老健施設職員の仕事・趣味日記

仕事や趣味について気ままに綴ってみます。

記録の電子化説明会 その2 導入への不安

2017年05月10日 | 介護・福祉
今日は朝の通勤時に小雨でしたが、すぐやみました。

1日中気温は上がらず涼しい気候。

気温の上がり下がりで体調を崩している人もいますね。


午後に介護記録の電子化説明会を実施しました。

前回、一度開催しているのですが、「記録の電子化説明会」

今回は別の業者さんの説明会となります。

導入の金額と現場のスタッフの使い勝手を勘案して、

どちらの業者さんにするのかを決定します。

デオシーク




前回の業者さんと同様に、

iPadのタブレット端末で入力できるのが売りです。

説明時にパソコンでの入力の説明になったのですが、

そうなると、???

パソコンはよくわからない!

といった職員も多くいます。

タブレットで基本的なことは簡単に入力する。

それを理解してもらいたかったのですが・・・

説明はパソコンがほとんどわからないといった人に合わせて

してもらわないといけませんね。



パソコンに慣れている職員は理解できたのですが、

そうでない職員は不安が募ります。

パソコンがわからない人の状況が、

それを仕事としてやっている専門家はわからない。

どんな仕事にも共通するなと思いました。

介護でも専門用語を使って説明する場面があります。

しかし、相手は介護についてわからないことだらけ。

そういったときに、その人の思考レベルまであわすことができるか?

そういったことが大事だなと感じましたね。



いろいろ聞いていくと、

今手書きで記録している中で、細かく記入している。

その記入が電子化になるとできなくなるのではないか。

という不安でした。


あらかじめ記録の記載例を選択肢として登録しておく。

しかし、あまりに細かいとそこまではできない。

そういったとき、キーボードで手入力は厳しいとのことです。

それに対する対処法を提示しなければ不安は解消できないかな。

業者さんと相談をしていこうと思いました。


電子化を導入して、それを軌道に乗せていく。

それまでの経過をまた報告していきたいと思います。

参照
「介護にAI活用 なんだか??な感じですがどうでしょう?」

スイーツ青汁

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康 施設入所されているか... | トップ | 施設内研修 食中毒、疥癬、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL