly clouds like sardines

郁子(むべ)の実が車庫の屋根より覗きをり   耶寿子 M
looking down
from the garage roof
some mubes' fruits

石段に藪蘭ひそと薬子堂     説子 N
by the stone-steps
yaburan flowers bloom in obscurity
at yakushido-temple-hall

水澄むや鯉の姿の良きことよ   千穂子 Y
clear water...
how nice to see the carp's figure
swimming about !

数珠玉が背丈を越えて揺れてをり   多佳子 T
swaying in the wind
jyuzu-dama beads like grasses...
higher than myself

根生姜を味噌にからめて杯を干す   清治 T
ginger roots
dipping in miso-paste,
drinking off sake

平凡が良きと思へり新生姜      靖子 K
common life
with some spice like fresh ginger
is my best choice

揚げたての辛さ広がる新生姜    啓一 O
my tongue
going through hotness of just fried,
fresh gingers

夏空や掴むもの無き父母の時代(とき)   倫子 T
summer days ...
in those parents'days,
nothing to hold on...

生姜とは言はず息子はガリとのみ     奈々子 S
not 'shoga'
bust just 'gari " is the habit
of my son's saying

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年オリーブ初秋句会(1)... | トップ | 芭蕉つれづれ紀行(2-1)由... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL