老健施設職員の仕事・趣味日記

仕事や趣味について気ままに綴ってみます。

空調設備点検をしました(異常なし) 過去になんどもトラブル! 快適な環境維持はなかなか難しい!

2017年05月15日 | 日記
今日も曇り。

窓を開けると涼しい風が入ってきました。

なんだか例年より気温が上がりません。

例年が上がりすぎているということもありますが。


施設内空調の点検がありました。

館内全体空調と、ステーションやフロアの一部など、

個々のエアコンが混在しています。

それぞれみてもらい、特に異常なしとのこと。

あ~よかった!

(参照)停電 電気設備点検


SweepWhite


全体空調は2年前に更新しました。

15年くらい経ってからようやくでした。

ですので、更新する2~3年くらいは故障もありヒヤヒヤ。


なぜが、金曜日に故障。

週明けまで直らないといったことが重なりました。

特に、7月下旬に故障したときは焦りました。

ともかく「暑い!」

扇風機を回すも来るのは熱風。

部分空調が効くエアコンから扇風機を回し、無いよりマシといった感じ。

学校は夏休みに入った頃。

よく、下敷きで扇いでいたことを思い出しますが、

苦情の声もチラホラ。

でも、思ったより高齢者の方は暑さには鈍感。

それが家での熱中症の原因となるのでしょうが・・・


あまり、冬になった記憶はないのですが、

近隣の施設では年末に故障。

石油ストーブを持ち寄ったそうです。


苦しんだあげく、その翌月には修理代の請求。

故障が多くなると、頻繁に払っている感じがします。

故障しないようによくみてよ!

と業者さんにも八つ当たりしたくなったり。



2000年の介護保険制度施行頃にできた施設も多く、

設備の更新が必要となっています。

空調も何千万から大規模なところだと億。

修繕積み立てなどなかなかできず、

リースや融資でようやく更新するといったところも多いでしょう。


真夏の空調設備故障は、利用者様の健康に関わってきます。

(真冬もそうですが)

しっかりと収益を確保して、設備面や職員の処遇面にあてる。

介護報酬引き下げが・・・

と愚痴りたくなったりもしますが、

制度に柔軟に対応し、事業継続をはかっていくといったことは、

どの事業所も一緒ですね。


介護保険制度が変な方向に行かないように。

また、それぞれの事業所で適正な運営がなされるように。

一人一人が専門家という意識は持って、

声を上げていくことは必要かと思います。


なんだか無理矢理まとめた感じ。

人間の健康と一緒で、施設もメンテをしっかりとしないとね。

SweepWhite

あごニキビ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 顧客のクレーム対応 クレー... | トップ | 「ひやりはっと」帰りに転び... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL