まこっちゃんの音楽

音楽好きまこっちゃんのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016/7/31 『第27回厚別区民まつり協賛縁日 厚別区民まつり』@サンピアザおまつり広場よりOBs

2016-08-14 20:13:07 | Liveレポ

今年の夏観た野外ライブ2本目は、7月31日に『厚別区民まつり』サンピアザ広場にてOBsのライブ!

 OBsとはミュージックスクールはMI JAPAN札幌校の卒業生によって構成されているバンドで、ボーカル近藤佑香さん紫乃さん、ギター藤田勇斗さん、カホン小林幸司さんの4人。僕は紫乃さん以外は全員知っていました。近藤佑香さんは昨年鍵盤とボーカルのユニット活動の時に出会い、その後ギター弾き語りでソロ活動に。今年になってから数多くライブに足を運ばせていただいています。藤田勇斗さんは本当に素敵でキャッチーな曲を演奏するポップバンドユニットCocoStretchのメンバーとして活躍されていますし、小林幸司さんは僕の大好きなバンドSANCTUARYのドラマーとして活躍。藤田さんと小林さんはESPミュージックスクールの講師でもあり、本当に皆さん大活躍されています。
 そんな今回のメンバーでの演奏がとても新鮮でした!佑香さんのライブで良く耳にしている佑香さんのオリジナル曲「じかんの中の君」「霧」もいつもとは違った音で楽しめ、曲の魅力がより引き出されていたように思いますし、佑香さんと紫乃さんのツインボーカルのハーモニーもとても素敵でした。藤田さんと小林さんの2人は先輩の貫禄を感じて、ボーカルの2人の魅力を引き出す演奏をしていたのは本当にすごかった!スクールでの課題曲だったというどぅービー・ブラザーズの「Long Train Runnin'」は僕の大好きな曲でもあって自然にノリノリになって聴いていました。そしてスピッツの「楓」も好きな曲で、当時この曲が流れていたドラマを思い出しながらタイムスリップした気持ちでいました。ホント、音楽ってその曲を聴いていた時の事をを思い出させてくれますよね。
 あっという間に終わったライブでした。また再演してほしいです!
 ちなみにこの日区民まつりの司会をしていたのは、これまたお馴染み、司会・歌のおねえさん、シンガーソングライターなどマルチプルな活動をしているかわむらはるなさんでした!とても素敵な司会でした。

新さっぽろサンピアザ広場が会場でした。新さっぽろは僕の実家があるホームタウンです。


近藤佑香さんは今年になって多くライブに足を運ばさせていただいています。


紫乃さんは初めて観ましたが、伸びやかなボーカルが魅力でした。


最近藤田さんがサポートでギターを弾く姿をよく見かけます!


小林さんは演奏だけでなく、人柄もとても温かくて素敵です。


佑香さんと紫乃さんのツインボーカルのハーモニーが素敵でした。


快晴の青空のもとでのライブ。この日も暑い一日でした。


藤田さんの演奏、ルックス共に魅力があるのでファンが多いです。


佑香さんは透明感ある雰囲気を持つ方です。癒しを届けられるライブを心がけています。


「楓」のボーカルが特に心に残っています。


小林さんと僕は活動しているバンドSANCTUARYで知り合いました。


佑香さんの物販コーナー。刺繍で作られたギターバッチが好きでつけています。フォト刺繍の写真は僕が撮ったものを使ってくださいました。


佑香さんの写真多めです(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/7/30『第63回さっぽろ狸まつり 狸小路1丁目 サタデーアコースティックライブ』@ガッチャ前よりERI ANZAIさん

2016-08-14 19:38:42 | Liveレポ

 RSRも終わり、北海道の夏も終盤を迎えています。元気だったら行きたかったです!来年こそは!
 ここで、この夏僕が見た野外ライブはが3本あるのですが、時系列順に簡単ですが振り返りたいと思います。
 まず1本目、7月30日は狸小路1丁目で恒例『狸まつり』の一環で、狸小路1丁目のガッチャ前にてアコースティック・ライブがありました。この日は僕は他のライブに行っていて、中抜けしてERI ANZAIさんのライブだけですが観てきました!

 このガッチャ前のライブ、ERIさんは毎年出演していまして、みなさまお馴染み孤高のプリテンダーこと得能大輔さんとともにこのライブの顔となっています!
 この日は「わいわいワニさん」から幕開け。これまたファンには恒例のお客さんとのコール&レスポンス。久々に聞いた僕の大好きなシングル曲「Leaf Life」も暑い日の一筋の清涼剤でした。ERIさんと僕が知り合ってもう8年になりますが(以前の記事に何度も出てきます!)、ERIさんの歌は曲によっていろんな個性とバラエティとがあるのですが、どの曲も僕の心に伝わるものを持っています。この日はサポートにギターで高泉コウさん、鍵盤でガッチャマスターの鈴木さんが参加しました。
 ライブ後、司会の猪股聡子さんが31日に北都プロレスの12周年記念イベントに出演の話をしていましたが、猪股さんが出てきたとたん、カメラマンが沢山現れたのが印象的でした(笑)。

「わいわいワニさん」でお客さんの声をいただいている時です。


いつ観ても笑顔が素敵です。


この日のサポート、一人目はギターの高泉コウさん。


暑い日でしたが、とても心地よい音色を奏でていました。


「Leaf Life」を歌っているときです。スーッと耳に流れ込んでくるボーカルが魅力です。


この日サポート2人目は、ガッチャ店主の鈴木さん。


ガッチャ前のERIさんのライブとともに夏を感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/7/9『好きです札幌Vol.10~セッション上等!奄美のシティーガール参上!』@Surr

2016-08-09 20:34:52 | Liveレポ

<我那覇美奈さん来札!~僕にとって今年最も楽しみにしていたライブのひとつでした。>

 先月の話になりますが、7月9日はSurrにて好評企画ライブ『好きです札幌Vol.10』を観てきました。今回のゲストメイン出演となるのは、奄美大島出身のシンガーソングライター我那覇美奈さん。1998年にシングル「桜のころ」でメジャーデビューし、翌年リリースのシングル「TEARS~時の中で」がヒット。以降もシングル「太陽」「ひとつだけ」「終わらない夏」「ねがい」などがCM・テーマ曲などにタイアップされ人気を集めます。2004年リリースのシングル「月の雫」はSTVラジオのチャートで1位を記録し北海道でも話題に。同年にリリースされたシングル「砂の祈り」では浜田省吾とのコラボでも話題に。また、配信限定でリリースされた「ブルー・バタフライ」は2008年北京パラリンピック水泳日本代表選手応援歌にもなりました。
 今回「With A Wish/希望のつぼみ」がCDシングルとして久々のリリースとなり、2曲の作詞を担当したのが北海道出身で2000年に『CANNABIS』のボーカルとしてメジャーデビューを果たし、現在はJUJU、Crystal Kay、西野カナ、露崎春女など名だたる有名ミュージシャンの楽曲の作詞やコーラスなど幅広い活動をしている加藤哉子さん。哉子さんと「好きです札幌」企画の主催者でもあるキーボーディストのShinさんとの縁もあり、今回美奈さんが札幌でのライブする運びとなったのです。

 今回、かなり気合の入った文章になっていますが(笑)、それもそのはず!僕が学生時代リアルタイムで我那覇美奈さんのファンとして、シングル・アルバムとフラゲしては聴きこんでいたので、今回のライブは今年最も楽しみにしていたライブの一つでもありました。僕が美奈さんを知ったきっかけになったのは1999年の1月に耳にしていた当時FMラジオNACK5で放送されたいた『JAPANESE DREAM』という番組(毎週放送。1週目に翌月にリリースされる邦楽全曲が流され、そこからリスナーなどの投票により「いい曲ランキング」が決まるいう、今思うと非常にマニアックな番組(笑))で、美奈さんの「TEARS~時の中で」がトップ10に入ったのを耳にしたことでした。2ndアルバム『TRAVELING SUNS』がリリースされ、札幌のPALS21(現在はありません)でインストアライブを観たのが美奈さんの初生ライブ。CDのクオリティをはるかに超えるあまりの歌のうまさにライブの醍醐味というのをまざまざと思い知らされた記憶があります。今思うと、その時お店で美奈さんのサイン入りポスターを配っていたのが現音楽処の店長の石川さんでした!それ以降、札幌駅前での特設会場でのライブ、そして2年前にJAMUSICAでのライブに続き4度目の”生”美奈さん拝見でした!

 ライブは2ndシングル「微熱」のギター弾き語りからスタート。僕の大好きな「月の雫」を弾き語りで聴けたのも感動。以降、加藤哉子さんとのコラボ、哉子さんメインボーカルのコーナー、そしておなじみの豪華バンドでのライブと進行。バンドでの「二十歳のうわごと」「『サヨナラ』の日」は感涙モノでした!また、哉子さんとのコラボは井上陽水の「海へ来なさい」を披露。2009年の井上陽水の40周年ライブツアーで美奈さんはコーラスを担当していました。またカバー曲でとても印象的だったのがカーペンターズの「I Need To Be In Love(青春の輝き)」。数あるカーペンターズの名曲の中で僕が一番大好きな曲をカバーしてくださったことにまたまた感激。「エレピの魔術師」ことShinさんのイントロのエレピの大人の雰囲気溢れる音色にこれまた口元がほころびました。Shinさんは僕が札幌のミュージシャンを自分の足で観るようになって間もなく出会った尊敬すべきキーボーディスト&プロデューサーで、大井さやかさん、森田Johnny貴裕さん、細川直来さんで以前組んでいたバンドBrown Sugarのメンバー&プロデューサーでもありまして、Shinさんの生み出した作品の数々は今でも僕にとって最高傑作のひとつです。他のバンドメンバーはドラムが「札幌のMr.AOR」こと佐々木Kazoo和徳さん(いつも僕にAOR談義をしてくれます)、今年初めにアンジェラズのサポートで参加したときに演奏していたギタープレイと奏でる音色が素晴らしかったこと、そしてなかなか見かけない名前でインパクト十分な島野桂周さん、そして札幌のあらゆるジャンルのライブ・セッションに引っ張りだこの若手ベーシスト田中大也さんというメンバーでした。島野さん、田中さんはこれからが非常に楽しみな若手注目プレイヤーです。田中さんは9月から拠点を東京に移すとのことで、今までの札幌のベーシストにはなかなか見受けられない立体感あるサウンドを魅力に東京でもきっと活躍してくださることと思います。
 ライブ終盤には今回リリースされたシングル「With A Wish」「希望のつぼみ」を演奏。この2曲は中外製薬の「関節リウマチ疾患」の啓発ムービーソングとして使われています。加藤哉子さんが作詞の依頼を受けた時は我那覇美奈さんがこの曲を歌うことになるとは思っていなかったとのエピソードもMCで話していました。そう思うと縁というかつながりの運命的なものを感じました。僕個人的な話になるのですが、ここ最近、応援してるミュージシャン(インディーズ・メジャー問わずに)が気がついたら共演・コラボする機会がとても多くて、不思議な縁を感じていただけになおさら今回の札幌ライブも縁というものを感じずにはいられないです。
 またライブ終盤ではお客さんがコール&レスポンス・参加できる一幕もあって音楽をみんなで楽しむという音楽の原点的な素晴らしさを感じることのできるライブでもありました。美奈さんのとても気さくで天真爛漫な人柄も、お会いして知ることになり、とても嬉しかったです。次回いつお会いできるかはわからないですが、ここ数年は関東に拠点を移した親友のギタリスト外園一馬くんに会いに東京に行くことも増えてきたので、東京で美奈さんのライブを観る機会もあるように思います。演奏で観てみたいオリジナル曲も沢山あるし(笑)、またお会いできることを楽しみにしています。本当にあっという間に過ぎた素敵なライブでした。そしてこの素敵なライブと集合写真を提供してくださったSurrの田中さん、高村さんにも改めて感謝いたします。ありがとうございました!

再び札幌で我那覇美奈さんのライブを観れるなんて夢のようなひと時でした!


美奈さんと哉子さんの出会いの馴初めなどトークにも華が咲きます。


哉子さんがリードボーカルで素敵なナンバーの披露もありました!


真剣なまなざしでギター演奏。


Shinさんの流麗でうっとりするエレピが今も耳から離れません!


カズーさんのドラムは本当に歌ものにピッタリです!!


はじめて演奏を観たときに感激し、それ以降注目しているギタリストの島野桂周さん!


他のベーシストより立体感のある音を奏でる田中大也さん。来月から東京に拠点を移すようで向こうでも活躍しそうです!


笑顔と人懐っこさのあるキャラクターにとても好感が持てました!ライブの醍醐味を感じた夜でした。


お客さん参加の一幕もありました!!


久々にリリースしたCD「With A Wish/希望のつぼみ」のジャケットが天井に映し出されています。


Surr田中さんに提供していただいた集合写真です!ありがとうございます!!

我那覇美奈『With A Wish/希望のつぼみ』PV
https://www.youtube.com/watch?v=txlhb6Yx19s

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/7/16『SAPPORO CITY JAZZ~PARK JAZZ LIVE』よりメロウデュ、星とカラス、小林純平

2016-08-08 21:19:52 | Liveレポ

6月後半からどうも体調が優れなく、病院でストレスによる体調不良と診断を受けまして、しばらくゆっくりと過ごしていました。今は大分よくなってきたのですが、まだ幾分体に症状が出ているのですが、レポを書けるまでになってきたので、溜まっていたものをアップしていこうと思います。

まず、7月16日は札幌の夏の一大イベントのひとつであるサッポロシティジャズより、市内各所で行われた『Park Jazz Live』。僕は体調を考慮して16日の3会場を鑑賞。

まず、最初は札幌市役所ロビーで僕のフェイバリットミュージシャンのメロウデュの演奏を堪能してきました。

メロウデュがシティジャズに出場するのはかれこれ7年ぶり?僕がメロウデュのファンになった2009年以来のはずです。ただ僕がファンになって数多く足を運ぶすぐ前の出来事でした。ホワイトテント(当時はホワイトロックと言いました)に出演し、水戸黄門のテーマなどをメロウデュらしい斬新なアレンジで披露し、会場の大喝采を受けたというメロウデュファンの間では伝説のライブとなっています。その年のシティジャスのコンピレーションアルバムにはメロウデュのオリジナル「カオスティック・シティ」が収録されています。このCD、僕持っていないんです(泣)。

それ以来の久々の出演だったわけですが、僕は密かにずっとメロウデュのシティジャズに立つ姿を見るのが夢でした!だって、シティジャズにピッタリな曲が沢山あるんですもの!昨年リリースされたインスト2枚目のアルバム『The 7th gate』はもちろんのこと、年前にリリースされた初のインストアルバム『THE OTHER SIDE OF BRAND NEW DAY』を聴いた時にその思いはとても強くなりまして、特に「jamp!」「Rush」あたりはシティジャズのテーマミュージックに使えるのではないか?と思うぐらいピッタリで素晴らしい出来。そしてかおりさんとYagi-changの華やかなステージングも間違いなく多くの方に受け入れられると信じて疑わなかったので、ずっとこの日を夢見ていたわけです。

ライブは先述の『The 7th gate』の収録曲中心でした。個人的に大好きな「Spece rider」「Midnight crusing」も聴けて嬉しかったです。会場全体熱気ムンムンで(休日からか市役所の空調が効いていなかった!)会場でうちわが無料配布されていました。僕も久々に使うレンズにかなり弄ばれながら(笑)、写真を撮っていたので、数枚載せます!

そんなメロウデュ、次回のライブは11日アリオ札幌で屋外イベントに出演。そして21日にはジャムジカでお昼に好評シリーズ『メロウデュ&谷藤勝彦名曲の旅』が催されます!お時間ありましたら是非!


かおりさんの演奏を楽しんでいる表情はライブだからこそ観れる醍醐味です!


後ろ見てもしっかり弾けるんですから、僕のような素人には信じられないミラクルです!


かおりさんの華やかさに隠れがちのように思えますが、Yagi-changのドラム演奏も見どころ多し!


Yagi-changの演奏を見ながらのかおりさん。


決めのポーズ!


左手でシンバル止め!!


時にはしっとりと。


いつも撮るこのショット、「芸術は爆発だ!」というらしいです(笑)



メロウデュのライブの後は、初めてのCafeサーハビーにて星とカラスの演奏を観てきました。

ボーカルハルカさんとギターオサムちゃんのユニットで、ジャズスタンダードからオリジナルまで幅広いジャンルを演奏。今年になって2度アー写撮影をさせていただいています!ギターのオサムちゃんは僕が札幌のミュージシャンのライブを観るようになってからまもなく出会って沢山ライブに足を運びました。キャラクターは僕と全く違うのですが(笑)、今となっては盟友と言えるほどの仲です。本当に多くのライブを重ねていて、インテリジェンス溢れたギター演奏が魅力です。そしてボーカルのハルカさんはとても伸びやかでかつ緩急のある美しい歌声に魅了されます。この日もジャズスタンダードの「The Nearness Of You」から、ブルース臭漂うオリジナル曲「マダムH」などを披露。
ちなみに、ユニット名「星とカラス」の「カラス」は「カラスアゲハ」の略だったりします!
2人とは、今年中にまたアー写を撮りに行く予定です。

ちなみにこのライブのオフィシャルカメラマンの方、前で沢山写真を撮っていて、しかもいいレンズを使っていたので仕上がりがとても気になっています(笑)!

僕にとってはじめてのCafeサーハビーでした。


大人の雰囲気漂うオサムちゃんのガットギター


ハルカさんのボーカルの伸びやかさがとても心地よかったです!


シティジャズのロゴが入るように撮ってみました!


心地よさそうに歌っています!オフィシャルの写真は僕より数十倍いいものが撮れてるはずです!!

 

この日最後の鑑賞となったのがチカホ北3条広場で、小林純平くんの演奏でした。純平くんも前投稿の星とカラスのオサムちゃん同様僕が札幌のミュージシャンのライブを観るようになって間もなく出会いファンに。その年のさっぽろアートステージクロスロードライブのファイナリストに選出されたのは今もいい思い出です!
残念なことに、現在はソロでの活動が控えめになっていて年に1、2回ほど。今はエレガントモシモシというバンドでドラム&カホンを担当しているので、その純平くんなら知っている方もいるかもしれませんが、本来は鍵盤弾き語りシンガーソングライターです!

この日は今年初のソロライブ。おまけに全曲オリジナルの新曲を披露というチャレンジングな内容。曲名「届きますように」「世界」「笑っていようぜ」の3曲がそれです。ただライブを観て、作品がまだ完全にブラッシュアップされた状態ではないと思ったので、普段は僕はライブを観て感想は言っても演奏の内容についてをどうこう意見することはほとんどないのですが、ライブ後に純平くんに2,3意見を提案してみました。幸いなことに純平くんはその意見を真摯に受け止めてくれ、その夜に翌日に向けて内容を練り直してくれたようで、翌日のステージに僕は足を運べなかったのですが、ライブ後にうまくいったとの報告してくれて嬉しい限りでした。その様子他の方が撮ってくださっていた動画を見て確認できました!!

この日のライブを観て、以前のように年間20本とかまではいかずも、年に5,6本ぐらいは純平くんのソロライブを観てみたいなぁと改めて思った夜でした。

この日のチカホ北3条広場のトリでした。


目を瞑る表情がとても絵になっています!!


僕も純平くんのライブ写真を撮るのは久々だったので、緊張してました!


MCに素朴な人柄が滲み出ます。


いつもは斜め45°を向いて演奏していたのですが、今回は90°でした。


あどけない笑顔が魅力です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『外園一馬 7月・8月北海道ライブ出演&レッスン情報』

2016-07-28 14:02:21 | オススメ

すっかり久々の更新となってしまいました!
Facebookにライブ写真などはかなりアップしていたのですが、Blogまで手が伸びない感じでした。
先日、以前のBlog記事を読んでいて、少し顔晴らなければ!と思った次第です!

僕のフェイバリットミュージシャン、ギタリスト外園一馬くんが、7月末~8月に北海道で出演するライブ&レッスン情報です!
下のライブ情報画像を勝手に作ったり(一馬くん本人に確認してもらってます!)、各ライブ情報の後には「まこっちゃん's Eye」も書いてみました!


まず7月30日、31日は名シンガーソングライター光永泰一朗さんとの共演が続きます!...
7月30日(土)
『光永泰一朗×外園一馬×なかにしりくVol.2』
会場:studio dango (札幌市中央区宮の森1条4丁目1番6号、西28丁目駅より徒歩5分)
18:30開場 19:00開演 全自由席
前売2500円 当日3000円(共に1ドリンクオーダー別途かかります)
<まこっちゃん's Eye>
今年2月に好評を博したライブの第二弾!光永さんにとってりくさんの存在は稀有なもののようで(笑)、前回は何とも言えないムードが漂っていました!それがまた楽しめるのがさすがエンターテイナー!
また前回は久々に「なかにしりくトリオ。」のオリジナル曲を一馬くんと一緒に演奏しましたが、果たして今回は?


7月31日(日)

『光永泰一朗×外園一馬 Presents「出張 RAINY PENNY LANE IN 札幌」Vol.2』

会場:LIVE SURR (札幌市中央区大通西4丁目シークビル地下)
2部入替制 ※曲目は昼と夜でかぶり無しの総入替え!全自由席
<昼の部> 「夏ソング特集」
14:00 OPEN/14:30 START
前売¥2000/当日¥2500(+1D)
<夜の部> 「北海道出身アーティスト特集」
17:30 OPEN/18:00 START
前売¥2000/当日¥2500(+1D)
<昼の部+夜の部通し券 ¥3500>
(それぞれの部で1Dオーダーをお願い致します。)
リクエスト(飛び入りも可!)も受け付けます!
ryota_taichiro@yahoo.co.jp
まで、夏の曲(昼の部) or 北海道出身アーティストの曲(夜の部)と
リクエスト曲名をご明記の上ドシドシお送りください!
<まこっちゃん's Eye>
東京でも好評のライブシリーズの札幌出張編。昼の部、夜の部2部制で、セットリスト総入れ替えなのがファンにはとてもたまらないです!
夜の部の「北海道出身アーティスト特集」というしばりのある内容も気になるところ。松山千春とか、みのや雅彦とか、もしかしたら細川たかしとか、北島三郎とかリクエストしたら歌ってくれるのだろうか?(笑)


続いて8月。いきなり意表を突かれるライブが!
8月2日(火)
『asahi ガチンコマンスリーライヴ Vol.11』
会場:フライアーパーク(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BLD 1F)
19:30開場 20:00開演
料金2000円(1ドリンク付)
出演:外園一馬/asahi
<まこっちゃん's Eye>
今人気急上昇中、実力派シンガーソングライターasahiさんとのガチンコライブ!この組合、まさしく青天の霹靂です(笑)!asahiさんが以前から思い描いていた絵巻なのか、それともフライアーパークのムネさんのセンスあるブッキングによるものなのか、真偽のほどはまだ分からず(笑)。それぐらい驚きました!
果たして、強烈なキャラクターを持つasahiさんに一馬くんはどう立ち向かうのだろうか?asahiさんの作ったフライアーでasahiさんネギでエアギターしている写真に笑ってしまいましたが、これは一馬くんもネギで演奏するしかないのではないだろうか!?(笑)
まったく予測不可能なエンターテイメント溢れる内容になりそうです!


そして2日後の4日はこちら!
8月4日(木)
『東広典×外園一馬 session』

会場:くう(札幌市中央区南1条西20丁目1-25 アウルビルB1)
19:30開場 20:00開演
前売2500円 当日3000円 (別途飲物代500円必要)
出演:東広典ds/外園一馬gt/福由樹子key/田中大也ba
<まこっちゃん's Eye>
2日のライブと180°趣が違いそうな(笑)、これは自然に情景が浮かぶ今までの一馬くん路線のライブ。札幌にいた頃たくさん共演したドラマーで今は一馬くん同様東京を拠点に活躍している東さんとのセッション。他のメンバー鍵盤の福由樹子さんは僕が頭の上がらない鍵盤の先生!(笑)、そして弱冠23歳の若手ベーシスト田中大也さんのベースも他の人にはないグルーブ感を奏でます。「北海道産」の楽器演奏をじっくりしっかり聴きたい方には超おススメです!


そして20日、21日はこちら!
8月20日(土)
『COOLTONE GROOVE featuring 外園一馬』

会場:LIVE SURR(札幌市中央区大通西4丁目シークビル地下)
19:00開場 19:30開演
前売3000円 当日3500円
出演:片桐久尚kb/井上歓喜sax/藤村竜也ba/松本直樹ds/外園一馬gt

8月21日(日)
『COOLTONE GROOVE featuring 外園一馬』
会場:ROCK BAR JAM(苫小牧)
16:00開場 17:00開演
前売3000円 当日3500円
出演:片桐久尚kb/井上歓喜sax/藤村竜也ba/松本直樹ds/外園一馬gt
<まこっちゃん's Eye>
現在新潟県から世界に音楽を発信している、多くの名ミュージシャンと共演を果たしている名キーボーディスト・プロデューサーの片桐久尚さんのプロジェクトアルバム『Japanese Gentlemen boogie & woogie Band』が先日リリースされて、購入し聞いているのですが、一馬くんのギターがたくさんフィーチャーされガッツリ楽しめる作品になっていて、このライブがとても楽しみになりました。20日札幌公演、21日苫小牧公演。グルーヴィーなサウンドがたっぷり堪能できそうです!!!


また、7月29日から8月4日までの札幌滞在中に一馬くんのギターレッスンも行う予定ですので、もし受けてみたい!と思う方がいましたら、コンタクトをとってみてはいかがでしょうか?ここしばらく沢山の方をレッスンしてきているので、経験豊富!きっと何かを感じることができると思います!!
・1時間コース→3,000円 ・2時間コース→5,500円
※スタジオ使用の場合、使用料は別途お支払い願います。
※スタジオまでの往復交通費も別途ご負担願います。
※時間帯・場所については要相談。
※初心者の方や、グループレッスンも大歓迎!
レッスン希望の方は kazumasotozono@gmail.com まで、お名前・希望日・希望時間帯などをご明記の上、メールにてご連絡下さい。


あと、一馬くんのオフィシャルウェブサイトができています!ライブ情報、CD・グッズなどの購入もできますので、ぜひご覧ください!!
以前僕が撮った写真もたくさん使って下さっています!懐かしい!!
『Kazuma Sotozono Official Website』
http://kazumasotozono.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【EP】外園一馬×目黒郁也×伊吹文裕『To Be Tried』好評発売中!~昨年末の札幌レコ発ライブレポを交えて

2016-01-12 21:12:08 | お知らせ

 すっかり昨年の出来事となってしまいましたが、昨年11月20日に、僕のブログでおなじみ大好きなギタリスト外園一馬くんが拠点を関東に移して出会った素敵な才能を持った道産子プレイヤー2人、ベーシストの目黒郁也さんとドラマー伊吹文裕さんと3人でインストEP盤『To Be Tried』をリリースしました。

 全4曲収録されており、すべて一馬くんが書いた曲で、どの曲も以前一馬くんのライブで演奏されている曲なので、一馬くんファンの方には親しみのあるものばかり。それを3人がアレンジをして、北海道の大地を感じさせるテイストに仕上がっています。
 今回PV動画にもなっている「Strut-Caster」は以前「Drinkin' Strut」という曲として演奏されていたもの。一馬くんのパンチのあるエレキから始まるダイナミックなナンバー。この動画の演奏は一発撮りです!
 「3614」は確かあるミュージシャンの作品をリスペクトしてできたタイトルだったと記憶しています。ゆったりとした曲風の中に、途中に一馬くん・目黒さんのノスタルジックなソロがフィーチャーされた曲。
 「Regen」はドイツ語で「雨」。しっとりとした雰囲気から始まり後半テンポが変わり、強弱のある演奏がアクセントに。
 「Irony」は伊藤広規withSPYCEのアルバムにも収録済。そちらのバージョンはムーディーでややアーバンなテイストでしたが、それとはまた違った趣のあるワイルドなアレンジになっていて北の大地テイストに。そしてドラムとベースプレイヤーが変わるとまた違った雰囲気になるものなんだなぁと改めて実感。以前から目黒さんのベースライン、伊吹さんのドラミング、2人のサウンドも僕は大好きで(東京に行って観ています!)、今の札幌にいるプレイヤーとは一味違ったテイストを感じます。

 今作はプレイヤーだけではなく、レコーディングスタッフ、デザイン、写真、動画とすべて北海道出身の方によって作られた「純道産子産」の作品となっています。そして今回光栄なことにこのCDの表ジャケットの写真は僕が撮ったものを使って下さいました。一馬くんとは一昨年の関東に拠点を移す前に行ったワンマンライブのポスター&フライアー以来のコラボとなります。
 写真を撮る際に、一馬くんから「北海道・大地・自然・広々・温もり」をテーマに風景画を撮ってほしいという依頼があり、イメージ写真が送られてきました。それを見て、僕の音楽友達でギタリストのオサムちゃんが、よくそのような雰囲気の場所にドライブに行っているという話をふと思い出し、ロケハンの協力を依頼。快諾してくれて、早朝にロケハンを決行!おかげで写真の場所を見つけることが出来、後日、再度同所へ。これは早朝6時ごろの写真です。皆さんからこのジャケット好評の声を頂いており、デザインしていただいた小松さんのセンス含め、本当に嬉しい限りです。このような機会を与えてくださったお3方に改めて感謝しています!!裏ジャケットにはレコーディング風景が。その裏面に僕の名前もクレジットされていたのを初めて観た時の興奮といったら言葉では言い尽くせないものがありました!!

 本CDはライブ会場、および札幌4丁目プラザ7Fにある音楽処さんでも販売されています!!先日お店に行ったらオンドコランキング6位にありました!!

 そして先述した、動画「Strut-Caster」はYou Tubeに公開されています。URLを添付しますので、皆様、ぜひ観て欲しいです!!ライブ感溢れるとってもカッコいい仕上がりとなっています!
https://www.youtube.com/watch?v=q7JyM-63M_g

 プロの演奏、ここにあり!!という素晴らしいサウンドを堪能できます!皆様、よろしくお願いいたします!!!



 そのリリースに合わせて北海道・東京とライブツアーが組まれ、各会場大盛況のもと無事終了しました。その中で僕が足を運んだ札幌公演2公演の模様を簡単に報告したいと思います。

 昨年11月20日、21日両日ともに札幌大通駅近くのSURRにて行われました。両日とも超満員!今回このツアー全編にわたって一馬くんの後輩ギタリストで、現在札幌で大活躍中の碓井佑治さんがサポートで参加。3人の良さをうまく引き出す素晴らしい演奏を随所に披露し、お客さんを沸かせていました。まさにナイスサポートの一言に尽きる名演奏でした!!

 初日20日はゲストに昨年から東京を中心に活動しているスピカペラの2人と、札幌のギタリストといえばこの方なくして語れない古舘賢治さんの2組。
 スピカペラの新作『とびら』では一馬くんがアレンジ&ギターを担当し、目黒さん、伊吹さんもレコーディングで参加。この日はこのレコーディングメンバーでは初のライブでの演奏となりました。スピカペラらしいハートウォーミングな曲に仕上がっています。CDでは釧路専門学校の生徒さんのコーラスとのコラボも実現。ぜひ皆さん手にとって聴いてもらいたいです!!
 一方の古館さんはこの日はエレキギターとボーカルで参加。いつも一馬くんと演奏しているときはガットギター&アコースティック・ギターという印象があったので、この日はエレキでガチンコ対決!また、カバー・オリジナル含め古舘さんのボーカルも堪能できました!そしてアンコール前には誕生日を迎えたばかりの目黒さんにケーキのサプライズがありました!!

 翌日21日は僕が一馬くんと知り合う前に出会っていて、これまた僕の大好きなシンガーソングライター高井麻奈由さんがゲストイン。今年4月に麻奈由さんが初めて東京でライブした時にこの3人の企画するライブに出演した時以来の共演(この日はサックスの山本一さん、そして僕の鍵盤の先生:福由樹子さんも出演ととんでもなくゴージャスな一夜でした!)。実はそのライブ、僕も足を運びました。その模様は僕の以前のブログ記事にありますので、ご覧ください。(http://blog.goo.ne.jp/makocchan_blog/e/f180ac2f755ab81d9c69414beccf7df7)麻奈由さんが出演全編において常に笑顔で心から楽しんでいるのがわかりました。伊吹さんのリクエストで麻奈由さんのオリジナル曲の「あいのうた」、そして東京で僕が号泣した(!)超名バラード「永遠の贈りもの」を一馬くんのアレンジで演奏。ところどころでフックなアレンジを入れながらも曲の良さをしっかり理解したこの日限定のスペシャルなアレンジに感動。この日は泣くのを必死でこらえました(笑)。

 2日間通して一馬くん、目黒さん、伊吹さんの3人の演奏の凄さは言わずもがな。3人ともお互いの存在をしっかりと音で示しながらも、決してうっとうしくならず、曲の本質を損なわずに要所要所・ピンポイントでの存在感を示せるという・・・これがやはりプロの技なのかな!と改めて感じた演奏でした。ライブ構成もゲストインのタイミングも絶妙だったと思います。初日は3時間オーバーのライブになったのですが、あっという間に時間が経った感があったのがその証拠。飽きさせることなくエンターテイメントとしていいライブを展開していたなぁと今振り返っても思うそんな2日間でした。

 外園一馬×目黒郁也×伊吹文裕。この3人の名前・演奏しっかり覚えていてほしいです。これから活躍すること間違いなしです!!皆様も応援よろしくお願いいたします!!

 外園一馬くんは1月、2月と札幌でもライブを行います!詳細は彼のブログをご覧ください。
 『外園一馬のブログ』http://ameblo.jp/kazumasotozono/

<11月20日の模様>
 
天井にはプロジェクターに今回のツアーのフライアーが投影されていました。


オープニングは3人で演奏。


中盤にゲスト1組目スピカペラを迎えてのセッション。


スピカペラボーカルの秋田谷陸さん


スピカペラ鍵盤&ボーカルのモエコさん。


いつも笑顔で演奏のスーパーギタリスト外園一馬くん。


イケメンベーシスト目黒郁也さん。亀田誠治主催の亀田杯初代チャンピオンです!


どうしたらこんな心地よいビートを刻むことが出来るのか?と思うぐらいいい音とビートを醸し出す伊吹文裕さん。


ナイス・サポート!という言葉がピッタリな見事な演奏を披露した「顔で弾くギタリスト」碓井佑治くん。


とっても楽しいひと時でした。


ライブ後半にはもう一方!札幌を代表するギタリスト古館賢治さんがゲストイン!


古館さんの最近のトークはとっても面白いです。一馬くん、イソベックさんと共演の企画『ギタリスト100選』で新境地を開いたようです(笑)。


さすが古館さん!味のあるギターを披露。


唄ってもいぶし銀の味を遺憾なく披露・・・僕より若いのに(笑)。


古館さんの姿が天井に投影されていました。


外園×碓井のギターDuoコンビのエレキが炸裂!!


アンコール前には誕生日を迎えた目黒さんにバースデーケーキのサプライズが!


アンコール最後は古館さんを交えて。


3時間オーバーのライブもあっという間に感じた素晴らしいライブでした。


<11月21日の模様>

演奏を心から楽しんでいるのが手に取るようにわかります。


ギターだけでなくボーカルもこなせる一馬くん。


前日のライブでは僕から隠れた場所にいた目黒さん。気を遣っていただきこの日はご覧のとおり良く見えました。


伊吹さん、ライブ前半は長袖でした。


碓井くん、この日も絶好調のギター演奏!!


一馬くんと目黒さんのボーカルのハモリも見事でした。


ライブ後半最初にはPV制作をしたメンバーのひとり、常松監督がゲスト出演。


PV制作の秘話を話してくださいました。


天井にPV映像を流して皆さんで拝見。


そして高井麻奈由さんがゲストイン!


僕にとって札幌の歌姫といえば麻奈由さんです。


カバー曲・オリジナル曲をゴージャズなサウンドと麻奈由さんの素敵なボーカルで幸せのひと時でした。


ライブ終盤でも碓井くん絶好調です!!本当に素晴らしい演奏でした!!


後半伊吹さんはTシャツに。目黒さんの上着を脱いで演奏していました。


アンコールは再び麻奈由さんを迎えて!


このギターでの演奏はこの日限定でした!


みなさんのこの笑顔。素敵な演奏をする方々は笑顔も素敵です。とっても楽しい2日間でした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年今年もよろしくお願いいたします!!

2016-01-11 10:05:34 | つれずれなるまま

 2016年も気が付けば11日となってしまいました。。。遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。昨年はあまりブログを更新できなかったので今年は昨年以上に更新できるように顔晴ります!!
 今年は僕にとってチャレンジの1年となります、いろんな意味で。まだはっきりとした確実な一筋の道が定まっていないのが現状なのですが、前へ進めていこうと思っています。
 ライブ鑑賞、写真撮影、鍵盤練習はもちろんのこと、仕事のこと含め、より充実したものにしていけるように全力で行きたいと思います。そのためにはまず、年初めから崩している体調を良くしていこうかなと。
 まずは簡単なご挨拶となりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

 今年も北海道神宮で初詣をしてきて、おみくじをひきましたが、安定の吉!今まで一度も大吉をひいたことがありません!(笑)

 さて、昨年暮れのライブレポから始めていきたいと思います!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕のイチオシギタリスト、外園一馬11月の北海道でのライブ予定

2015-11-05 12:29:38 | ライブ告知

先日10月30日にNHKで放送された『SONGSスペシャル 時を超える青春の歌~作詞家・松本隆の45年~』の放送で、KinKi Kidsのサポートギタリストとして、こちらのブログでもおなじみ外園一馬くんの姿が映し出されているのを見て、身近にお会いしていた(る)一馬くんが、大物ミュージシャンと共演していることにとても感動したのとともに、これは一馬くんにとって一つの通過点であり、これからももっともっと活躍してくれるだろうと心の底から確信した瞬間でもありました。



そんな一馬くんが今週末から地元北海道でライブを行います。
今回は20日(金)同郷ミュージシャンと新作EP盤『To Be Tried』がリリースされ、そのライブツアーもあります!!
それを含め、今回のライブ予定をまとめてみました。


まず、最初は今週末8日日曜日、札幌ドームで行われる世界野球『プレミア12』の試合前に駒大苫小牧高校吹奏楽局がオープニングセレモニーでマーチングを披露。そこに一馬くんがギターで共演します!!

11月8日(日)
『世界野球WBSCプレミア12 日本vs韓国』
<場所>
札幌ドーム
<時間>
17:00開門予定、19:00試合開始

料金など詳細は以下のホームページをご覧ください。
http://www.japan-baseball.jp/jp/games/premier12/ticket_sapporo.html#pNav



-------------------
続いて10日火曜日の夜は、北区の8JOで白老出身のシンガーソングライター小山貴弘さんと、エレピの魔術師ことShinさんというイケメン2人と一馬くんのコラボライブ!ライブタイトルからしてクリスマスナンバーも披露されるかも!?大人な一夜になりそうな予感!

11月10日(火)
『小山貴弘+外園一馬+Shin~Early X'mas~』
<場所>
8JO
(札幌市北区北15条西4丁目1-5桂ビル1F)
<時間>
19:00開場、19:30開演
<料金>
2500円、別途ドリンクオーダー必要
<出演>
・小山貴弘(Vo)
・外園一馬(Gt)
・Shin(Key)

ご予約はkazumasotozono@gmail.com 宛てに「お名前/ご連絡先/予約人数」を記載しメールにて申し込み下さい。


-------------------
1日あけて12日木曜の夜はブルースマンDr.Stoneさんと一馬くんのツインボーカル&ツインギターによる熱いブルースを!!朝倉尚和さん・出田寿一さんのリズムセクションも見逃せない!!見どころ満載!!

11月12日(木)
『Dr.Stone & Night Trippers』
<場所>
Live&Bar アフターダーク
(札幌市中央区南2条西7丁目6-2日宝2条ビル2F)
<時間>
19:30開場、20:00開演
<料金>
2500円、別途ドリンクオーダー必要
<出演>
・Dr.Stone(Gt&Vo)
・外園一馬(Gt&Vo)
・朝倉尚和(Ba)
・出田寿一(Dr)

ご予約はkazumasotozono@gmail.com 宛てに「お名前/ご連絡先/予約人数」を記載しメールにて申し込み下さい。


-------------------
そして、14日土曜日の夜は、最近一馬くんが以前から憧れていたママレイド・ラグにサポートとして参加する夢が叶い、ついに札幌でその雄姿をお披露目します!!70年代の日本のシティポップの懐かしい雰囲気漂う上質なポップスを堪能できそうです!!

11月14日(土)
『ママイレイド・ラグ in Sapporo with 外園一馬』
<場所>
musica hall cafe
(札幌市中央区南3条西6丁目10-3長栄ビル3F)
<時間>
18:30開場、19:00開演
<料金>
前売3500円、当日4000円(共に+1ドリンク)
<出演>
・田中拡邦(Vo&Gt)
・外園一馬(Gt&Cho)

ご予約は下記URLよりご予約フォームに入力して送信願います。 
http://www.mamarag.com/cp-bin/captmail_live_reserve_%20musica/captmail.cgi
お問合せ:musica hall cafe(011-261-1787)



-------------------
18日の夜は好評シリーズ化しているスモウルフィッシュのイソベックこと磯部和宏さんと、道内外幅広い活動をされているギタリスト古舘賢治さんによる、楽しくも上質なギター演奏を楽しめる「札幌ギタリスト100選」。最初はイソベックさんがギタリストを紹介していくライブを予定していたのですが、気づけば息ピッタリのこの3人で固定し、たまにゲストが出る程度。100人紹介する気は全くないのにこのタイトルなのがお茶目感たっぷりで素晴らしいです(笑)。週の真ん中ですが、ぜひ足を運んで楽しんでいただきたいです!

11月18日(水)
『札幌ギタリスト100選』
<場所>
フライアーパーク
(札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10 Y's CITY BLD 1F)
<時間>
20:00開場、20:30開演
<料金>
2500円、別途ドリンクオーダー必要
<出演>
・磯部和宏[スモウルフィッシュ](Vo&Gt)
・古舘賢治(Vo&Gt)
・外園一馬(Vo&Gt)

ご予約はkazumasotozono@gmail.com 宛てに「お名前/ご連絡先/予約人数」を記載しメールにて申し込み下さい。


-------------------
そして、20日(金)~23日(月・祝)は、一馬くんが拠点を関東に移してから知り合い、今や欠かせない存在となった同じ北海道出身のベーシスト目黒郁也さん、ドラマー伊吹文裕さんの3人による作品『To Be Tried』のリリース記念ツアーです!!光栄にも今回、僕の撮った写真をジャケットに使っていただける事になりました!!「試される大地」をテーマにミュージシャンの3人、ジャケットデザインの小松英之さん、そして写真が僕のオール北海道産の作品が完成予定です!!素晴らしい作品になること間違いなし!!ぜひ、皆様、手にとっていただきたいです!!

11月20日(金)・21日(土)・22日(日)・23日(月・祝)
『"外園一馬×目黒郁也×伊吹文裕”1st EP「To Be Tried」リリース記念ツアー~故郷・北海道編~』

<料金>
全公演、前売3000円、当日3500円。学割2000円(各公演10名まで)あり。
※20日(金)・21日(土)札幌公演両日来場の方は、21日(土)の公演が1000円割引。
※学割来場者は当日学生証を必ずご提示ください。メール予約の場合は必ず「学割」と記載ください。
※各公演予約優先となります。ご了承ください。

<出演>
・外園一馬(Gt)
・目黒郁也(Ba)
・伊吹文裕(Dr)
・碓井佑治(サポート・Gt)
・高井麻奈由(ゲスト・Vo(21日のみ))

各日公演場所・時間は以下の通りです。

11月20日(金)
<場所>
Live Surr
(札幌市中央区大通西4丁目シークビルB1F)
<時間>
開場19:00、開演20:00

11月21日(土)
<場所>
Live Surr
(札幌市中央区大通西4丁目シークビルB1F)
<時間>
開場18:00、開演19:00
(20日と時間が違いますのでご注意ください。)

11月22日(日)
<場所>
B♭M7
(帯広市西1条南10丁目2マスヤビル地下)
<時間>
開場18:00、開演19:00

11月23日(月・祝)
<場所>
レノンセンス
(小樽市花園3丁目8-12)
<時間>
開場18:00、開演19:00

予約はkazumasotozono@gmail.com宛てに「公演日/お名前/ご連絡先/予約人数」を記載し、メールにてお申し込みください。(SMS不可)





このライブ後、28日には『To Be Tried』リリース記念ツライブ~東京編~があります!!
その他、ライブ情報含め、一馬くんの情報は一馬くんのブログ

『外園一馬のブログ』
まで!!
http://ameblo.jp/kazumasotozono/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015/10/11 『オータムビアフェスト2015』@サッポロファクトリーアトリウム

2015-10-22 21:46:04 | Liveレポ

 10月11日はサッポロファクトリー・アトリウムで行われていた『オータムビアフェスト2015』に行って、僕の大好きなメロウデュMs.OOJAのライブを観てきました!!


 何度も行きなれているサッポロファクトリー・アトリウム。この日もいつも通りライブ開始前に向かい、あ~、今頃サウンドチェックしているんだろうなぁと思って、アトリウムに入ってステージに目をやるとステージがない!!!一瞬目の錯覚かと思いました!いつもあるべき場所にステージがなく、サウンドチェックの音が聞こえる!!!そしてあたりを見渡すと、な、なんと!アトリウムの真ん中にステージがあるではないか!!それもカーペット状の敷物がひいてあるだけで、お客さんと全く同じ高さのステージに驚きました!それもお客さん席がステージすぐそばで距離がとても近い!!そんないつもとは大きく違ったステージでのライブでした。
 
 会場全体は昼前からすでにビアガーデン状態!多くの方がビールを飲みながら、食事を楽しむ光景の中でのメロウデュのライブでした。11時半、13時半の2ステージ。主催者のリクエストによりビールにちなんだ曲を演奏することになり、メロウデュは高野寛×田島貴男の「Winter's Tale」をインストアレンジにして演奏。以前サッポロビールのCM曲だったようです。その他にも以前ライブで時々演奏していたオリジナル・ラヴの「接吻」をこれまたインストアレンジにして演奏したりと、いつものライブとは少し違うセットリストを楽しむことが出来ました。
 場所が場所だけに飲んで食事を楽しんでいるお客さんのBGMになりうるライブをこなすとともに、もちろんいつものエネルギッシュなメロウデュワールドも展開。かおりさん、Yagi-changの心漲る演奏が多くのお客さんの目を引いていました。楽しく演奏しているのが観てわかるので、このような商業施設でのインストアライブでは純粋で多感なお子さんたちにいつも人気のメロウデュ。この日もステージ近くにお子さんがたくさん集まってくるという一幕もありました。その中の一人が、かおりさんにそっくり・・・いや、かおりさんの小さい頃にそっくりであろう女の子がいまして、ライブ後もステージから離れようとせず、とても微笑ましくもありました。
 いつもながらのハイクオリティな演奏と共に、昼間からビールとお食事を楽しみながら過ごしたひと時でした。

 また15時からはMs.OOJAのライブが同じステージでありました。メロウデュのライブをステージ近くで観ていた僕はその場から離れずに席を確保。Ms.OOJAの「Be...」を聴いて感激して、密かにCDもたくさん持っているので、目の前の生のMs.OOJAのステージを観ることが出来てこれまた嬉しかったです。カバーアルバムよりドリカムの「朝がまた来る」や、もちろん前述の代表曲「Be...」含め全3曲でしたが、こういうのもなんですが、やっぱり歌がうまいですし、歌・ボーカルの力を強く感じました。ライブ後、クリスマスにある札幌公演のチケットを買いました!!とっても楽しみです!!


メロウデュとMs.OOJAという豪華なステージを堪能しました。


この日もメロウデュの2人は絶好調!!新作レコーディングの合間のライブ出演でした。


アトリウム全体を見渡しながらの演奏!!


Yagi-changの笑顔もとっても魅力です!!


アトリウム中央にできた特設ステージ。


大勢のお客さんでにぎわっていました。


アトリウムのスクリーンにも演奏の様子が写っています!


お子さんに人気のメロウデュ。この日もステージの前に集まってきました。


かおりさんも興味津々。


集まってきたお子さんたちに笑顔のかおりさん。


かと思うと、アグレッシブに!!


会場全体でかんぱーい!!


2階から撮りました。


楽しく演奏しているのが多くのお客さんにも伝わっていました。


最後のキメのポーズです!!


ライブを観ながら食事も楽しみました!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015/10/10 『Music Of Journey Vol.1』@Day&Night

2015-10-22 11:55:29 | Liveレポ

 久々のライブレポになります!10月10日、札幌市中央区にあるDay&NightでシンガーソングライターChihiroさんによる企画ライブ『Music Of Journey Vol.1』が行われました。出演者は企画者のChihiroさん、そして僕の大好きな高井麻奈由さんとメロウデュの3組によるライブでした。

左から高井麻奈由さん、Chihiroさん、メロウデュかおりさん、メロウデュYagi-chang

 Chihiroさんのお父様とはライブ会場でよくお会いしているのですが、Chihiroさんのライブをきちんとみるのはこれが初めてでした。Chihiroさんにとって初の企画ライブとのことで、Chihiroさんが所属しているスクールVoice Works Sapporoの校長、谷藤さんの曲力を得ながら実施につなげたようで、Chihiroさんにとって憧れの同スクールに所属している高井麻奈由さんとメロウデュの2組との対バンが実現!この2組は僕を知っている方ならご存知でしょうが、僕の大好きな2組でもありまして、昨年9月に実施した僕の企画ライブ『SOUND of LIFE 2014』にも出演していただいていたりしています。

 トップバッターはChihiroさん。緊張の中の演奏だったと思いますが、伸びやかに歌っていてとても心地よかったです。ギターの音色が素敵だなぁと思いました。カバー曲を織り交ぜながらもしっかりとしたライブで素敵でした。近日、Vol.2を企画しているとのことで、この日のライブの経験が自信となっていくんだろうなぁと思いました。来年からカナダに留学するとのことで、海外に出て音楽的にも人間的にもいろんなことを吸収して、ひとまわり大きくなってまたステージに立って欲しいと思います。

 2番手は高井麻奈由さん。ここ最近、なかなか都合が合わずに麻奈由さんのライブに足を運べていなかったので、久々のライブ鑑賞でした。やっぱり麻奈由さんの演奏、笑顔、MCどれをとっても落ち着きます。僕自身、麻奈由さんの演奏を観ている時は、ここが今自分のいるべき場所なんだと思うことができます。今まで演奏してきた曲でも(ex.「Sweet my babe」)ピアノ伴奏を少し変えたりして、その時その時の麻奈由さんの色にして演奏しているのを見て、ゆとりとともに、常に良い音を届けようとしているんだなぁと改めて感激していました。
 そして、ライブ途中でこの日一番のサプライズが!!メロウデュかおりさんとのコラボ!!!これはいい意味で大事件です(笑)!!実は昨年の僕の企画ライブでも試みようとしたのですが、その時は叶わず。。。しかしながらその時も今度一緒にできたらいいなぁ的な事を言っていたので、首を長くして待っていました。その夢の2組のコラボが実現して、僕にとって誕生日とクリスマスと正月がいっぺんにやってきたかのような気分でした。カバー・麻奈由さんのオリジナル合わせて2曲の共演。準備が短時間だったようですが、とてもいいコラボだなぁと。期待を裏切らない、いや、期待以上の演奏でした!!麻奈由さんのオリジナルもかおりさんが弾くとこうも雰囲気が変わるのかなぁと感心しきりでした。どの曲をやったかはこの日観た方だけの秘密にしておきます(笑)。でもこのコラボ、正直また観てみたいです!今度はYagi-Changも加わって欲しいなぁ・・・と夢を抱き続けることとします!!

 そしてトリはメロウデュ。麻奈由さんのコラボで「満足した!」と言っていたかおりさんでしたが(笑)、コラボで体がほぐれて温まったのか、いつも以上にエネルギッシュなライブでした!!麻奈由さん同様メロウデュもいつもライブを観ているととても心地よくて、自分のいるべき場所だなといつも感じることができるんです。かおりさんもYagi-changも表情豊かで楽しんで演奏しているのが観ていてわかる・・・これがライブなんだよなぁ・・・ので、観ているこちらも楽しくなってしまう。これがメロウデュのライブマジックだと思います。MCでは今後の活動について楽しみな報告もしていただき、これからもっと活躍すること間違いないなと思えて本当に楽しみです!!

 いいライブはあっという間に時間が過ぎる・・・ひとつの指標ですが、この日は本当にそう思いました。憧れの2組にひるむことなく、しっかり演奏したChihiroさんも素晴らしかったです!!僕も心から楽しむことが出来たライブでした!!


トップバッターは企画者のChihiroさん表情豊かに凛とした演奏。


憧れの麻奈由さん・メロウデュとの共演はこれからの自信となるはずです。


2番手は高井麻奈由さん。いやぁ、やっぱり麻奈由さんの演奏は心落ち着きます!!


Day&Nightのおしゃれな雰囲気にピッタリの麻奈由さんの演奏。


この日一番のサプライズは麻奈由さんとメロウデュかおりさんとのコラボ!!


期待を裏切らない素敵なコラボレーションでした!!また観てみたいです!!


そしてトリはメロウデュ。


アグレッシブにエネルギッシュに。でも演奏はハイレベル。


Yagi-Changのドラミングも情熱的!


頭を振って髪がなびくこのシーンは一つの見どころでもあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加